« メダカの卵 | トップページ | PH »

2005年11月 6日 (日)

津軽錦3

tugaru0  昨日、アクアショップから底床用の砂を買ってきたので、新しく5Lボトルを立ち上げました。底床は、新田砂に近い川砂系を厚さ約5cm、軽石を数個、水草はカボンバとウィステリア、ルドウィジア、それにマツモを浮かべています。一日置いて、本日、津軽錦の稚魚5匹を移しました。金魚系は、エアレーションの無い時代から飼育されていましたから、多分、酸欠には強そうなので、ボトル向きかもしれません。なお、本来は一週間くらいはボトルを放置して安定させたた方が良いのですが、津軽錦は割りと丈夫そうですし、今使っているボトルの水換えが必要な時期だったので、早めに立ち上げました。そのため、調子の良いメダカ容器の水を加えてみました。

|

« メダカの卵 | トップページ | PH »

ペット」カテゴリの記事

コメント

こうして見ると迫力ありますね。
やっぱり金魚だと一味違って見えるような気がするのは私だけでしょうか。(*^-^*)

投稿: もときち | 2005年11月 9日 (水) 21時19分

 金魚って、エアレーションなどの付加装置が未だ無かった昔から飼われていた魚ですから、ボトルアクアリウムには適しているような気がします。

 色も綺麗(3年後?)ですし、問題は大きくなり過ぎないかなのですが、「小さい」方が良いというのは、金魚マニアの人が目指すものとは恐らくは逆でしょうね。

 ボトルアクアリウムに適した、小さくて綺麗な金魚の種類を探してみようかな。
 それにしても、キョロキョロとした動きはなかなか面白いですよ。
 ミナミヌマエビと共生できるか、いずれ試してみたいと思います。

 そう言えば、これまでネットで色々なボトルアクアリウムを見ましたが、金魚を扱ったものは無かったような・・・

投稿: 孔来座亜(analyzer) | 2005年11月10日 (木) 06時23分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« メダカの卵 | トップページ | PH »