« ほぼ成功 | トップページ | 稚エビ »

2005年9月 7日 (水)

再度ボトルの蓋について

 4日の朝から昨夜まで、窓は終日開け放したままでしたが、台風の影響か風が強くなったので、今朝は窓を閉めました。室温は最低20度C、最高24度C、程度だったようです。現在の水温は23度C、室温23度C、湿度80%、朝からどんよりとした曇り空です。台風14号が明日の朝にはこちらに近づきそうなので心配です。

 さて、今朝久し振りに各ボトルに餌やりをしました。三日ぶりですからさすがに腹を空かせていたのか直ぐに水面近くに寄り集まって一生懸命餌をついばんでいます。結局、今回の旅行での被害はドジョウ一匹でした。タニシの3匹はちゃんとガラス面に這い上がって元気にしています。ドジョウボトルの水質悪化の原因は良く解りませんが、もし家に居て餌やりをしていれば、その時点で臭いに気が付いて水換えをしていたと思います。今回は新に添加したバクテリアを信じすぎたと言う事です。

 ところで、ボトルの蓋は「開けて置いた方が安全」という事が解りましたが、幾つか問題もあります。一つ目は、ドジョウやサカマキガイなどがボトルから飛び出すと言う事です。二つ目は、やはり雑菌の侵入が心配ですし、油膜なども出来やすくなります。

 という事で、当面は普段はボトルの蓋を閉めっ放しにして、夜に一度ガス抜をする事にしました。家を留守にする時には、サカマキガイのロスを覚悟して蓋を開け放して置く事にします。サカマキガイは繁殖力が強く、どんどん増えますから、多少のロスは実害がありません。

|

« ほぼ成功 | トップページ | 稚エビ »

ペット」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« ほぼ成功 | トップページ | 稚エビ »