« また一手遅れ | トップページ | ほぼ平穏 »

2005年8月 6日 (土)

Air Edge Phone

閑話休題

 先日、6年間使ってきたウィルコム(旧DDIポケット)のPHSのH”電話機が壊れました。京セラのAir Edge Phone AH-K3001Vという機種(カメラ付き)に6千円で交換しました(機種交換手数料の2,000円は貯まっていた5サービスコインで無料になりました)。この機種は、何と直接インターネットに接続できて、メールは勿論、ブラウザのOperaが組み込まれていて本体だけでWebページの閲覧もできるのです。

 ところが料金コースの選択に、約一週間悩み続けました。

 Air Edge Phone の私の使い方は、音声通話としては、「帰るコール」等のための自宅のIP電話へのたまの通話と、外出時の緊急連絡用として会社関係や知人・友人への一般加入電話か携帯電話への通話です。 

 数ヶ月に一回程度は出張や旅行で、一般加入電話へ音声通話をしたり、常に持ち歩いているB5版サブノートは、家庭でも職場でも無線LAN接続ですが、出張や旅行ではメールチェックやWeb接続のために、USB接続でのデータ通信用モデムとしてAir Edge Phone  を利用する事が有ります。

 ただし今後は、Air Edge Phone 本体でWeb接続やメールチェックが出来るので、そうした利用も多くなると思うのです。

 一般的には、ウィルコム定額プラン(2,900円)+リアルインターネットプラス[1x](2,100円)=5,000円の利用が推奨されており、音声通話がウィルコムのPHS同士なら全て無料ですが、私にはそんな相手は皆無です。一般加入電話などには別途費用(割高な60秒21円)が発生します。また、メール交換も無料ですが、私はPHS限定のメールアドレスは利用する予定はありません。また使い放題とはいえ速度の遅い32kbpsの[1x]での、インターネット接続は余り使いたくもありません。

 これまで、スーパーパックS(年間契約割引+3年超長期割引2,126円)という昼間同一区域内で60秒以内で50回程度の音声通話が可能なコースを使っていましたが、音声通話は昼間同一区域内60秒12.6円+1通話12.6円と割高(他の多くは各10.5円)ですし、データ通信も1パケット(128バイト)で0.0525円で割高(1MBの画像一枚で430円も掛かる計算)です。

  色々悩んだ末に、邪道ですが「データパック」(2,362円)という、約120分(DAL=PIAFS昼間)のデータ通信料込みのコースを選択しました。音声通話は昼間同一区域内60秒10.5円+1通話10.5円、データ通信は比較的高速な64kbpsのPIAFS方式(DAL)で昼間60秒10.5円です。

 但し、パケット通信には対応せず、Air Edge Phone 向けの各種サービスを提供するCLUB AIR EDGE等に接続できないので、ウィルコムとしては、Air Edge Phone 向けユーザーには、お勧めできないコースという事になっています。

 これで、毎月の使用料が5,000円未満なら、ウィルコム定額プラン+リアルインターネットプラス[1x]よりもかなりお得ですし、3,000~5000円程度なら、本体単独でWeb接続やメールチェック等が出来る機能が増えた分で、満足できると思います。

 普段パソコンでのインターネットでのWeb閲覧や、メールを常用し、一般加入電話や携帯電話での音声通話もたまにする程度の使い方なら、ぜひお勧めの割安コース(1,260円分のデータ通信料込みで年間契約割引+3年超長期割引2,362円ですから、実質基本料金1,102円、しかも追加音声通話料もデータ通信料も昼間同一区域内60秒10.5円でリーズナブル)です。

|

« また一手遅れ | トップページ | ほぼ平穏 »

携帯・デジカメ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/106979/5339446

この記事へのトラックバック一覧です: Air Edge Phone:

« また一手遅れ | トップページ | ほぼ平穏 »