« NANDバックアップ | トップページ | ぐるっとパノラマ撮影 »

2006年10月19日 (木)

VGA

 最近、我が国では登場して未だ日の浅いスマートフォン(携帯型電話+携帯型情報端末)を切っ掛けに、再びPDA(携帯情報端末)も、ソニーのMylo等の新機種が発表され話題になっています。

 ところが、ほとんどの液晶画面はQVGA(240X320ドット)です。私が知る限りでは、シャープのSL-C700シリーズと、W-ZERO3シリーズだけが、これまで発売されたVGA(480X640ドット)表示可能な携帯型情報端末です。(以前、韓国製のPDAにもVGAが有ったように記憶していますが・・・・)

 何故でしょうね。間もなくW-ZERO3[es]用のワンセグチューナーキットが発売されるようですが、テレビを見るならやはりVGAは必要だと思うのです。

 日本のテレビの走査線の数は525本ですが、表示されない部分が有るので約500本、VGAの480ドットとほぼ見合う解像度です。従って、テレビ画面に表示される小さな文字はQVGAでは読み取る事が困難なのです。

 Img068

Img067 実際、我が家にも未だ有る1990年に「NECからPC Engine GT」という、当時のテレビゲーム機のPCエンジンのアプリケーションを、携帯して使える端末が発売(¥44,000)されましたが、搭載されていたカラー液晶がQVGAだったため、家庭用のテレビをモニターとする事を前提に作られたアプリケーションの文字を読み取る事が出来ない等のため、余り売れなかったようです。

 1990年に日本IBMが開発したDOS/Vパソコンの名称の由来ともなったVGA規格は、情報端末としては、基本となる画面解像度だと思うのです。携帯情報端末においても、是非VGA搭載機がもっと増えて欲しいと思います。

追記:どうして、普通の家庭用地上波テレビとほぼ同等程度でしか無いVGAの、その1/4の解像度(情報量)しか無いQVGAが、携帯型では主流なのでしょうね。そうした現状が、ワンセグの普及で打破できると嬉しいと、切に思います。

追記:その後、良く調べて見ましたら、ワンセグの画質は、横方向が320ドット、縦方向が180ドットで、コマ数は15フレーム/秒だそうです、QVGA並の低画質ですし、コマ数も通常の半分です。がっかり。

 ワンセグで無い一般の地上波デジタル放送 が受信できるes用のテレビチューナーが欲し!!

|

« NANDバックアップ | トップページ | ぐるっとパノラマ撮影 »

デジタルカメラ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« NANDバックアップ | トップページ | ぐるっとパノラマ撮影 »