« ドジョウ | トップページ | 稚魚達 »

2005年7月30日 (土)

抱卵エビ発見

houran  本日、職場の800ccアカヒレ混泳ボトルで、抱卵エビを発見しました。昨日までは全く気が付きませんでした。このボトルは、昨年の10月初めに職場に持ち込んだ時に、一度ほとんど全滅し、かろうじて稚魚のアカヒレのオス1匹と、リシアに紛れ込んでいた稚エビ3匹が、生き残り、その後もしぶとく今まで生きながらえてきたものです。何せ、窓の無い部屋で、仕事をしている間だけ天井からのダウンライトが当たるだけの、光量的にはかなり厳しい環境なのですが、それでも成長して、抱卵しました。上手く行くと三代目誕生ということになりそうです。

|

« ドジョウ | トップページ | 稚魚達 »

ペット」カテゴリの記事

コメント

すごい生命力ですね~ヽ(^◇^*)/
抱卵エビちゃんに、ぜひこのまま頑張ってもらいたいですね。
稚魚たちの写真、とってもキレイでした。
ドジョウは・・・すいません、「おいしそう」って一瞬だけ思ってしまいました(^^ゞ

投稿: エビヲ | 2005年7月31日 (日) 23時25分

 エビヲさんおはようございます。
 生物の究極の生存目的は「命を繋ぐ事」つまり子孫を残す事だそうです。
 ですから、劣悪な環境でも必死で産卵するのですね。何とか無事に孵化してくれると嬉しいと思います。
 ドジョウは、もう少し育てて、うなぎくらいの大きさになったら蒲焼にでもしようかな。(^.^)ノドモドモ

投稿: 孔来座亜(analyzer) | 2005年8月 1日 (月) 07時01分

> 劣悪な環境でも必死で産卵するのですね。

けなげですねぇ~(T_T)
人間が一番ぜいたくで傲慢ですよね。そして、弱い。

> うなぎくらいの大きさになったら蒲焼にでもしようかな。

あはは~(>▽<)
実はフナを見た時も少しよだれが・・・
すいません、田舎は塩辛く煮付けて食べるんですよ。
日本酒によく合います。
くどいようですが、自分では調理できませんが・・・いつか、母に習わねば。
昔は「ざっこ採り」に出かけた近所の人が、必ずおすそ分けしてくれたものでしたが、
今はたぶん採りに行く人も魚も、食べる人も少ないんじゃないでしょうか。

投稿: エビヲ | 2005年8月 1日 (月) 11時11分

 洋蘭に花を付けさせる方法。初夏までは良く陽に当て、たっぷりの水遣りと、肥料を与えて体力を付けさせた上で、真夏に何日か水を与えないで、危機的な状況を作り出すと、子孫を残すために花芽が出来て、冬に花を咲かせるようです。
 以前住んでいた、霞ヶ浦に面した土浦は、淡水魚の佃煮が名物でしたが、私は余り好きではなかったなー
 でも、それぞれの地方に、それぞれの地元の産品を使った料理というのがあるのですね。

投稿: 孔来座亜(analyzer) | 2005年8月 2日 (火) 08時42分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/106979/5229901

この記事へのトラックバック一覧です: 抱卵エビ発見:

« ドジョウ | トップページ | 稚魚達 »