« 試練の時 | トップページ | 溶存酸素 »

2005年8月24日 (水)

★無し\(^o^)/

 二泊三日の旅行から戻りました。心配していたボトルのダメージは皆無でした。エアレーションしていたボトルは勿論、その他のボトルでも全部元気です。

 結局、これまで家を空けた場合のダメージの原因は、ボトルの密閉だったという事になります。

 最初は、昨年の8月下旬の二泊三日の旅行から帰ったら、三分の二のボトルでアカヒレ等が、ほぼ全滅でした。それ程、暑い日ではなかったのですが、水質の悪化が原因と考えていました。

 二回目は、10月のわずか一泊二日の小旅行でも、半分程度のボトルがダメージを受けました。三回目は、このブログでも紹介した6月8日の二泊三日の旅行で、CRSが少なくとも3匹、アカヒレ10匹、ミナミヌマエビ7匹、全滅したボトルが3個という悲惨な状態でした。

 餌を1日程度やら無くても魚やエビが死ぬ事は考えられません。他には大した世話を毎日している訳ではないので、留守中の急激な環境変化や、ボトルを動かす事での水流によるバクテリアの活性化が行われないための「水質悪化」が原因かと思いました。

 そのための対策として、6月末の一泊二日の小旅行の時には、エアレーションと、全てのボトルの事前の水換えを行い、ダメージ無しでした。

 その後、ふと日常のボトル管理と旅行中の違いには、毎日の餌やりのために必ず密閉ビンの蓋を開ける事が有る事に気が付きました。当然に旅行中は密閉状態が続くのです。、今回は、試しに水換え無しにし、その代わり生体が飛び出さない程度に蓋を全て少しだけ開けたままにしました。ただリスクもあるので、主要な8個のボトルにはエアレーションをしました。

 結局、密閉ボトルの蓋を閉めっ放しにしておく事が、ボトルの生体にダメージを与えるらしいという事が解りました。夏の比較的温度の高い時ですら、蓋を開けることで、生体のダメージは起きなかったのです。これは、私にとって驚くべき結果です。

 私が密閉ビンにこだわってきたのは、一つには他の外界の影響を受けない小宇宙にしたかった事、外界からの雑菌の侵入を防ぎたかった事、理論的には日中の水草による光合成で作られた酸素を閉じ込める事で夜にも酸欠が起こりにくいと考えた事などです。

 それが、一日以上密閉しておく事が、生体にダメージを与えるなどとは、考えもしませんでした。ただ、今回の実験結果では夏の二泊三日という比較的悪条件下でも、蓋をあけた事でダメージは回避できたわけです。

 では、何故ボトルを密閉していると駄目なのでしょう。一つ考えられるのは、私の使っている星硝製のボトルは、本来は果実酒等の製造用のため、発酵によるビンの破裂を防ぐために「脱気」機能があるのです。ある程度ボトル内の気圧が高くなると、気体を逃がすのです。

 これが、せっかく日中の水草による光合成で溜まった酸素を逃がして、逆に夜間の水草による呼吸で酸素が減った場合に、酸欠を招いていたのかもしれません。このため長期間になると酸素と二酸化炭素のバランスが崩れてしまうのかもしれません。

 或いは、バクテリアが硝酸塩を分解する時に、窒素ガスを出すようなのですが、その窒素ガスが密閉されている事で、ボトルから排出されず、生体に悪影響を与えるのでしょうか。

 色々考えられますが、取り敢えず、水換えと違って、余り手間要らずに、旅行時のボトル維持対策が可能なようです。

 

|

« 試練の時 | トップページ | 溶存酸素 »

ペット」カテゴリの記事

コメント

孔来座亜さん、お帰りなさい!
ボトルも無事でよかったですねヽ(^◇^*)/
エサをあげる時の、一日一回のフタあけ・・・ですか。
たしかにそうですよね。
今まで特に注意したことはなかったです。
ちなみに、ウチのあくあくんは一泊二日くらいなら、密閉状態でも平気みたいです。
しかも私の無知で、わずかな空気層しかないボトルで(~_~;)
今も水はなみなみ状態のまま、飼育・観察続けています(^^ゞ

投稿: エビヲ | 2005年8月24日 (水) 21時25分

エビヲさんお久し振りです。
 実は、今回あくあくんボトルだけは、密閉状態のままにしてみましたが、特段の異常は無かったようです。
 やはり気圧が高くなるとボトル内の気圧を逃がす「脱気機能」がまずいのかもしれません。今後、他のボトルでも色々試してみたいと思います。

 なお、ボトルにおいて空気層そのものが不可欠なのかどうかは、やや疑問です。空気層が無くても、密閉状態なら、作られた酸素は逃げようが無いので、水中に溶け込むしか方法は無いのだと思います。

 むしろ、気圧が高い分だけ水中の溶存酸素量が増える訳で、酸欠にはならないと思います。

投稿: 孔来座亜(analyzer) | 2005年8月24日 (水) 22時02分

なるほど・・・発生した酸素が、逃げ場が無いと
水中にとどまる、というのはなんとなく理解できます(^^ゞ
なにしろ、文系の小さな脳みそを持つエビヲでして・・・(笑)
水たっぷりの私のボトルが無事なワケはその辺にありそうですね。
エサを控えめにしてるので、アカヒレさんたちの成長が遅く、
まだそんなに大きくないことも関係あるのかも知れないですね。
失敗してみたり、無事が続いたりして、いろいろ勉強してゆくのですね。

今日はいただきものの、パイナップルの100%ジュースを焼酎とミックスしてみました。
お味はグッドです(^。^)
アカヒレさんたちが時々こちらをのぞきます♪

投稿: エビヲ | 2005年8月25日 (木) 00時22分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/106979/5618159

この記事へのトラックバック一覧です: ★無し\(^o^)/:

« 試練の時 | トップページ | 溶存酸素 »