« 抱卵エビ発見 | トップページ | »

2005年7月31日 (日)

稚魚達

 昨朝から今朝までの天気は曇り時々晴れ、相変わらず終日窓を開け放ったままです。室温は最低23度C、最高29度C、今朝の水温は24度Cです。薄くもやっていますが、暑い陽が差し込んでいます。今日も蒸し暑い一日になりそうです。

 今朝もまた先日採集してきたマドジョウの小さい1匹が★になっていました。やはり、夜間はエアレーションしたほうが良いのかもしれません。グッピーは夜間エアレーションしているためか元気です。一ヶ月以上経ったフナやハゼの稚魚ボトルの臭いがちょっときつくなってきたので、水換えしました。

 それと、フナらしき稚魚3匹の1.5Lボトルの中に、ちょっと小型の種類の1匹が、他の大型の種類に追われたりして、落ち着き無くおびえているように見えたので、同じくらいの大きさのハゼを1匹だけ入れていた1.5Lボトルに移しました。お互い干渉し合わずに、ゆったり落ち着いています。

ハゼ稚魚haze

フナ稚魚funa

モロコ?稚魚moroko

不明稚魚1chigyo1

  

 

不明稚魚2chigyo2

|

« 抱卵エビ発見 | トップページ | »

ペット」カテゴリの記事

コメント

ハゼ稚魚。なんてカワイイ稚魚なんでしょう。
羨ましさに思わず、ああっと声が出ます。
ハゼの親もいいけど、稚魚はもっといいですね。

孔来座亜さんのボトルは今の私の憧れです。
私もすぐにでもボトルアクアリウムを作ってみたいのですが、ダルマメダカの子が産まれたら試してみる気でいます。今回は産まれるかどうかわからないので、またダルマメダカを購入することにしました。ショップには予約しているので、週の半ばに我が家にやってきたら、ブログでお披露目できそうです。今度こそたくさん増やしてボトルを作りたいと思っています。

投稿: もときち | 2005年7月31日 (日) 23時38分

もときちさん、おはようございます。
 「憧れ」かどうかは別として、ボトルアクアリウムはなかなか面白いですよ。Webからでも入手できます。
http://www9.plala.or.jp/aquakun/

 最近はアクアショップで、メダカやシマドジョウ等の、ボトルでも飼える小型の淡水魚を入手できます。
 私は現在住んでいる所が地方都市なので、近くに未だ自然が残っており、淡水魚の入手が可能です。
 それにしても、稚魚にもそれぞれ表情があるものですね。可愛いのから、獰猛そうな顔まで、千差万別です。

投稿: 孔来座亜(analyzer) | 2005年8月 1日 (月) 07時17分

はじめまして。
たくさんの稚魚を飼育していて、すごいですね!
我が家には、今、グッピー稚魚とベタ稚魚を育成中です。
最初の頃は、死ぬことが多かったのですが、今はだいぶ落ち着きました。
しかし、まだまだ暑い日が続きそうなので、心配ですね・・・。
私もブログを書いていて、そこでグッピーの稚魚などを紹介しているので、もし宜しければ見てください。

投稿: じゅん | 2005年8月 2日 (火) 12時36分

 じゅんさん、はじめましてコメントありがとうございます。

 ブログも拝見いたしました。沢山の水槽や、多肉植物の植木鉢などを、維持されているのですね。これらのお世話は大変でしょうね。

 私も、以前は蘭の花に凝っていたのですが、最近は専ら家内に任せっぱなしです。

 それにしても、暑さが厳しくなると、ボトルの魚やエビたちには、苛酷な環境になります。光合成のために水草の量が多いほうが良いのか、あるいは夜の酸素呼吸を考えると水草は少ないほうが良いのか、未だに試行錯誤を続けています。

投稿: 孔来座亜(analyzer) | 2005年8月 2日 (火) 15時58分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/106979/5241611

この記事へのトラックバック一覧です: 稚魚達:

« 抱卵エビ発見 | トップページ | »