« 常駐ソフトは本体(デバイス)に | トップページ | QRコード »

2006年11月28日 (火)

アプリの終了

 Windows Mobileの仕様として、アプリケーション起動時にW-ZERO3[es]の画面右上に表示される「×」ボタンをタップしても、アプリケーションは終了せず、アプリケーションは裏画面に回り込んだ状態で動作メモリを消費し続けます。
 このため、アプリケーションを続けて起動していると、緩慢な動作が目立ち、いわゆる「もっさり」とした操作感の原因となる他、悪くすると意図しないアプリケーションまで落ちる、動作がおかしくなるなどの問題が起きる原因にもなるようです。

 私のW-ZERO3[es]では、これを防ぐために「Magic Button」をインストールし、「×」ボタンのタップでアプリケーションを終了できるようにしています。

Magic Button
http://www.willcom-fan.com/wzero3/entries/mobachiki/000112/

 但しMagic Buttonではスタイラスなどを使用した画面のタップが不可欠で、キー操作だけでは終了できません。このため、古いタイプのPocketPCアプリケーションの終了操作等のために、「MenuKeyHelper」をインストールしています。画面の下に表示されるメニューバーから「ファイル」「終了」等が左右のソフトキーとカーソルキーで操作出来るようになります。

MenuKeyHelper
http://www.willcom-fan.com/wzero3/entries/mobachiki/000113/

 しかし、ファイルエクスプローラや、連絡先等はメニューバー等のキー操作だけでの終了が出来ません。多少手間は掛かりますが、キー操作だけで起動中のアプリケーションを終了できる「SmallMenuPlus」を最近インストールしました。(900円程度のシェアレジも済ませました)

20061129065440 20061129065509  「スタート」キーを「W-ZERO3 Utility Plus」等で「SmallMenuPlus」に割り振る事も出来るのですが、「スタート」メニューは結構使いやすいので残し、スタートメニューのTodayの直ぐ下に表示されるように「_SmallMenu」と言う名前のショートカットを置いています。
 SmallMenuPlusは、やや起動に時間が掛かるのが難点ですが、キー操作だけで終了させたり、表示アプリを切り替えたり出来るので、なかなか便利です。

SmallMenuPlus
http://www.willcom-fan.com/wzero3/entries/kzou/000065/

 なお、アプリケーション・ソフトをその都度終了させていても、Device Status on Todayで表示されるプログラムの使用率は次第に増えて行きます。私の場合は、70%程度になればDevice Status on Todayの「システム」から「デバイスのリセット」をしています。

|

« 常駐ソフトは本体(デバイス)に | トップページ | QRコード »

デジタルカメラ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 常駐ソフトは本体(デバイス)に | トップページ | QRコード »