« 不可解? | トップページ | 通信接続 »

2006年10月28日 (土)

CeSleep(WinCE Sleeper)

http://www.ipmsg.org/tools/cesleep.html

CeSleepは、WindowsCE (含む Windows Mobile) 搭載マシンで、(主に午前0:00に) 自動で電源が入ったまま、サスペンドが有効にならず、気が付いたときには電池がほとんどなくなってしまう、という現象に対処するためのソフトウェアとの事ですが、これには、オプションが有り

-s ... -s60 などと指定すると、60分連続の電源ON も監視します。指定時間連続の電源ON を検出すると「20秒後にサスペンドに入ります」というダイアログが出ます。サスペンドに入りたくない場合は、「キャンセル」ボタンを押してください。

 という事で、起動状態が長時間になった場合にサスペンドしてくれます。私の場合は30分以上の連続使用はほとんど無いので、-s30 に設定しました。

 なお、その後も良く調べて見たら、9月12日にpRSSreaderをW-ZERO3[es]にインストールしていました。

http://www.willcom-fan.com/wzero3/entries/memn0ck/000096/

 これには、「Tools」タブ、「Options」プルダウンメニュー、「Retrieval(検索)」タブ、に「Scheduling」項目があり、「Check for new items every」で、指定時間ごとに新しい項目を読み込む事が出来ますが、私の場合は「never」で、しないように指定していたはずなのですが、 「Automatically connect(自動接続)」には、手動でデータの更新処理するためにチェックを入れています。

 或いは、何かの切っ掛けでこれが勝手に起動し、Webに自動接続していたのかもしれません。ただ、このpRSSreaderはToday画面でも毎日利用していますので、アンインストールはせずに、GSPlayerを外した状態のままで、もう少し様子を見ようかと思います。

|

« 不可解? | トップページ | 通信接続 »

デジタルカメラ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 不可解? | トップページ | 通信接続 »