« 速度測定 | トップページ | PDA+PHS »

2006年11月12日 (日)

GPSシステムとしてのes

 今回のトラブルで、W-ZERO3[es]を初期化から再設定したのを契機に、以前に購入したのに、使えなかったGPSレシーバーの再設定をして見ました。

Imgp4147  esでのBluetooth接続は、動作がやや不安定と言う情報が多かったのと、私のこれまでの経験から、充電式バッテリィにはどうも耐久性の面で不信感が有り、交換可能で無いタイプは使いたく無かった事や、価格面からも比較的安価なUSBタイプのGPSレシーバー(Globalsat BU-353)を購入しました。

Imgp4151  裏面には強力な永久磁石が組み込まれており、車の屋根にも取り付けられます。

PDA秘宝館(W-ZERO3応援団)特価9980円、送料サービス!
http://pocketgames.jp/modules.php?op=modload&name=Shop&file=index&req=viewarticle&artid=544
(こちらのサイトの記事が大変参考になりました。付属CDからのインストールは不要です。)

232usb - RS232 USB Serial Driver インストール
http://www.softclub.jp/zoro/ce/
232usb.dllをwindowsフォルダに、232usb.exe(arm)を適当な場所に(私の場合は、miniSDメモリのProgram Filesフォルダーに232usbフォルダを作って保存)しておきます。

20061112062251 USB設定とGPS接続
 232usbを実行すると左のような画面が出ます。(最初はテキストボックスの中に何も表示されません)Serial Cableにチェックを入れておきます。

 「New」ボタンを押します。20061112062325

 USBホストケーブル経由でGlobalsat BU-353を接続します。OKボタンを押します。

20061112062456 BU-353をUSBホストケーブル経由で接続してから認識されるまで、2~3分は待つ事が必要です。認識すると次のような画面に変わります。 (私は以前、あせって認識できないと勘違いしてしまいましたが、今回はじっくり待ったら無事に認識してくれました。)

 認識されたら、一度USBケーブルを外します。

マップル地図のダウンロードとインストール
 Globalsat BU-353にも旧バージョンのマップルが付属しているのですが、最新版が比較的安価に手に入るので、そちらを使う事にしました。(追記:その後、色々調べていたらこの付属のアプリはesでは動かないようですし、無理にインストールするとトラブルになるようですhttp://www.infosakyu.ne.jp/~ayame/weblog/logwing.cgi?article=pc/1155709831

PocketMaple(製品版)
http://shop.vector.co.jp/service/catalogue/sr087126/
 アプリ+【広域図】が1,890円(税込)
 東北地図データ【中域図・詳細図】が1,050円(税込)

インストール後に、esに対応したSuper Mapple Digital Ver.7 サービスパック1を入手し、実行します。
http://www.mapple.net/smd/support/v7support/SP1_3/smd7SP1_3.html
 W-ZERO3[es]には、母艦機の「スタート」「プログラム」から「Pocket Mapple Digital インストール」からインストールし、地図データはSuper Mapple Digital Ver.7を実行し、「ファイル」「Pocket Mapple Digital 地図出力」で必要な市町村を選択し、ActiveSyncで接続した状態で、W-ZERO3[es]のminiSDカードに転送します。
(合計でも2,940円(税込)です、ダウンロード版ですから、送料も掛かりません。実に割安な製品版の地図ソフトとデータです)

マップルを起動しGPS設定
20061112062605  USBホストケーブル経由でGlobalsat BU-353を接続します。

 「GPS位置取得」を選択します。20061112062646    

 NMEA WGS-84、COM2にセットして実行ボタンを選択します。

20061112062728  「ベクトル地図切り換え」を選択します。

 

 

 

20061112062805  現在位置が表示されます。地図の大きさは右のバーで任意に変えられます。

Imgp4142電源対策
 USBの場合はW-ZERO3[es]本体からGPSに電力供給が必要なので、バッテリーの減りが早くなります。

 単三アルカリ電池4本を使って充電できる、バッテリパック(【Brighton】 EMERGENCY BATTERY for W-ZERO3(BM-WZBT 2,480円)が便利です。本体40gですし、電池は4本で約100gです。百円均一で105円ですし、コンビにでも手に入るので、いざと言う時の補充も比較的安心です。AC電源接続中として認識されます。

  USBホストケーブルは、短い方が良いので、アイ・オー・データー製では無く、安価なENJOY「P楽PC・AV別館」楽天市場店のミニUSBケーブル  2.0対応Mini-A(オス)⇔Type-A(メス)(4950190544579)価格  769(円) x 1(個) = 769(円)   を使っています。

 見事に自分の位置が記録され、移動した経路も記録できます。サイクリングの走行記録にも使えそうです。ナビゲーターとしては使えないものの、GPSシステムとしては、実用レベルです。

 PHSの基地局から現在位置を推定する「ちず丸」等と比較すると、さすがに、まるで月とすっぽんの位置精度です。

|

« 速度測定 | トップページ | PDA+PHS »

デジタルカメラ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 速度測定 | トップページ | PDA+PHS »