« 2005年9月 | トップページ | 2005年11月 »

2005年10月

2005年10月30日 (日)

津軽錦2

tugaru1 tugaru2  津軽錦の写真を撮りましたが、やはり余り上手く撮れません。

 専用Webサイトがありますので、そちらの方で画像を確認できます。

http://www.tugarunishiki.or.tv/index2.html

金魚ねぶたは、こんな感じです。

02-1

| | コメント (2)

2005年10月29日 (土)

グッピー♂全滅

 3個のボトルに、それぞれ1ペアにして入れていたグッピーのオスが、一昨日の夜から朝にかけて、3匹とも★になりました。メスは3匹共に元気なのです。最低室温が17度Cですから、加温装置無しでは水温が低過ぎたのでしょうね。やもめだけになってしまったのですが、オスだけ買い足したらよいものやら・・・・・これからますます寒くなるし・・・・・

| | コメント (0)

2005年10月27日 (木)

抱卵エビ

 「あくあくん」アカヒレ軍団ボトルで、またエビが抱卵しました。稚エビが少なくとも6匹順調に育っています。親エビ2匹も含めると8匹ですが、このままですと10匹を超えそうです。アカヒレは以前1匹が★になったので、4匹です。餌やりは毎朝耳掻き1杯与えています。水換え無しで快調です。

 先日、オイカワ君が★になりました。ボトルの苔取りも兼ねて、かなり大幅な水換えをしました。その時に身体を傷付けてしまったのか、ストレスが強過ぎたのか、翌日水面に浮いていました。残念。水変えは、注意深く慎重に行う必要が有りますね。今朝も、ボトル表面に黒い藻が着いてしまったフナの稚魚ボトルの水換えをしました。大丈夫かな。

| | コメント (0)

2005年10月25日 (火)

津軽錦

 随分寒くなりました。朝晩だけでなく日中も火の気が必要です。暖炉か石油ストーブを焚いています。

 昨日は、弘前公園に出掛けました。園内で愛好家達のらんちゅうの品評会が行われていました。なかなか見事なランチュウが展示されていましたが、その片隅で「津軽錦(つがるにしき)」の稚魚が1匹100円で売っていました。津軽錦は津軽地方で飼育されていた金魚です。戦争中に一時絶滅したのですが、最近また復元されたようです。金魚ねぶたのモデルになった金魚と言われています。

 5匹買ってきてしまいました。ボトルには大き過ぎるし、今は黒っぽい色であと3~4年経たないと鮮やかな赤色にはならないようですが、1.5Lのボトル2つに入れました。当分の間、エアレーションするつもりです。

IMGP2304  恥ずかしながら手振れですが、取り敢えずの画像です。

| | コメント (2)

2005年10月21日 (金)

グッピー稚魚発見

gupy  今朝、餌やりをしながらグッピー1.3Lネコボトルを観察しましたら、稚魚を親魚が追い駆け回していました。早速、親2匹を別の1Lネコボトル(他に大きなボトルが無かったので)に移しました。稚魚の数は10匹以上です。何とか無事に育ってくれると嬉しいと思います。

| | コメント (2)

2005年10月19日 (水)

大発見!

本日も特段の変化無く順調・・・・と書こうとしたら、何と大発見がありました。

moroko 久し振りに、卵は無いかどうか、メダカのアクリル容器を外光に透かして観察をしていましたら、どう見てもメダカとは違う大き目の魚を発見したのです。恐らく「モロコ」だと思います。何時紛れ込んだのか皆目記憶が有りません。水草にでも隠れていた稚魚が成長したのでしょうか。我が家で飼育している他のモロコよりも二回り位は大きいのです。早速、2Lボトルに移しました。

| | コメント (0)

2005年10月18日 (火)

タニシ

 この間の室内の最低気温は17度C、最高気温は32度Cでした。かなり朝晩は冷えるようになりました。FF式の石油ストーブを焚いています。秋が深まっています。

 ボトルの方は、繁殖時期が終わった事もあり、相変わらず、特に変化はありません。水換えも、苔が繁茂し過ぎた場合にだけ行っています。

 アクリル容器に移した最初に生まれたメダカの稚魚の6匹は、体長1.5cm~2.0cmに成長していますが、その他のボトルではかなり大きさにバラツキが出てきたので、大きめな稚魚だけを、また別のアクリル容器に移しました。

IMGP2195  タニシの子供が生まれました。直径5mm程度です。タニシは淡水でも繁殖が容易です。卵ではなく稚貝で産むようです。石巻貝は良く苔を食べてくれますが、淡水では繁殖できませんし、ひっくり返ると自力では起き上がれず死んでしまいます。それに、動きもゆっくりで面白味がありません。サカマキガイは、繁殖力も旺盛で、動きもなかなか面白いのですが、苔取り能力は余り期待できません。タニシはその中間的な存在で、なかなか使い易いスネイルだと思います。

 

| | コメント (0)

2005年10月10日 (月)

その後

しばらく時間の余裕が無くて書き込みできませんでした。

 この間、3Lボトルのドジョウが1匹★に成りました。原因として考えられるのは、先ずは水質悪化でしたが、PHは中性で亜硝酸も検出されず、そうではないようです。前夜、ガス抜を忘れました。数日前から餌やりを半分に減らしました。一番可能性がありそうなのは、藻が着いて黒くなった水草を除去し、新に水草を植えたのですが、少な過ぎたのかもしれません。

 他のボトルは、ほとんど水換え無しで順調です。餌やりは、以前の半分程度、Lサイズのアカヒレ4匹に対して耳掻き一杯程度です。

| | コメント (4)

« 2005年9月 | トップページ | 2005年11月 »