« 新規インストールとバージョンアップ | トップページ | スピーカー切り替え »

2007年1月19日 (金)

テキストエディター比較

 フリーのエディターを色々試用してみたのですが、結局、気に行ったものが見つかりませんでした。

1.フリーソフト「〇号テキストエディタ」
http://www.fermes-soft.com/zhe_download.htm
  かなり大きなサイズのファイルも開けますが、大き過ぎてハングアップする事がありました。
  読み込みや起動等の動作がかなり遅いのです。
  マクロが使えたり多機能なので、サブのエディターとして、引き続き使用する予定です。

2.フリーソフト「UK Editor」
http://homepage3.nifty.com/UK-taniyama/tools/UKEditor.html
  大きなサイズのファイルが開けず、未だ開発途上のβ版で、完成度がやや低く、重要なファイルを壊したり無くしたりする不安があります。残念ながら削除しました。

3.フリーソフト「JUsquid」
http://aimakidechi.hp.infoseek.co.jp/jasjar/0070_create_apps/JUsquid.html
  VGA対応ですし、良さそうだと思ったのですが、ファイルの最大サイズは524288文字との事なのに、これを越えてもエラーメッセージが出ないので、知らずに保存してしまい、後ろの部分を消してしまうという致命的な欠陥が有ります。念のため削除しました。

◎シェアウエア「ポケットエディターPE for PocketPC」 v1.41
http://homepage2.nifty.com/naohashimoto/hanamaru_004.htm

20070119200036_1  この「ポケットエディター」は、
(1)メモリの許す限り大きなサイズのファイルでも読み込み可能
(2)動作がきびきびとして早い
 という事で、最終的に、このエディターを使う事に決めて、シェア(1,680円)しました。
 (04/03/13)に提供されたQVGAのポケットPC用なので、フリーソフト「ForceHires」でVGA化して使用しています。

ForceHires
http://www.geocities.co.jp/SiliconValley-Cupertino/2039/

|

« 新規インストールとバージョンアップ | トップページ | スピーカー切り替え »

デジタルカメラ」カテゴリの記事

コメント

 CEマシンでエディタだとまっさきにPWZが思い浮かびます。
 かなり高価ではありますが、テキストをベースにした統合環境ができあがりますからネェ…
 販売元からもZERO3シリーズに対応したWZ Mobileが出てますが、もし製品版のPWZ3をお持ちであれば、でじやまさんが発表されたWM5対応パッチを当てるのがお勧めです。

http://www.digiyama.com/zero3es/pwz.html

 私のrx1950でWZのアイコンが出現したのは感動的ですらありました(笑)

投稿: こた | 2007年1月21日 (日) 11時28分

こたさん、コメント有り難う御座います。

 実は私も、DOS時代の、VZエディターからのユーザーです。

 シグマリオンⅡ(MIPS)でもWZを利用していたので、旧バージョンのCDを探したのですが、どうやらダウンロード版だったらしく、ファイルが残っていませんし恐らくはARMでは有りません。

 それと、結構、メモリを食い過ぎるので、余り利用しなかった記憶があります。

 新しいバージョンのインストールも検討はしてみたのですが、タブエディタという名前ですから、どうもアウトラインプロセッサー・タイプらしいし、あくまで統合型アプリの一部としての位置づけのようなので除外しました。

投稿: 孔来座亜 | 2007年1月21日 (日) 15時51分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/106979/13573971

この記事へのトラックバック一覧です: テキストエディター比較:

« 新規インストールとバージョンアップ | トップページ | スピーカー切り替え »