« 生体の役割分担 | トップページ | 歯止めをかけなければ »

2005年9月11日 (日)

混泳ボトル

 昨朝から今朝までの天気は、曇り時々雨でした。このところ結構暑いので窓を開け放ったままです。室温は最低23度C、最高27度C、秋らしい爽やかな気候です。現在の水温は26度C、室温25度C、湿度66%、今朝は澄み切った青空の下、太陽が輝いています。

 職場の800ccボトルには少なくとも5匹、「ほのぼのホットあくあくん」アカヒレ軍団1.45Lボトルでは少なくとも2匹のミナミヌマエビの稚エビが育っています。どちらもアカヒレとの混泳ボトルですが、どうやら石の陰などに隠れて、アカヒレや親達に食べられる事もなく稚エビは生き延びられるようです。これで、抱卵エビを他のボトルに移動させずに済みます。

 それにしても、少なくとも1組以上の雌雄の揃ったアカヒレのボトルが、大小合わせて12個も有るのに、未だに稚魚は発見できません。卵らしきものも一度見ただけで、その後は見付かりません。ボトルアクアリウムでのアカヒレの自然繁殖は、かなり難しいようですね。

 どなたか、ボトルでのアカヒレの繁殖に成功された方は居られますか?ミナミヌマエビの繁殖のためには、軽石などを入れて隠れ場所を作る必要がありますが、他方で、アカヒレは卵をパラパラと産み落とすようなので、底床は細かい砂だけのほうが、卵を発見しやすいのでしょうね。

tana メインのボトル置き場です。食堂の南向きの窓辺に面しています。直射日光を遮るために、日中はブラインドを下ろしています。この棚には21個の水草栽培用ボトルと、28個のお魚やエビのボトル、6個の水換え用の水道水を入れた2Lペットボトル、それに餌類や水草カット用のアクアリウム用品等を置いています。真ん中にぶら下がっているのは、旅行に出掛ける時用のエアポンプとエアチューブですがもう使う機会は無いかもしれません。真ん中にぶら下がっているのは最高最低温度計です。右上は以前使っていた水槽用の照明装置です。他にも未だ10個くらいのボトルがあちちに置いてあります。何時の間にか増えてしまって・・・・(^^;; ヒヤアセ

|

« 生体の役割分担 | トップページ | 歯止めをかけなければ »

ペット」カテゴリの記事

コメント

すごい、すご~い!
こうしてボトルを拝見すると、すごい数だというのが実感できました。
それでも、安定させるのにご苦労なさっているんですね。
簡単そうで難しい。ボトルアクアリウムは奥が深いですね。
小さな地球の中で育ってくれる生命は本当にカワイイです。癒されます。
私もボトルが2個に増えただけで、忙しいような気になっております・・・あはは(~▽~;)
最新の日記では、また新しいお仲間が増えたようで・・・
孔来座亜さん、ますますお忙しいですね(笑)

投稿: エビヲ | 2005年9月12日 (月) 10時08分

エビヲさんコメント有難うございます。

 ボトルの数は多いのですが、手入れといっても毎日の餌やり程度です。ただ、一つ一つのボトルを眺めていると、時間の経つのを忘れてしまい、慌てて出掛ける事も多いのです。

 毎夕のガス抜でさらにボトルが安定し、留守中対策も蓋を開けるという事で解決し、目下はドジョウ対策(タニシ投入)の効果を確認中です。

投稿: 孔来座亜(analyzer) | 2005年9月12日 (月) 11時50分

初めまして、こんにちは!
兎夢さんのブログから遊びに来ました。
沢山のボトルを管理しているのですね(^^)すごいです!私も赤ひれを飼育してますが、繁殖は掃除した排水から卵を確保してます。親は卵食べちゃうのでやはり繁殖行為を目撃したら、親を別のボトルに移動させてみてはいかがでしょうか?一週間で孵化すると思います(^^)

投稿: 玲緒奈 | 2005年9月16日 (金) 13時13分

こんにちわ〜。
コメントありがとうございました。
たくさんボトルがあってなんだか神秘的ですねー!

うちの梅酒瓶からわいた(笑)奇跡のアカヒレベビーは
すっかりアカヒレになりましたよ。
孵化も成体になるのなんだかメダカより早い気がします。
玲緒奈さんの親を別ボトルに移すって方法もなかなか良いですね。

投稿: 兎夢 | 2005年9月20日 (火) 22時15分

 玲緒奈さん、コメント有難うございます。
うっかり見落としていて、回答が遅くなったしまいました。お許しください。

 排水からの卵の採集ですか。私が今水換えに使っている水草クリーナーは、取り入れ部分の目が細かすぎて卵が通らないかも知れません。別のタイプで試してみます。

 「繁殖行為」これがどうも良く解らないのです。どうも日中にはそれらしき様子は見かけていないように思うのですが・・・

 色々有意義なアドバイスを有難うございます。

投稿: 孔来座亜(analyzer) | 2005年9月21日 (水) 07時38分

兎夢さん、コメント有難うございます。
 永年の引越し生活からやっと解放されて、そろそろまたお魚でも飼おうかとは思ったものの、水槽の水換えが大変だからと、家内の反対があり、今でも納戸には60cm水槽が仕舞われたままなのです。
 という事で、手軽に始めたボトルアクアリウムですが、生体の種類が増えた事もあり、何時の間にかこんな数になってしまいました。
 アカヒレの繁殖に関しては、先ずは卵を発見するしか有りません。一度だけ見かけたのですが、翌日には食べられていました。残念!!

投稿: 孔来座亜(analyzer) | 2005年9月21日 (水) 07時52分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 生体の役割分担 | トップページ | 歯止めをかけなければ »