« xclock | トップページ | 不可解? »

2006年10月26日 (木)

タッチパネル

 多くのPDAでは、画面をスタイラス・ペンでなぞる事で、マウスと同じような操作が出来ます。

 また、手で動かすマウスよりも、指で動かす事のできるスタイラス・ペンは、細かな操作が可能で、絵を書いたりする場合には最適です。

 これはPDAでは言わば「当たり前」と思われていますが、同様の機能を目指し2002年に開発された「タブレットPC」は、通常のノートパソコンなどと比較すると、割高なため、一般には余り普及していません。

 また、携帯電話でも、タッチパネルは未だ余り搭載されていません。

 VGAで携帯型電話機能を持ち、ダイヤルキーまで備えた上で、なおかつタッチパネルが使えるW-ZERO3[es]の魅力を再認識しています。

20061026092210_1   私は、ちょっと思い付いたメモ等は、キーから入力するよりは、簡単で早い「メモ」の描画機能でペン書きしています。

20061026101623_1  お絵かきソフト「幻彩2(MobileAtelier)」は、残念ながらなかなか暇が無く利用する機会がほとんどありません。何せメニューが小さいし高機能なので、色々試行錯誤しないと、使いこなせないのです。

http://nefastudio.net/cafe.cgi?=mobae_soft

|

« xclock | トップページ | 不可解? »

デジタルカメラ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« xclock | トップページ | 不可解? »