« 残暑 | トップページ | 試練の時 »

2005年8月20日 (土)

アカヒレ★一つ

 昨朝から今朝までの天気は晴れ時々曇り、エアコンは使わず終日窓を開け放ったままです。室温は最低24度C、最高29度C、現在の水温は26度C、室温27度C、湿度77%です。今朝は薄くもやが掛かっていますが、薄日が射して来ています。残暑の厳しい一日になりそうです。

 今朝は、フナ類の稚魚ボトルと、アカヒレ3Lボトルの水換えをしました。

 特に異常無しと思っていたら、「ほのぼのあくあくんアカヒレ軍団」で、アカヒレ1匹が★になっていました。購入して、約2カ月経過しアカヒレがかなり成長していました。約1.5Lの角型ボトルに小さなアカヒレ5匹、ミナミヌマエビ2匹が入っていましたが、さすがに成長してきた最近ではちょっと危ないくらいに狭く感じられていました。

 私のこれまでの経験では、成長したアカヒレには1匹当たり0.5Lは必要ですから、恐らく3匹が限界だと思います。まあ、どんなふうに推移するのか、弱い生体が★になる事で、強い生体が生き残って、ボトルの大きさに合致した数まで減少していくのかもしれません。

 またメダカの卵が沢山見付かりましたので、第四孵化用1.5Lボトルを作成しました。

|

« 残暑 | トップページ | 試練の時 »

ペット」カテゴリの記事

コメント

突然ですみませんが、
おわかりになるようでしたら教えてください。
ミナミヌマエビは環境が若干悪くても大丈夫なんでしょうか?

実は容器にアオミドロ(←だと思います)が
つきはじめて、こすり洗いしても気がつくと
また生えてきます。
エビを飼おうかと思ったのですが、ミナミの方がいいのか、ヤマトの方がいいのか迷っています。メダカに害を与えなくて丈夫なエビって
いるのでしょうか?
孔来座亜さん、どうぞお助けをm(*_ _)m

投稿: もときち | 2005年8月21日 (日) 14時52分

 もときち さん
 私の環境は、人工的なエアレーションやろ過装置無しの「劣悪な環境」ですから、その中でミナミは元気に繁殖しています。
 従って、大型で魚も捕食するとか言われるヤマトよりはねミナミが安心でしょう。

 ただ、苔取り能力に関しては、余り期待しないほうが良さそうです。実際に、ミナミの沢山入ったボトルでも苔は繁殖しています。

 確かに苔の生えたボトルでは、ミナミは抱卵してくれますから、発想を逆にして、苔を利用してミナミを育て、苔の繁殖は光量と餌の抑制でコントロールするというのが良いと思います。

投稿: 孔来座亜(analyzer) | 2005年8月21日 (日) 20時13分

ありがとうございますm(*._.)m
早速、週末にミナミヌマエビを買いに行きます。それにしてもエビが抱卵とあると、またついつい、卵はおいしいのだろうかと良からぬことを考えてしまいます。
お恥ずかしい(-"-;A ...アセアセ

投稿: もときち | 2005年8月24日 (水) 02時11分

 抱卵しても、ミナミヌマエビは、せいぜいオキアミ程度の大きさですから、味わうほどとなれば、数十匹が必要でしょうね。(笑)

投稿: 孔来座亜(analyzer) | 2005年8月24日 (水) 22時13分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/106979/5550891

この記事へのトラックバック一覧です: アカヒレ★一つ:

« 残暑 | トップページ | 試練の時 »