« 最新Today画面 | トップページ | YTaskMgr »

2006年12月 1日 (金)

バージョン1.50aアップデート

 昨日の11月30日午後1時頃にシャープのページを覗いたら、本体バージョン1.50aアップデートの提供が開始されて居ました。

 早速、母艦機のパソコンでアップデートファイルをダウンロードして保存し、W-ZERO3[es]のminiSDを抜いて、アダプター経由で母艦機のSDスロットに差し込み、ファイルをコピー・貼付けしました。

 常駐アプリケーションやToday関係を除いて、追加アプリケーションやフォントは、なるべくminiSDにインストールしていますので、esの本体メモリは40MB以上の空が有り、必要最小限の23MBは余裕で確保できているので、先ずはバックアップを行ってから、アップデートの作業に入りました。

 30分ほどで無事にアップデートが完了したので、また念のためバックアップを行いました。(Windowsフォルダの中のDispVersionをコピーして、Programフォルダ等にショートカットを貼り付けて置くと、バージョンの確認に便利です)

 Today画面で変わったのは、ボリュームアイコンです。以前はマナーモードに設定していても、スピーカーマークでしたが、正しくバイブ表示されるようになりました。

1.「ホームメニュー」

 試しに使って見たのですが、スタートメニューやSmallMenuPlusそれにTrayLunch
を組み合わせた現在の方式のほうがむしろ便利なのです。何よりも困るのが、カーソルの上下キーが使え無くなる事です。これでは、Today画面に表示されているアプリケーションが、キー操作だけでは起動出来無くなります。

 という事で、「スタート」「設定」「個人用」「Today」「ホームメニュー」で、<パターン2>を選択し、アクションキーからのホームメニュー起動を出来無くしました。なお、「スタート」「プログラム」「ゲーム他(私が独自に作成したフォルダー)」からは起動可能にしています。(でも、ほとんど使わないでしょう)

2.「名刺リーダ」

 試しに使って見ましたが、

(1)当社の名刺は会社名に独自ロゴを使っているため、読み取り出来ません。

(2)また、何枚か試して見ましたが、確かに読み取り精度は予想以上ですが、それでも一字の間違いも無く完全に読み取れたのは1割程度でした。項目相違や余分なデータを含め「連絡先」で、かなりの修正が必要になりそうです。

(3)読み取ったデータは「連絡先」にのみエクスポート可能なのですが、esの「連絡先」には分類機能が無く、名刺から作成する会社用データと、これまで使ってきた主に個人用データとを区別して表示する事が出来ず、交じり合って表示されるのは困ります。

(4)名刺撮影の際に、大きなシャッター音がするのは、オフィスでの作業としては、困ります。

(5)「名刺リーダ」から「連絡先」への登録だけの機能で、年賀状等の葉書や、文書等から「連絡先」や「テキストファイル」にエクスポートする事は実質的には出来ません。

(6)名刺リーダ専用機能だけなのに、5千円以上のライセンス料と言うのは、私には高過ぎるように感じます。

 という事で、esを主に私的な目的で利用している私としては、「名刺リーダ」はライセンス購入しない事にしました。

 「連絡先」のような氏名中心の個人向けデータベースでは無く、会社名中心の「取引先」といった企業向けのデータベース(売上高とか訪問日とかの項目も追加できるもの)を別に提供できれば、それなりに役に立つアプリケーションになるのかもしれません。

3.W-ZERO3メール

 私はnPOPだけで、W-ZERO3メールは使って居ないので解りません。

|

« 最新Today画面 | トップページ | YTaskMgr »

デジタルカメラ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/106979/12891958

この記事へのトラックバック一覧です: バージョン1.50aアップデート:

« 最新Today画面 | トップページ | YTaskMgr »