« 2006年10月 | トップページ | 2006年12月 »

2006年11月

2006年11月29日 (水)

最新Today画面

20061129091523  私のW-ZERO3[es]の最新Today画面です。これまで、新しいものに出会った面白さから色々なToday小物を表示していましたが、そうした約四ヶ月間の試行錯誤の過程を経て、表示する項目を、出来るだけ重複を避けて、私の好みと必要性に合わせ、絞り込みしました。(見掛けのデザイン面よりも、あくまで実用面重視のToday画面例です)
 上から順に解説させていただきます。

1.タイトルバー

(1)SmallMenuPlus シェアウエア
 キー操作だけでアプリケーションソフトを終了させたり、表示アプリを切り替えたり出来るので、なかなか便利です。
http://www.willcom-fan.com/wzero3/entries/kzou/000065/

追記:その後、YTaskMgrでもキー操作だけで表示アプリを切り替えたり出来るのが解りました。「お気に入り」からの一発起動にこだわらなければ、SmallMenuPlusは敢えて必要ないかもしれません。

(2)Magic Button
 「×」ボタンのタップでアプリケーションを終了できるようになります。
http://www.willcom-fan.com/wzero3/entries/mobachiki/000112/

(3)Notifooks alpha1
 タイトルバーのATOK「あ」等の表示は無意味(必要な場合にはメニューバーに表示されますから)なので、ボリュームアイコンに固定しています。(音量調節キーはページアップ・ダウンに設定)
http://dislife.com/?date=20061119

追記:11/30午後1時頃、早速アップデートしました。マナーモードに設定していると、正しくバイブ表示になりました。

(4)BatteryMonitor
 タイトルバーの充電池残量アイコンを乗っ取って機能強化できます。タップすると充電池駆動時間が表示されます。なかなか便利です。
http://www.willcom-fan.com/wzero3/entries/kzou/000064/

(5)BareRF
 パケット通信時のPT表示を消すソフト。電波の強さは、接続している時ほど気になるものです。
http://dislife.com/software/#bare_rf

2.テーマ
Imgp2450_1  テーマは自作の「fire.tsk」を使っています。「fire.tsk」をダウンロード
 Today画面は、「スタートメニュー」「設定」「個人用」タブ「Today」アイコン「アイテム」タブの表示有無チェックや「オプション」指定で、以前に比較してかなりの表示項目の絞り込みと、詳細設定とを行っています。不在着信や未読メールの有無などは、電波状態ランプの青色点灯で確認できるので、表示していません。
 (表示にチェックを入れているのは、以下の5項目だけです)

(1)六曜(RokuToday)
 起動時には、本来表示されるはずの西暦と和暦元号年、月日、七曜、六曜が、何故か空欄で表示されます。
 「スタート」「設定」「個人用」タブの「Today」アイコンから「アイテム」タブの「RokuToday」を選択して「オプション」ボタンを押してから、OKでToday画面に戻ると、表示されるようになります。(でも、タップしても月表示の六曜が起動出来ないし、やや不安定です)
http://www.geocities.co.jp/SiliconValley/8491/freeware.html

(2)仕事
 タップすると、内容が表示され新規入力や編集ができます。(次の予定表も同様です)

(3)予定表
  「近い将来の予定」

(4)カレンダー for ポケP
 VGA表示で日本の祝日にも対応している恐らく唯一のToday画面表示カレンダーです。「オプション」「フォント」で「Large」(2か月表示)。
 カレンダーの日付をタップすると、当該日の予定表が起動し、新規予定の入力や編集ができます。
http://home.comcast.net/~cheezsj/menuj.htm

(5)Device Status on Today Plug-in
  本体メモリやデバイスの使用状況等を表示(オプション、メモリ/メモリカードの状態と電源/バッテリ状態にチェック)
 実は、それだけでは無く、バッテリの状況を示す%バーをタップすると「設定」「システム」「バックライト」が一発で起動し、バックライトの明るさなどを直ぐに選択できます。
 また、右の下矢印キーをタップすると「スクリーンオフ」「電源オフ」「バックライトを常にオン」「サスペンドしない」「デバイスのリセット(ソフトリセット)」が選択できるのです。(私の場合は、プログラムの使用率が70%程度になったら、安定運用確保のために、リセットしています。50%未満の使用率に戻ります)
http://www.willcom-fan.com/wzero3/entries/mobachiki/000149/

4.各種アイコン表示(タスクトレイ)
 タスクトレイをランチャーにできるTrayLunch
http://www.phm.lu/products/PocketPC/PowerToys/
 以前はToday画面上に表示していた項目の替わりになる次のようなアプリケーションと、良く利用するタップ操作が不可欠なアプリケーションとを登録しています。(良く利用するキー操作主体のアプリケーションは、スタートメニューに登録しています)

(1)AiMa JKoyomi(Windows Mobile 2003SE 日本語版) シェアウエア
 日の出・日の入りや、月の出・月の入りの時間や満ち欠けをToday画面上に表示する「SunMoon」の代わりです。
http://homepage2.nifty.com/AiMa/soft/AiMa_JKoyomi/soft_CE.html

(2)UKTenki
 地域の天気を表示出来ます。毎日何回か巡回し、最新の予報に更新しています。Today画面上の表示は止めました。
http://www.willcom-fan.com/wzero3/entries/memn0ck/000088/

(3)Stock Price
 指定した銘柄の株価等をToday画面上に表示する「KabuToday」の代わりです。
http://ktee.blog.shinobi.jp/Entry/52/

(4)pRSSreader
 最新ニュースを表示してくれるRSSreaderです。Today画面上の表示は止めました。
http://www.willcom-fan.com/wzero3/entries/memn0ck/000096/

(5)UKTvList
 テレビ番組を確認できます。
 http://www.willcom-fan.com/wzero3/entries/memn0ck/000122/

(6)IdeaTree シェアウエア
 思い付いたアイデアをツリー構造で整理できるアウトラインプロセッサーです。
http://www.dicre.com/soft/itreece.html

(7)NoteM
 長時間、高音質、mp3での録音が可能なボイスレコーダーです。
http://www.willcom-fan.com/wzero3/entries/minotan/000126/

(8)JB Piano
 シグマリオンⅡの頃から探していたピアノソフト。和音は出ませんが、音取りには使えます。
http://www.climbwalls.net/jb_piano.htm

(9)NiQ
 多機能日記帳ソフトです。未だ試用段階です。
http://www.d1.dion.ne.jp/~qchan/niq.htm

ここからは、常駐ソフトです。(何故か、ランチャー登録アプリと入り混じって表示されてしまいます)

(1)CeSleep(WinCE Sleeper)
 午前0時に、自動で電源が入ったまま、サスペンドが有効にならず、気が付いたときには電池がほとんどなくなってしまう、という現象に対処してサスペンドしてくれます。(私の環境では、ほぼ毎日機能してくれています)
http://www.ipmsg.org/tools/cesleep.html

(2)Font On Storage
 本体(デバイス)のメモリを大量に占拠してしまうフォントファイルを、miniSDメモリカードに移して使う事が出来ます。
http://www.geocities.co.jp/SiliconValley-Cupertino/2039/

5.メニューバー
◎Todayメニューエディター
 Todayの最下部に表示される左右のソフトキーに、お好みのアプリケーションを指定できます。
 私は左ソフトキーに手書き用の「メモ」、右ソフトキーはデフォルトの「連絡先」を設定しています。
 http://www.willcom-fan.com/wzero3/entries/mobachiki/000125/

◎W-ZERO3 Utility Plus
 ソフトキー長押にアプリを割り当て出来ます。miniSDにもインストールできるのですが、トラブルの元になってしまいます。くれぐれもデバイス(本体)にインストールしてください。
 http://www.mcf.cn/~wzero3/wiki.cgi?page=%A5%D5%A5%EA%A1%BC%A5%BD%A5%D5%A5%C8%A1%A7W-ZERO3+UtilityPlus

 縦型で、次のアプリケーションを起動できるようにしました。
(1)左ソフトキー・長押
   es_silencer(シャッター音消デジタルカメラ)
http://dislife.com/software/#es_silencer

(2)右ソフトキー・長押
   さいすけ(スケジューラー) シェアウエア
http://www.saysoftware.net/jpn/sayschePPC2006.htm

***それにしても、ほとんどがフリーソフトです。こんな素晴らしい環境を提供していただいた作者の方々に深く深く感謝です。m(__)m m(__)m m(__)m ・・・

| | コメント (0)

2006年11月28日 (火)

QRコード

Qr  W-ZERO3[es]のデジカメには、マクロモードがあり、これを活用したバーコードリーダの機能が有ります。

 お気に入り等のデータを、母艦機(パソコン)からW-ZERO3[es]にコピーするには、通常はUSBコードを繋いでActiveSyncのエクスプローラー等を使います。

 母艦機(パソコン)でQRコードを簡単に作成できるフリーソフトを見付けました。

QR Code Editor

http://www.psytec.co.jp/freesoft/01/

 これを使って、メールアドレスやWebページ、短い文章などもQRコードとして、パソコン上に表示し、それをW-ZERO3[es]のバーコードリーダで読み取る事で、データを受け渡す事が出来ます。

(追記:その後、実際に何度か試して見ましたが、USBコードを接続したり、miniSDカードを外したりしなくても簡単にデータを受ける事ができるので、実に便利です。esのバーコードリーダーには、「テキスト保存」や、「メール作成」「ブックマークに登録」「連絡先に登録」の機能まであるのです)

 また、アドレス等から作成したQRコードの画像ファイルそのものを、母艦機とUSBコードで繋ぎ、ActiveSyncのエクスプローラー等でコピー・貼付けでW-ZERO3[es]に移し、画面上に表示する事で、他の携帯電話などへアドレスを渡す事も出来ますね。

文章例Photo 「 Windows Mobileの仕様として、アプリケーション起動時にW-ZERO3[es]の画面右上に表示される「×」ボタンをタップしても、アプリケーションは終了せず、アプリケーションは裏画面に回り込んだ状態で動作メモリを消費し続けます。このため、アプリケーションを続けて起動していると、緩慢な動作が目立ち、いわゆる「もっさり」とした操作感の原因となる他、悪くすると意図しないアプリケーションまで落ちる、動作がおかしくなるなどの問題が起きる原因にもなるようです。」(実際に、この画像をクリックして拡大し、esで読み込みテキストファイルとして保存する事が出来ました)

追記:「午前12時さん」が実験されたように、文字数が多く画像が大きくなるとesのバーコードリーダーでは読み込み出来ないようです。

http://blogs.dion.ne.jp/at_12am/

追記:[es]でもQRコードを作成できるソフトを見付けました。

getQR

http://www.geocities.jp/getget2ch/

| | コメント (0)

アプリの終了

 Windows Mobileの仕様として、アプリケーション起動時にW-ZERO3[es]の画面右上に表示される「×」ボタンをタップしても、アプリケーションは終了せず、アプリケーションは裏画面に回り込んだ状態で動作メモリを消費し続けます。
 このため、アプリケーションを続けて起動していると、緩慢な動作が目立ち、いわゆる「もっさり」とした操作感の原因となる他、悪くすると意図しないアプリケーションまで落ちる、動作がおかしくなるなどの問題が起きる原因にもなるようです。

 私のW-ZERO3[es]では、これを防ぐために「Magic Button」をインストールし、「×」ボタンのタップでアプリケーションを終了できるようにしています。

Magic Button
http://www.willcom-fan.com/wzero3/entries/mobachiki/000112/

 但しMagic Buttonではスタイラスなどを使用した画面のタップが不可欠で、キー操作だけでは終了できません。このため、古いタイプのPocketPCアプリケーションの終了操作等のために、「MenuKeyHelper」をインストールしています。画面の下に表示されるメニューバーから「ファイル」「終了」等が左右のソフトキーとカーソルキーで操作出来るようになります。

MenuKeyHelper
http://www.willcom-fan.com/wzero3/entries/mobachiki/000113/

 しかし、ファイルエクスプローラや、連絡先等はメニューバー等のキー操作だけでの終了が出来ません。多少手間は掛かりますが、キー操作だけで起動中のアプリケーションを終了できる「SmallMenuPlus」を最近インストールしました。(900円程度のシェアレジも済ませました)

20061129065440 20061129065509  「スタート」キーを「W-ZERO3 Utility Plus」等で「SmallMenuPlus」に割り振る事も出来るのですが、「スタート」メニューは結構使いやすいので残し、スタートメニューのTodayの直ぐ下に表示されるように「_SmallMenu」と言う名前のショートカットを置いています。
 SmallMenuPlusは、やや起動に時間が掛かるのが難点ですが、キー操作だけで終了させたり、表示アプリを切り替えたり出来るので、なかなか便利です。

SmallMenuPlus
http://www.willcom-fan.com/wzero3/entries/kzou/000065/

 なお、アプリケーション・ソフトをその都度終了させていても、Device Status on Todayで表示されるプログラムの使用率は次第に増えて行きます。私の場合は、70%程度になればDevice Status on Todayの「システム」から「デバイスのリセット」をしています。

| | コメント (0)

2006年11月26日 (日)

常駐ソフトは本体(デバイス)に

 最近、あちこちでW-ZERO3[es]の完全消去(フォーマット)から、再起動出来なくなったと言う話を見掛けます。  

 原因は様々有るのでしょうが、本体ルートにある「Windows」フォルダーの中の「スタートアップ」フォルダーにショートカットが置かれている常駐ソフトが、miniSDメモリカードにインストールされ実行ファイルが作られて居るために、再起動時に上手く読み込み出来ないのが原因と言う場合が有るようです。

 実際に私も、「W-ZERO3 Utility Plus」を誤ってminiSDメモリカードにインストールしていたのですが。再起動の時に「W-ZERO3 Utility Plus」のロゴが表示された跡の青枠が消えずに固まってしまったり、グルグルマークが回りっ放しになったりして、復元出来なくなる現象が見られたので、本体(デバイス)側にインストールし直しましたら、復元出来ました。

 それまで、通常のリセットやフルリセットでは、問題無く再起動出来ていたのですが、何故かフォーマットからの再起動は出来無かったのです。(ただ、思い返して見ると、何時の間にか常駐が解除されている事が時々有り、不思議に感じていました)

 Today関係も本体(デバイス)にインストールしておいたほうが無難だと思います。

 なお、W¥ZERO3[es]の動作を安定させるためには本体メモリにはなるべく多くの余裕を残す必要がありますから、その他のアプリケーションやデータは出来るだけminiSDメモリカードにインストールするようにしています。ただ「JB Piano」や「MangaMeeya」は、CABファイルからインストールすると、miniSDを指定しても何故かデバイス(本体)に、インストールされてしまいます。

JB Piano

http://www.climbwalls.net/jb_piano.htm

MangaMeeya

 現在は著作権問題で公開されてい無いようですが、「MangaMeeya」でググルと見つかるかもしれません。

| | コメント (0)

2006年11月24日 (金)

GPS試用

20061124091819

20061124091655_2  昨日、JRに乗って、弘前の知人の家まで、行って来ました。esの設定に成功し、先日から使用可能になったGPS(Globalsat BU-353)を外出先で実際に試して見ました。http://pocketgames.jp/modules.php?op=modload&name=Shop&file=index&req=viewarticle&artid=544

 列車の中からも、一応、現在位置が補足出来ました。線路の周囲の施設等も地図上に表示されるので、なかなか興味深く感じました。

 駅からは、歩いたのですが、きちんと周囲の道路と位置が示されるので、最短のコースを選んで歩く事が出来ました。ログも残るので結構おもちゃとしても楽しめるのです。(これを持って歩くと、距離が伸びるのが面白く、より遠くまで歩きたくなるから、健康のためのウォーキングには効果的かもしれません)

 なお、念のために予備バッテリーとバッテリーケースとを持って行きましたが、往復で約2時間では、内蔵バッテリーだけで、何とかぎりぎり持ちました。

追記:その後も何回か試しましたが快適です。自分の位置と方向が解って周囲の道路地図が表示されるので、見知らぬ土地でも目的地に最短で辿り着く事が出来ます。 以前、SL-C700でGPSのCFカードを使って見た時は、感度が悪かったのか位置の検出に時間が掛かり、かつ直ぐにハングアップして実際には使い物にならなかったのですが、これなら十分に実用レベルだと思います。

| | コメント (0)

2006年11月23日 (木)

ついに「テラ」の世界に

 私の母艦機の1.1kgB5版サブノートパソコンである東芝dynabookSS(SX/3211LNKW)の内蔵ハードディスク(HD)は、元々は40GB(ギガバイト)でしたが、換装して120GB(MK1233GAS)にしています。

Hdwiu2r1_p  ただ、バックアップ用の外部HDは非力な80GBでした。今回、バックアップ体制の強化を目指して、500GB+500GB=1TBのBUFFALOのHD-W1.0TIU2/R1を約5万円で購入しました。

 それにしても、とうとうテラ(兆)の世界です。念のため2つのドライブを1つとして使用するミラーリングで実際的には半分の500GBで使うつもりですが、もうじき60歳を向かえる私としては、生きている間は、今後買い換える事は恐らく無さそうです。

http://buffalo.jp/products/catalog/item/h/hd-wiu2_r1/index.html

1,000=1K(キロ)=1千 

1000K=1,000,000=1M(メガ)=1百万

1000M=1,000,000,000=1G(ギガ)=10億

1000G=1,000,000,000,000=1T(テラ)=1兆 ヽ(^。^)ノ

| | コメント (0)

2006年11月21日 (火)

ウイルコムの経営戦略変化?

 PHSの基地局情報から現在の大よその位置を地図で示す「ちず丸」が何時の間にか使えなくなりました。「ウイルコムの公式ページ経由で接続してください」(追記:実際には「W-ZERO3向けのウイルコム公式サイト閲覧可能な端末からのみご利用頂けます」でした)と言うエラーメッセージが出るようになったのです。

 以前は、公式ページ経由で無くても接続できたのですが、何時の間にか利用出来無くなるように変更してしまったようなのです。(追記:その後、私の勘違いであった事が判明しました。これは、携帯サイト閲覧のために、「ポケットの手」で、ユーザーエージェントをDoCoMo N902iに設定したためだつたのです)

 私が利用している料金プランの「ネット25」ですと、ウイルコム(CLUB AIR-EDGE)からしかアクセス出来ない公式ページの利用には、別途パケット料金が掛かるので、ちず丸を使うのは止めて、アンインストールしてしまいました。(追記:その後、「ポケットの手」で、ユーザーエージェントをWillcom W-ZERO3[es]に設定し直しましたら、無事に閲覧できました。但し、後述のW-ZERO3 Monitorの方が便利で使いやすいので、ちず丸は再度アンインストールしてしまいました)
 少し、この辺の関係をまとめて見ました。

◎ウイルコム(CLUB AIR-EDGE)への接続
0570570081##64 → 高速化サービスなし
0570570082##64 → 高速化サービスあり

◎ウイルコム公式ページ
 ウイルコム(CLUB AIR-EDGE)経由でしか、アクセス出来ない

◎ちず丸
 ウイルコム公式ページ経由でしか、地図表示出来ない(追記:これは間違いで「W-ZERO3向けのウイルコム公式サイト閲覧可能な端末からのみご利用頂けます」です。)

◎ネット25
 ウィルコム(CLUB AIR-EDGE)以外のプロバイダーへのアクセスポイント経由で利用するパケット通信は基本料金に含まれるが、ウィルコム(CLUB AIR-EDGE)経由のEメールやブラウジングでのパケット通信は基本料金には含まれず、別途0.105円/パケットがかかる。

◎データ定額(「ウィルコム定額プラン」のオプションサービス)
 ウイルコム(CLUB AIR-EDGE)への接続のパケット通信は定額料金(上限額)に含まれるが、PCに接続してのデータ通信等、ウィルコム(CLUB AIR-EDGE)以外のプロバイダーのアクセスポイント経由でのパケット通信は定額料金(上限額)には含まれず、別途料金が掛かる。

 こうして併記してみると、両者には丁度反対の性格が有る事に気が付きますね。つまり、「ネット25」はウイルコム以外のプロバイダーとの接続中心、他方「データ定額」はウイルコムへの接続中心の料金プランだと思われます。また、これはウイルコムの経営戦略の変化でも有るのでしょう。

 かって、PHS利用者の減少に歯止めがかからなかった時期に、当時の携帯電話機に比較して早かった通信速度を生かして、パソコンのモデムとしてのデータ通信利用を進めるために、各プロバイダーへの接続を前提にした「ネット25」等のデータ通信プランを作ったのでしょう。

 しかし、最近はウイルコム同士の通話や、メール等の利用促進のために「ウィルコム定額プラン」を作り、それに付属するデータ通信サービスとしてウイルコムへの接続を前提にした「データ定額」を作ったのでしょう。ウイルコムへの利用者と通信収入の言わば囲い込みです。こうした経営戦略の変化が、ちず丸サービスのウイルコム接続限定化になったのでしょう。(追記:この最後の部分は誤った思い込みに基づいており間違いです)

 確かに、私も経営者の末席に連なる者として、囲い込みしたくなる気持ちは、それなりに理解できない訳ではありませんが、新規提供サービスをウイルコム接続に集中化するのならまだしも、既存提供サービスまでウイルコム接続に限定化するのは、ユーザーの反発を招くのは明らかです。

 顧客の利便よりも企業の論理を優先させると、結果的には企業への信頼を失わせ、いずれは顧客離れにより、企業存亡の危機を招くのでは無いかと危惧します。
 付言すれば、以前指摘したにも拘らず高速化サービスに関するQ&Aにも、全く改善が見られません。「ユーザーの要望や苦情に耳を傾けない企業には将来は無い」と思います。(追記:「ホームメニュー」や「名刺リーダー」等の新しいアプリケーションに関しても、W-ZERO3[es]単体ユーザーも含め、是非、広く提供していただきたいと思います)

 なお、「ちず丸」と同様の機能は、フリーソフトの W-ZERO3 Monitor で、ウイルコム以外のブラウザ経由から「Mapin」「goo地図」「Yahoo!地図情報」etc等で地図表示出来るので、実際的には全く支障はありません。(いささかウイルコムに対する心証と、気分を悪くしただけです。追記:誤解でしたので、私の心証や気分はリセットしました)

W-ZERO3 Monitor
http://www31.ocn.ne.jp/~yoshio2/wzero3mon-1.html

イニシャライズ・ファイル(MapService.ini)にコピー・貼付けして追加する事で「WILLCOMアンテナ情報」等も表示できます。

http://naokki.com/etc/mt/archives/2006/02/wzero3_monitorn.php 

追記:11月30日正午頃から、シャープのサイトで、「ホームメニュー」「名刺リーダー」等を含む本体バージョン1.50aアップデートの提供が開始されました。これで一安心です。

追記:私の勘違いのため、結果的に誤った情報を流布してしまい、深くお詫び申し上げます。

| | コメント (0)

鎧(よろい)

Imgp4201Imgp4203 なつみみさんのブログで紹介されていたので、Vis-a’-Visの秋の39プレゼントで、アルミケース(ブラック)セットを購入しました。

http://plaza.rakuten.co.jp/natsumimi/diary/200611190000/

http://item.rakuten.co.jp/vis-a-vis/01451707000/

 黒色のためか、まるで鎧武者のように頼もしく見えます。でも嵩張るので、通常の持ち運びには使いません。万一に備えて、取り敢えず寝る時の枕元に置く場合に使っています。自転車でGPSを利用する場合にも、使えそうです。

追記:その後、実際にほぼ毎日使用して見て、どうも電波が弱くなります。ひどい時には、圏外になってしまいます。夜中に目を覚まして眠れずに寝床でWebチェックする事も多いので、これは大きな欠点です。

 ついでに、ベーター版の前のアルファー版ですが、ちょっと便利なユーティリティーの紹介です。タスクバーのATOK「あ」等の表示は無意味(必要な場合にはアンダーバーに表示されますから)なので、ボリュームアイコンに固定しています。 (音量調節キーはページアップ・ダウンに設定)

Notifooks alpha1

http://dislife.com/?date=20061119

| | コメント (0)

2006年11月20日 (月)

試行錯誤

 バックアップファイルからの再起動でハングアップしてしまうために、復元ができなかった原因がやっと判明しました。(実は今日も試しに完全フォーマットからの復元を行ったら再現しました)

 「W-ZERO3 Utility Plus」をminiSDメモリカードにインストールしていたのが原因のようです。再起動の時に「W-ZERO3 Utility Plus」のロゴが表示された跡の青枠が消えずに固まってしまったり、グルグルマークが回りっ放しになったりする現象が見られたので、本体(デバイス)側にインストールし直しましたら、復元出来ました。

 やはりスタートアップにショートカットを置いたりしている全ての常駐ソフトは、デバイス側にインストールしたり、実行ファイルを置いたりすべきなのです。(それを意識していたはずなのに何故か「W-ZERO3 Utility Plus」だけはminiSDメモリカードに置いていました)

 恐らく、miniSDを呼び出すのに本体メモリに比較すると時間が掛かり、通常の(ソフト)リセットやフルリセットでは支障が無くても、フォーマットからの再起動ではハングアップしてしまうのでしょう。

 その後、何度か完全フォーマットした後からでも、復元出来ましたから、これで安心です。

20061120183203  さて、また幾つかの便利なアプリケーションソフトを見付けました。その一つは、キーボードだけで使える電卓「CalcPlus」です。

http://dislife.com/software/#cal_plus

 「+」「-」「×」「÷」はカーソルキーで指定します。「=」はアクションキー、そうそう「%」は「*」キー、小数点は「#」キーです。クリアは「クリア」キーです。

| | コメント (0)

2006年11月19日 (日)

メダカの稚魚

Imgp4166 この夏に生まれたメダカの稚魚たちが元気に育っています。

 写真は5Lの孵化用ボトルです。恐らく20匹以上居ると思います(動き回るので正確には数えられません)。毎朝の餌やりでは沢山の稚魚が水面に集まり、盛んに餌をついばみます。ぼんやり見ているだけで時間が経つのを忘れます。何とか厳しい冬の寒さも乗り越えて欲しいものです。

 それにしても、ポンプ等のモーター音などもありませんし、お魚は犬のように吠えたりしませんから実に静かで、しかも何と無くお魚とのコミュニケーションも取れるのがボトルアクアリウムの良さです。それに、水換え等の日常管理の手間がほとんど掛からないのが最高です。

| | コメント (0)

「W-ZERO3[es] Premium version

W-ZERO3[es] Premium version が意外に好評のようですね。

http://windows-keitai.com/?W-ZERO3%EF%BC%BBes%EF%BC%BDPremium%20version

既存ユーザーへのダウンロードサービスの提供が始まったら、試してみようかな。

楽しみです。

| | コメント (0)

2006年11月16日 (木)

テーマ

 秋も深まり、街路樹の赤や黄色に色付いていた葉がだんだんに落ちていき、寒々とした黒い枝ばかりが目立つ季節になってきました。W-ZERO3[es]に設定していた「koyo(紅葉)」のテーマも、季節に合わなくなって来たのですが、組み込み済みのものにはなかなか気に入ったものが見当たりません。

 たまたま、ウイルコムファンの次の記事が目に入ったので試しに自作して見る事にしました。手順に付いてもかなり詳しく書かれています。画像の大きさや位置調整は「ズーム」タブの「全体に引き伸ばす」に設定すると簡単です。

テ~マライト(無料ソフトです)

http://www.willcom-fan.com/wzero3/entries/staff/000199/

 ただ、何故か私の通常使用しているWinXP環境では、「編集したテーマを保存」で「CabWiz」エラーが発生し保存できません。仮の「ユーザー」を設定し、その環境からテ~マライトを起動すると保存出来ます。

 また、作成したテーマファイル(tsk)をesのWindowsフォルダーにコピー・貼付けできる大きさは最大で400KB程度のようです。テ~マライトの「オプション」「保存形式の設定」でJPEGファイルの圧縮率を90~100の間で調整すると良いと思います。

 なお、テーマファイル(tsk)を新にminiSDメモリにコピーしても、リセットしなければファイルそのものが、ファイルエクスプローラなどにも表示されないようです。

 一応、私が今回作成したテーマをアップして置きます。気に入ったら、どうぞ御自由にお使い下さい。私が撮影した画像を元にしていますので著作権問題は無いと思います。寒い時期向けに、どれも暖色系の色調にしています。

20061116074613 20061116074627 「yoake.tsk」をダウンロード

20061116111057 20061116111117 「asadori.tsk」をダウンロード

20061118174157 20061118174212 「fire.tsk」をダウンロード

追記:色の設定が拙かったので修正しました。

| | コメント (0)

2006年11月15日 (水)

またまたTodayネタですが

 伊藤浩一さんのリンクから辿って、タスクトレイをランチャーにできるTrayLunchをW-ZERO3[es]に導入しました。ますますToday画面を有効に利用出来るようになります。http://d.hatena.ne.jp/itokoichi/

TrayLunch
http://www.phm.lu/products/PocketPC/PowerToys/

から、Version 0.18 (April 2, 2004) PHM Pocket PC PowerToysをクリックします。

I agree with the terms of the license agreementにチェックを入れます。
Package selectionは、Pocket PC 2000,2002,2003(ARM)を選択します。
Downloadボタンをクリックし、母艦機にダウンロードします。

 ファイルサイズの比較的小さな幾つかのユーティリティー・ツール集なのですが、私の場合はTrayLunch以外は不要なので、esではなく母艦機でCABファイルを解凍しました。
 解凍された幾つかのファイルの中から、TrayLnch.016を見つけたら、「名前の変更」で、拡張子を実行ファイルのTrayLnch.exeに変えます。

 esのminiSDカード(本体側でも構いません)のProgram Filesフォルダー等にコピー・貼り付けします。
 esのファイル・エクスプローラーなどでTrayLnchを起動します。
 ランチャーに登録したいアプリケーションのパスを貼り付けます。
(拡張したファイル・エクスプローラーやGSFinderから「パスのコピー」が出来ます)

20061114152431  リセットすると設定が反映されます。(スタートメニューに登録する必要はありません)
 良く見ると、アイコンが汚いのでQVGA用ですね。

 なかなか便利なのですが、私の場合は何故か以前から起きていた現象なのですが、縦型では左側には常駐プログラムのCSのアイコン1個しか表示されません。(横型ではランチャーで登録したアイコンも並んで左側に表示されます)

20061114152442  起動時に暗証番号の入力を求める「ロック」設定を解除すると、右側に並んで表示されます。(但し、縦型ではマナーモード設定等のアイコンが左側に1個だけしか表示されません)

 こんな現象は私の環境だけでしょうか。あるいは、仕様なのでしょうか。

| | コメント (0)

2006年11月14日 (火)

QWERTYキーボード

Imgp4175  これまで私は、「QWERTYキーボード付」のPDAに拘って来たのですが、実際にはesでは、ほとんどQWERTYキーを使って居ないのです。せいぜい画面キャプチャーのための「Fn」+「Shift」+「C」程度なのです。(笑)

Imgp4185   「何故かな」と考えて見ると、W-ZERO3[es]やSL-C700の場合は、QWERTYキーボードと言っても日本語はローマ字入力だけで、「ひらがな入力」が出来ないからなのです。普段パソコンでは、ひらがな入力の私としては、やはり使いにくいのです。シグマリオンⅡの場合は、ややキーの配列が特殊な部分は有りますが、ひらがな入力が使えるので、キーボード入力していました。

Imgp4169 SL-C700がどうしても馴染めなかったのは、結局は「ひらがな入力」が出来なかったからなのかもしれません。

 

Imgp4188  W-ZERO3[es]での日本語の入力の場合には、ほとんどソフトキーボードでスタイラスを使ってひらがな入力しています。(出来れば五十音順では無く、JISキーボードと同じ並びの方が良いのですが・・・)他には、たまに数字の入力や連絡先の検索などでダイアルキーを使う程度です。これではせっかくのQWERTYキーは無駄です。

 QWERTYキーを無くして、もう少し液晶の画面サイズを大きくして、ダイヤルキーだけ付いたW-ZERO3[es]改が、今の私には適して居るのかもしれません。

 いえ、それよりも、今のスライド式を改良してもう少しキーボード部分を広くして、シグマリオンⅡ並の72キーに増やして、ひらがな入力が出来るようになれば最高です。2チャンネルの書き込みなどにも、ひらがな入力への要望は強いようです。

 このキーの小ささでは、ブラインドタッチできないので、キーストロークの回数が、ローマ字入力の約半分で済むひらがな入力が何と言っても有利なのです。(例えばesで、ホームポジションのJKLの3個のそれぞれのキーに、一度に3本の指がきちんと載るのは、赤ちゃんぐらいですよね。これではブラインドタッチは誰だって不可能でしょう。)

| | コメント (0)

PDA+PHS

 W-ZERO3[es]は、言わばPDAとPHSが一つになった情報機器(いわゆるスマートフォン)ですね。
 以前使っていた、PHSのAH-K3001Vと、シグマリオンⅡ、SL-C700との組合せの体積と重量などを比較して見ました。

◎WS007SH(PHS+PDA)
画面:2.8型(640x480)
53キー(ローマ字入力)
SDFRAM 64MB
Flash RAM 128MB(ユーザーエリア約60MB)
体積:135x56x21=158.76c㎡
質量:225g

○ AH-K3001V(PHS)
体積:49x98x20.8=99.88c㎡
質量:97g

Imgp4119  ◎ シグマリオンⅡ(PDA)
画面:6.2型(640x240)
72キー(ひらがな入力可能)
RAM 32MB
Flash RAM 16MB(ユーザーエリア約14MB)
体積:189x107x27=546.02㎡(合計645.90c㎡ 約4.1倍)
質量:500g(合計597g 約2.7倍)

ポケットに入るような大きさでも重さでもなかった。
ハーフVGAなので余り期待して居なかったのですが、横長画面は意外に使いやすかった。
やや配置が違うけれどひらがな入力が出来、大きめのキーボードは文字入力しやすかった。
裏技でホストUSBも使えたし、何よりも当時のHP200LX等に比較すると、半値の35千円程度で購入できた。(結局、通信料で販売促進費を回収するキャリアが提供する安価なPDAによって単独メーカーのPDAはほぼ駆逐されてしまった)

Imgp4117◎ SL-C700(PDA)
画面:3.7型(640x480)
59キー(ローマ字入力)
SDFRAM 32MB(ユーザーエリア約30MB)
Flash RAM 64MB
体積:120x83x18.6=185.26c㎡(合計285.14c㎡ 約1.8倍)
質量:225g(合計322g 約1.4倍)

一応、別々にするとポケットに入る大きさと重さだった。
バッテリーを取り替えるとリセットされてしまう事や、PIMデータが多いと実に動作が遅くなり、また慣れないLinaxで、私が使いたい種類のアプリケーションが少なく、文字コードが特殊で使い難かった。
何よりも、ひらがな入力が出来ないキーボードは不便だった。

| | コメント (0)

2006年11月12日 (日)

GPSシステムとしてのes

 今回のトラブルで、W-ZERO3[es]を初期化から再設定したのを契機に、以前に購入したのに、使えなかったGPSレシーバーの再設定をして見ました。

Imgp4147  esでのBluetooth接続は、動作がやや不安定と言う情報が多かったのと、私のこれまでの経験から、充電式バッテリィにはどうも耐久性の面で不信感が有り、交換可能で無いタイプは使いたく無かった事や、価格面からも比較的安価なUSBタイプのGPSレシーバー(Globalsat BU-353)を購入しました。

Imgp4151  裏面には強力な永久磁石が組み込まれており、車の屋根にも取り付けられます。

PDA秘宝館(W-ZERO3応援団)特価9980円、送料サービス!
http://pocketgames.jp/modules.php?op=modload&name=Shop&file=index&req=viewarticle&artid=544
(こちらのサイトの記事が大変参考になりました。付属CDからのインストールは不要です。)

232usb - RS232 USB Serial Driver インストール
http://www.softclub.jp/zoro/ce/
232usb.dllをwindowsフォルダに、232usb.exe(arm)を適当な場所に(私の場合は、miniSDメモリのProgram Filesフォルダーに232usbフォルダを作って保存)しておきます。

20061112062251 USB設定とGPS接続
 232usbを実行すると左のような画面が出ます。(最初はテキストボックスの中に何も表示されません)Serial Cableにチェックを入れておきます。

 「New」ボタンを押します。20061112062325

 USBホストケーブル経由でGlobalsat BU-353を接続します。OKボタンを押します。

20061112062456 BU-353をUSBホストケーブル経由で接続してから認識されるまで、2~3分は待つ事が必要です。認識すると次のような画面に変わります。 (私は以前、あせって認識できないと勘違いしてしまいましたが、今回はじっくり待ったら無事に認識してくれました。)

 認識されたら、一度USBケーブルを外します。

マップル地図のダウンロードとインストール
 Globalsat BU-353にも旧バージョンのマップルが付属しているのですが、最新版が比較的安価に手に入るので、そちらを使う事にしました。(追記:その後、色々調べていたらこの付属のアプリはesでは動かないようですし、無理にインストールするとトラブルになるようですhttp://www.infosakyu.ne.jp/~ayame/weblog/logwing.cgi?article=pc/1155709831

PocketMaple(製品版)
http://shop.vector.co.jp/service/catalogue/sr087126/
 アプリ+【広域図】が1,890円(税込)
 東北地図データ【中域図・詳細図】が1,050円(税込)

インストール後に、esに対応したSuper Mapple Digital Ver.7 サービスパック1を入手し、実行します。
http://www.mapple.net/smd/support/v7support/SP1_3/smd7SP1_3.html
 W-ZERO3[es]には、母艦機の「スタート」「プログラム」から「Pocket Mapple Digital インストール」からインストールし、地図データはSuper Mapple Digital Ver.7を実行し、「ファイル」「Pocket Mapple Digital 地図出力」で必要な市町村を選択し、ActiveSyncで接続した状態で、W-ZERO3[es]のminiSDカードに転送します。
(合計でも2,940円(税込)です、ダウンロード版ですから、送料も掛かりません。実に割安な製品版の地図ソフトとデータです)

マップルを起動しGPS設定
20061112062605  USBホストケーブル経由でGlobalsat BU-353を接続します。

 「GPS位置取得」を選択します。20061112062646    

 NMEA WGS-84、COM2にセットして実行ボタンを選択します。

20061112062728  「ベクトル地図切り換え」を選択します。

 

 

 

20061112062805  現在位置が表示されます。地図の大きさは右のバーで任意に変えられます。

Imgp4142電源対策
 USBの場合はW-ZERO3[es]本体からGPSに電力供給が必要なので、バッテリーの減りが早くなります。

 単三アルカリ電池4本を使って充電できる、バッテリパック(【Brighton】 EMERGENCY BATTERY for W-ZERO3(BM-WZBT 2,480円)が便利です。本体40gですし、電池は4本で約100gです。百円均一で105円ですし、コンビにでも手に入るので、いざと言う時の補充も比較的安心です。AC電源接続中として認識されます。

  USBホストケーブルは、短い方が良いので、アイ・オー・データー製では無く、安価なENJOY「P楽PC・AV別館」楽天市場店のミニUSBケーブル  2.0対応Mini-A(オス)⇔Type-A(メス)(4950190544579)価格  769(円) x 1(個) = 769(円)   を使っています。

 見事に自分の位置が記録され、移動した経路も記録できます。サイクリングの走行記録にも使えそうです。ナビゲーターとしては使えないものの、GPSシステムとしては、実用レベルです。

 PHSの基地局から現在位置を推定する「ちず丸」等と比較すると、さすがに、まるで月とすっぽんの位置精度です。

| | コメント (0)

2006年11月11日 (土)

速度測定

「モバログ!PDA」 さんの

W-ZERO3[es]での回線速度調査 
http://diary.jp.aol.com/sawh6kenkd/

を参考に、試して見ました。
AIR-EDGE 4x(128kbps)です。

BNR スピードテスト 回線速度計測ページ(画像読込み版)
http://www.musen-lan.com/speed/speed-img.html

20061111132216 20061111131514

 モバログさんよりは、やや早いようですが、128kbpsでも実効速度はこんなものなのでしょうね。

| | コメント (0)

フォント

20061110223022 20061110222649_1  W-ZERO3[es]のブンコビュアーで古い文体の小説などを読む場合に、ゴシック書体では、どうもしっくりしません。

 miniSDメモリカードを2GBにして余裕が出来たので、試しに行書体(約6MB)を入れて見ました。何と無く雰囲気が出ていますよね。

Font On Storage を使うと、miniSDメモリカードに入れたフォントを使う事ができます。私はminiSDにFontsという名のフォルダーを作成し、追加フォントをまとめて入れています。(復元の時にも簡単です)

http://www.geocities.co.jp/SiliconValley-Cupertino/2039/

 なお、母艦機(WindowsXP等)のWindowsフォルダーにあるFontsフォルダーの中のttfファイルなら、隷書体でも丸文字でも、お好みでminiSDメモリカードにコピーするだけです。(著作権には注意が必要のようですが・・・)

 「ポケットの手」などを使うと、システムフォントとしても使用できるようです。

| | コメント (0)

2006年11月10日 (金)

転ばぬ先の杖

20061110161139  今回のW-ZERO3[es]のトラブル(バックアップファイルからの復元が出来ない)で、感じたのは、やはり万が一に備えて、二重三重のバックアップが不可欠と言う事です。

 それと、動作が不安定になってきた場合には、バックアップツールによる単純な復元では無く、初期化からの復元も必要だと言う事です。

 そのため、私は、miniSDに「Backup」ホルダーを作成して、その中に、W-ZERO3[es]デバイス本体へ戻すための次のファイルを、予めes本体からコピー・貼り付けして保存しています。

1.My Documentsホルダー(es本体のルートに有る)

2.Program Filesホルダー(es本体のルートに有る)

3.Windows(このホルダーに保存しておいたファイルをesのWindowsホルダーに移す為の仮のホルダーです。)

 ここには、自分でインストールした、実行ライブラリdllファイルや、コントロールパネル用のcplファイル、日本語化用のmuiファイル等を入れて置きます。

4.お気に入り・ホルダー(es本体のWindowsホルダーの中に有る)

5.スタートメニュー・ホルダー(es本体のWindowsホルダーの中に有る)

6.スタートアップ・ホルダー(es本体のWindowsホルダーの中に有る)

7.pim.vol・ファイル(es本体のルートに有る) Outlook関係のファイルです。常に最新のものをコピー・貼付けして置きます。復元する場合には、本体に自動的に作られるファイルはそのままでは削除できないので、切り取り・貼付けでTEMPホルダーなどに一度移動してから、バックアップして置いたファイルを貼り付けし、その後にTEMPホルダーに移動したファイルを削除します。

 これらも含め、miniSDカードのファイルを全て、念のため母艦機に保存しています。

 結局、新にCABファイルからのインストールが必要だったのは、Today関係や、レジストリの書き換えが必要な、次のものだけです。これなら初期化からの復元も実に簡単なのです。なお、これらのCABファイルも他のインストール済みのアプリケーションのCABファイルも含めてminiSDのProgramSoce・ホルダーに保存して有ります。

1.File Explore Extension

2.Magic Button

3.JB Piano

4.KTCapt

5.MangaMeeyaCE

6.Device Status on Today

7.calender for pocket

8.StockPrice

9.pRSSreader

| | コメント (0)

2006年11月 8日 (水)

やっと復帰

 W-ZERO3[es]からGSPlayerを削除して、勝手にWebに接続する現象も無くなり、実に快適な状況になったと思ったら、突然に、次のような現象が発生してしまいました。

 新しいアプリケーションをインストールする前に、バックアップしようとしたら「バックアップの作成に失敗しました・・・(エラーコード65536)」が出て、フルリセットまでして何度かリトライしましたが同じです。

 新しいminiSDメモリが悪いのかと、以前から使っていた何も入っていないminiSDメモリに差し換えて再度試して見ましたが同様です。
 メモリはストレージの空が39MB、プログラム用も23MBは空いています。バックアップファイルの大きさは22MB程度です。

 その後、完全消去(フォーマット)し、保存して有ったバックアップファイルから復元しようとしたのですが、何と、今度は復元直後にフリーズしてしまい使えません。
 保存して有った幾つかのバックアップファイルでも同様です。唯一可能だったのは、全データだけの復元です。

 結局、言わば初期状態から手動で復元しなければならなくなりました。幸い、データやアプリケーションプログラムやCABファイルは、ほとんど全て、minSDメモリカード等に保存してあったので、時間を掛ければ何とかなりそうです。

 それにしても、バックアップファイルから復元出来ないと言うのは困ります。そう言えばWZEROUPファイルがどうのこうのと言うエラーメッセージが出ていました。
 先日、2回目のアップデートをしていたので、ひょっとするとこれが原因なのかと、念のため再度アップデートしようとしたのですが「アップデート済み」と言う事で出来ません。

20061108125513  その後、3日掛かりで復元作業を続けやっと今、気に入った状態にできました。単に以前の状態に戻したのではなく、余り必要の無い項目はToday画面から削除し、かなりシンプルになりました。

 以前が購入以来の色々試行錯誤で組み込んだり削除したりを繰り返してゴミが多かったためか、インストールしているアプリケーションはほとんど変わらないのに、メモリやプログラム領域の空がかなり増えました。

 また、これまでの不具合も全て解消し、GPSも使えるようになりました。万歳!!

結果良ければ全て良しです。

追記: バックアップファイルからの復元が出来なかった原因が判明しました。

 常駐アプリの「W-ZERO3 Utility Plus」をminiSDメモリカードにインストールしていたのが原因のようです。本体(デバイス)側にインストールし直しましたら、復元出来ました。

 なお、復元できる環境は、バックアップ時点での本体(デバイス)側の環境の全てです。(日時まで・・・)

 やはりスタートアップにショートカットを置いたりしている全ての常駐ソフトは、デバイス側にインストールしたり、実行ファイルを置いたりすべきです。

 恐らく、miniSDを呼び出すのに本体メモリに比較すると時間が掛かり、ハングアップしてしまうのでしょう。

| | コメント (2)

2006年11月 5日 (日)

電源周り

Imgp4125_3  W-ZERO3[es]の改良点として、「大きく重くなっても、バッテリーの持ちを良く」と言う意見が有ります。しかし、私としては大反対!!です。

 何故なら、esは常時携帯するものですから、本体は出来るだけ小型軽量の方が有り難いのです。私の場合は、通常の使い方をしていると、2日位は充分に持ちます。バッテリーは工夫次第で色々対応が可能です。

 節電のための私の設定は、次の通りです。

1.「ユーティリティ」「キー点灯」タブで「常に消灯」・・・暗闇でキー入力する場面がほとんど無いので

2.「電話」「基本」「発着信/通話」タブで「電波状態ランプ」をOFF・・・タイトルバーのアンテナアイコンで確認可能

3.KeyLockSuspenderで、esを使用していない時には、必ずキーロックでサスペンド状態にしています。抜群の節電効果が有ります。(これを使い始めてからは、パワーマネジメントや、バックライトでは、バッテリ使用時のサスペンドまでの時間などは、設定していません)

http://dislife.com/software/#lock2suspend

4.Device Status on Today Plug-in
 バッテリ状態を示す棒グラフをタップし、その場の状況に応じて、バックライトの明るさをこまめに調整しています。

 http://www.willcom-fan.com/wzero3/entries/mobachiki/000149/

 AC電源が使えない状況が予想される日帰りの外出の時には、念のため内蔵バッテリー(EABL13 6,300円)の予備をポケットに入れて行きます。わずか40g程度ですし小さいので、持ち運びは負担になりません。電池交換するとソフトリセットはするものの、フルリセットでは無いので日付等の再設定は不要です。

 カバン等を持って出掛ける時には、単三アルカリ電池4本を使って充電できる、バッテリパック(【Brighton】 EMERGENCY BATTERY for W-ZERO3(BM-WZBT 2,480円)を入れて行きます。本体40gですし、電池は4本で約100gです。百円均一で105円ですし、コンビにでも手に入るので、いざと言う時には安心です。

 私の経験では、2回程度のフル充電が可能ですし、接続すると電圧が残っている間はAC電源接続として認識されます。実は、これまで未だ実用上では内蔵バッテリの交換はした事がありません。何時も、このバッテリパックを利用しています。ソフトリセットにもならず、そのまま使い続けられるので大変便利なのです。AC電源が無い状況でも、電池交換をするだけで言わば永遠にesを使い続けられるのです。

 以前のPDAではダイヤテックのリチウムイオン・バッテリパックを使っていたのですが、わずか1年程度で突然に充電能力が急低下してしまい、結果的に、コストパフォーマンスに疑問を感じました。また、容量が無くなればAC電源に接続しない限り再充電できず不便なのです。このため、改めて購入する気持ちにはなれません。

 基本的に、バッテリメーターが75%以下になってから、自宅の卓上電源ホルダー(CE-DH1 1,980円)、または会社のAC電源アダプターから充電しています。

 

Imgp4126 なお、以前使用していたシャープのリナックスザウルスSL-C700用のAC電源アダプターがesでも流用できます。私は、会社で使用しています。コンセントに一々プラグを着けたり外したりしなくても良いので便利です。但し、100・110V限定なので、海外での240V使用は出来ないでしょう。

| | コメント (0)

2006年11月 3日 (金)

EBPocket

20061103064253  miniSDメモリカードを2GBに換装したので、辞書ファイルも増やす事が出来ました。Web辞書も便利なのですが、W-ZERO3[es]のPHS128kb接続環境では、時間が掛かり過ぎて実用的では有りません。

 EBPocketですと数秒で結果を得る事ができます。ブンコビュアーで解らない言葉が出て来ても、コピー・貼付けで簡単に検索する事もできるのです。

EBPocket

http://www31.ocn.ne.jp/~h_ishida/EBPocket.html

| | コメント (0)

miniSDメモリカード換装

20061103063955  7月末に、W-ZERO3[es]で使うために購入した1GBのminiSDカードの空がほとんど無くなっていたので、楽天から有効期限切れになるポイントのお知らせが来たのを切っ掛けに、2GBを購入し、換装しました。

今回の[商品]
      Transcend miniSDカード 45倍速 2GB
      価格 4571(円) x 1(個) = 4571(円) (税別、送料別)

前回の[商品]
 Kingston SDM/1GBFE (1GB  Mini SD CARD)(SDM/1GBFE)
 価格  2952(円) x 1(個) = 2952(円)   (税別、送料別)

 以前のminiSDから新しいminiSDへのファイルのコピーは、当初は、USBホストケーブルを使ってカードリーダーライター(MCR-C8/U2)で接続して行おうと考えたのですが、何故かKingstonは認識するのに、Transcendは認識しません。

 仕方無く、母艦機のSDメモリスロットに新しいminiSDを入れ、USBケーブルでesと母艦機とを接続し、UsbSelectで「マスストレージ(Mass Storage)」に切り替えて、コピー・貼り付けしましたが、「全て選択」では、フォントや辞書データなど大きなファイルでリセットが掛かってしまい、こうしたフォルダーは個別別にコピー・貼り付けしました。

UsbSelect

http://www.wildtree.jp/~araki/modules/mydownloads/singlefile.php?cid=11&lid=26

 なお、何故かリセットしてもFont On Storageが機能せず、追加フォントが使えない状態だったのですが、Font On Storageを終了・再起動したら認識できました。

Font On Storage

http://www.geocities.co.jp/SiliconValley-Cupertino/2039/

 また、以前、母艦機のSDカードスロットから、Kingstonを認識しなかったのですが、どうやらアダプターが悪かったようです。今回Transcendに付属して来たアダプターで使って見たら、認識しました。

| | コメント (4)

2006年11月 2日 (木)

あれから一週間

最後に、勝手に長時間接続されていたのは10月25日でした。

 その後、原因として考えられるGSPlayerをW-ZERO3[es]からアンインストールしましたが、昨日であれから丁度一週間が経過しましたが、再発していません。やはりGSPlayerが犯人だったようです。

 接続累計時間は2時間13分程度です。これなら月に10時間も利用していない事になります。もう少し、気楽に使っても月25時間のネット25の枠内に収まりそうです。

| | コメント (0)

« 2006年10月 | トップページ | 2006年12月 »