« 留守番電話の留守番サービス | トップページ | 新規インストールとバージョンアップ »

2007年1月16日 (火)

SIP

SIP(Software Input Panel)ソフトウエアキーボード

 W-ZERO3[es]で、日本語入力をするには、縦型の場合はダイヤルキーから入力できるのは「ひらがな」ですから、既定値を「ひらがな/カタカナ」に、横型の場合にはキーボードから入力できるのは「ローマ字」ですから、既定値を「ローマ字/かな」にできると便利です。

フリーソフト「W-ZERO3 UtilityPlus」を使うと、それが可能になります。

1.「Menu」「バージョン情報」でアドバンスドモードの||部分にチェックを入れ、アドバンスドモードを使えるようにする。
20070116124110 2.「Menu」「アドバンスド」「SIPの設定」でSIPの自動切り替えを行うの||部分にチェックを入れる。(これを忘れると機能しない)
横画面時:「ローマ字/かな」 自動表示ONはチェック無し
縦画面時:「ひらがな/カタカナ」 自動表示ONはチェック無し

 で「OK」、「隠して常駐」です。これで随分便利になりました。

 なお、ソフトウエアキーボードを表示したい場合には、画面最下部のメニューバーの「あ」等の文字部分をタップすると、起動します。再タップでまた消えます。

W-ZERO3 UtilityPlus
http://www.mcf.cn/~wzero3/wiki.cgi?page=%A5%D5%A5%EA%A1%BC%A5%BD%A5%D5%A5%C8%A1%A7W%2DZERO3+UtilityPlus

 なお、ATOKの推測変換はどうも好きになれないので、縦型でもMS-IMEで日本語入力の出来るimekeysetをインストールしています。
 (ただ、時々機能しなくなる事があるのですが何故でしょう)

imekeyset
http://hp.vector.co.jp/authors/VA004474/wince/wince.html

 MS-IME辞書に単語を簡単に登録できるDicUtilityもインストールしています。

DicUtility/DicUtilityAdd
http://homepage2.nifty.com/naohashimoto/hanamaru_005.htm

|

« 留守番電話の留守番サービス | トップページ | 新規インストールとバージョンアップ »

デジタルカメラ」カテゴリの記事

コメント

>縦型の場合はダイヤルキーから入力できるのは「ひらがな」ですから、既定値を「ひらがな/カタカナ」に、横型の場合にはキーボードから入力できるのは「ローマ字」ですから、既定値を「ローマ字/かな」にできると便利です。

仰られいる意味が良くわからないのですが・・・。

ダイヤルキーから入力できると、どうしてソフトウェアキーが「ひらがな」(「ひらがな/カタカナ」ですよね?)だと便利なのでしょう?
キーボード入力はローマ字ですけど、どうしてソフトウェアキーが「ローマ字/かな」便利なのでしょう?

ごめんなさい。頭の悪い私に、良くわかるように説明してください。

別にソフトウェアキーをダイアルキーで操作できるわけでもないし、
縦で「ローマ字/かな」でも問題なくかな入力できますし、
横で「ひらがな/カタカナ」でも問題なくローマ字入力できますし、

何でしょうねぇ・・・。

投稿: esさん | 2007年1月18日 (木) 16時57分

esさん 初めまして、コメント有り難う御座います。

 私の表現が適切ではなかったようです。
 確かに、縦型でダイヤルキーを使う場合にはSIPは関係有りませんね。

 縦型の場合、私はソフトキーボードを使う場合が多いのですが、スタートメニュー「設定」「入力」の「入力方法」タブで「ひらがな/カタカナ」に指定しても、何故か自動的に「ローマ字/かな」に戻ってしまうのです。

 これを、W-ZERO3 UtilityPlusで、縦画面時:「ひらがな/カタカナ」に指定すると、指定どおりに機能してくれるのです。

 横型では、ソフトキーボードは使わないので、指定どおりローマ字/かな」をQWERTYキーボードで使っています。

投稿: 孔来座亜 | 2007年1月18日 (木) 21時38分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/106979/13515509

この記事へのトラックバック一覧です: SIP:

« 留守番電話の留守番サービス | トップページ | 新規インストールとバージョンアップ »