« エアレーション | トップページ | 100均 »

2005年7月12日 (火)

スネール

 昨朝から今朝までの室温は、最低20度C、最高26度C、現在の水温22度Cです。天気は雨のち曇、現在は薄日が射して来ています。

 今朝も、ボトルに異常は見られません。水換えも無しです。

 昨日の日中、タビラ・ボトルのエアレーションを止めてみましたが、異常は有りませんでした。今日もエアレーション無しにしてみます。

 昨日の日中エアレーションをしてみた、マドジョウ・ボトルの匂いは改善したように感じます。キンフナ・ボトルはやはり生臭さは余り変化が無かったようです。

 昨日、メダカ・容器を久しぶりに詳しく観察してみましたら、卵が10数個見付かりました。5月頃から産卵は確認できていたのですが、これまで、放置していても稚魚は発見できなかったので、孵化しても全て食べられてしまったのでしょう。今回は、水草や藻に産み付けられた卵を、孵化用・容器に移してみました。何とか、無事に生れると良いのですが・・・

kai  ところで、ヒメダカ・容器の水草が食害にあっていたので、良く良く見ると大量のスネールが繁殖していました。直径2~3mm程度の小さな平べったいアンモナイトのような形の巻貝です。これは、水草か何かにくっ付いて来たもので、これまで放置してきたのですが、身体の割に水草を食べて穴を開けてしまうようです。今回から徹底駆除をする事にしました。

 最初に使ったスネールは、石巻貝でガラス面にピッタリ貼りついて、藻を食べてくれる大変便利な買いなのですが、確か1個300円位と、かなり高価ですし、ほとんど繁殖しないし、おまけにひっくり返ったまま放置していると死んでしまうしので、結果的には、大変割高で使い難いのです。

 もう一つ購入したスネールは、サカマキガイで1個100円を5個くらいだったと思います。家内が送られてきた小さなビンを見て「何も入っていないよ」と言ったほど、小さな貝でしたが、その後どんどん大きくなり、どんどん繁殖もしています。それに、下水にも居るというWebの記事を見て、試しに近くの田圃の水路を見たら、無数に住着いていました。今や我家の主力スネールです。食害も少ないけれど、藻も余り食べてくれていないように思いますが、魚の排泄物を処理したり、糞がエビの餌になったり、それなりに役立っているように思います。

 室温で生育し、繁殖もして、藻を良く食べ、水草は食べず、動きや色など鑑賞にも向いていているスネールと言うのは、有るのでしょうか。レッドラムズホーンハ綺麗だけれど、水草の食害があるようですし、タニシなどはどうなのでしょうね。

|

« エアレーション | トップページ | 100均 »

ペット」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/106979/4936304

この記事へのトラックバック一覧です: スネール:

« エアレーション | トップページ | 100均 »