« | トップページ | 稚魚★ »

2005年8月 2日 (火)

ホトケドジョウ全滅

 昨朝から今朝までの天気は晴れのち雨、相変わらず終日窓を開け放ったままです。室温は最低23度C、最高28度C、今朝の水温は25度C、湿度78%です。濃い霧が立ち込めています。やや蒸し暑い一日になりそうです。

 昨夕、仕事から帰ったらホトケドジョウが3匹とも★になっていました。原因は、水質悪化による酸欠のようです。昨朝の餌やりの時に、臭いは気になっていましたが、他のボトルの水換えを優先させたのが失敗でした。

 今朝も、以前からのマドジョウ・ボトルとキンフナ・ボトル、それにフナなどの稚魚ボトル、グッピー・ボトルの臭いが気になったので、水換えしました。新しいパソコンの環境設定もしなければならず、朝は大忙しです。

|

« | トップページ | 稚魚★ »

ペット」カテゴリの記事

コメント

孔来座亜さん、今日は!
全滅とは悲しいお知らせですね。
難しいんですね・・・

先日はwebの紹介をありがとうございましたm(*._.)m
せっかく紹介して頂いたのですが、私は微力ながらボトルは自作でいこうかと思っています。
孔来座亜さんのご好意に感謝しています。

ボトルもまだ作ったことがないので淡水魚を飼う自信もなく、とりあえずはメダカだけにするつもりです。またハゼや他の魚が見たくなったら、孔来座亜さんのブログで魚たちの表情を堪能させて頂きますので、またちょくちょくお邪魔させてください。

投稿: もときち | 2005年8月 2日 (火) 12時16分

 もときちさんコメントありがとうございます。m(__)m
 ボトルアクアリウムは基本的には、実に素朴な仕組みです。酸素を供給する水草と、老廃物を無害化するバクテリアの住みかとなる砂や土の底床と、汲み置きの綺麗な水が基本要素で、その中で、お魚やエビや貝が生存可能です。
 今回の、ホトケドジョウ全滅は、私の油断でした。ドジョウは常に底床を掻き回すので、水質の維持が難しいのです。多少水質の悪化した状態でも、大抵は大丈夫だったので、油断しました。
 丁度、一ヶ月、何とか無事に来たので、私の心に、油断が生じていました。恐らく、この暑さで水質悪化が私の予想を超えて早まったのと、日中の留守の間に、弱っていた一匹が★になり、それが放置された結果、バクテリアが異常発生し、酸素不足に陥って他の2匹も、★になってしまったのだと思います。
 生き物を飼うというのは、本当に難しいものです。いずれ何とか成功させて、孵化して育った魚達を、元の川に戻せたら嬉しいと思います。

投稿: 孔来座亜(analyzer) | 2005年8月 2日 (火) 21時09分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/106979/5275287

この記事へのトラックバック一覧です: ホトケドジョウ全滅:

« | トップページ | 稚魚★ »