« ワンセグTV・ラジオ『XDV-100』 | トップページ | 辞書圧縮 »

2007年3月18日 (日)

史上の人達

◎[新規]フリーウエア「史上の人達 」Ver1.1 (2007年03月16日){miniSDカード}
日本史の主な事件と、その時代に生きた人物の年齢を一覧で表示
http://manganji.seesaa.net/article/36081904.html

 面白いアプリケーションです。
 その時代の、人的背景などが現実感を持って理解できます。
 データはcsv形式ですから、自分で追加や修正も可能です。
 歴史好きの方には、お勧めのソフトです。

○[新規]フリーウエア「Runtimes for NS Basic/CE」7.0{W-ZERO3[es]本体}
http://www.nsbasic.com/ce/support/downloads.html
RuntimeFat.ppc.exe「史上の人達 」を動かすのに不可欠です。miniSDカードにもインストールできましたが、186.50KB程度ですから、念のために本体にしました。

◎[更新]シェアウエア(1050円税込み)「TCARD WindowsCE」v1.05 (2007.03.12)
軽なデータベース
http://www.dicre.com/soft/tcardce.html
「バグ修正」

◎フリーウエア「TODAY用大型歴史データ」
3万件の歴史データをTODAY用に変換したデータ
http://www.vector.co.jp/soft/dos/personal/se013399.html

1.HIST01~12.TBL
(1)1月~12月の大型歴史データファイル「HIST**.TBL」を順番にエディターで読み込み、「コピー」「貼付け」で連結し、空白行や、行頭に#等が付いた表題や月別の区切り行等を削除する。

(2)文字の置き換え機能で「,(半角カンマ)」を「空白(半角スペース)」に置き換え、ファイル名を「HISTORY.txt」に名前を変えて保存する。(歴史データ内にカンマが多く使われており、csvに保存してからだと修正が大変なので事前にカンマを無くする)

(3)文字の置き換え機能で「 (半角スペース)b(半角スペース)」と「 (半角スペース)e(半角スペース)」を「,(カンマ)」に置き換え、「HISTORY.txt」を「HISTORY.csv」に名前を変更して保存する。

2.HISTORY.txt
(1)Excelを起動し、新規シート「Book1」を開く。

(2)エディターで「HISTORY.txt」を読み込み。「すべて選択」、「コピー」。

(3)エクセルの新規シート「Book1」に貼付ける。1列だけの表が表示される。

(4)先頭列で、列を挿入する。年月日を取り出すために、文字列関数「=LEFT(B1,10)」を指定し、全てのデータ行にコピーする。

3.HISTORY.csv
(1)Excelから「HISTORY.csv」を開く。

(2)先頭列(歴史年月日)で、列を挿入する。今年度の月日に変更するために、文字列関数「="2007" & RIGHT(B1,6)」を指定し、全てのデータ行にコピーする。

(3)2列目(歴史年月日)で、列を挿入する。歴史年を取り出すために、文字列関数「=LEFT(C1,4)&"年"」を指定し、全てのデータ行にコピーする。

(4)3列目(歴史年月日)で、列を挿入する。何年前かを計算するために、文字列関数「=(2007-LEFT(C1,4)) & "年前"」を指定し、全てのデータ行にコピーする。

(5)第1列目の「今年の年月日」を「編集」「コピー」し「編集」「形式を選択して貼り付け」で「貼り付け」を「値」とし、「演算」を「しない」として、文字データとして貼り付ける。

(6)第2列目の「歴史の発生年」を「編集」「コピー」し「編集」「形式を選択して貼り付け」で「貼り付け」を「値」とし、「演算」を「しない」として、文字データとして貼り付ける。

(7)第3列目の「何年前」を「編集」「コピー」し「編集」「形式を選択して貼り付け」で「貼り付け」を「値」とし、「演算」を「しない」として、文字データとして貼り付ける。

(8)先頭行に、行を挿入し、それぞれの項目名を入力する。

(9)「HISTORY.csv」のまま、上書き保存する。

 このファイルは3MB以上有りますので、大き過ぎて読み込むのに時間が掛かります。残念ながらToday表示向きでは有りません。

|

« ワンセグTV・ラジオ『XDV-100』 | トップページ | 辞書圧縮 »

デジタルカメラ」カテゴリの記事

コメント

「史上の人達」紹介いただきありがとうございます。ランタイムで本体の貴重なスペースを欠いてもらった分を埋め合わせるつもりで、今後もNSBアプリを開発して行きたいと思います。

投稿: 万願寺 | 2007年3月18日 (日) 22時02分

万願寺 様、早速のコメント有り難う御座います。

 私は、シグマリオンⅡ用に、郵送料のみで無料配付されている eMbedded Visual Tools3.0日本語版付属のMicrosoft eMbedded Visual Basic 3.0(eMVB) を使っていましたが、ランタイム版は良く解りません。汗

 W-ZERO3[es]用に、Visual Studio 2005を購入したものの、グラフィック処理が、以前とは大幅に変更になっており、先に進みません。何とか、暇を見つけて乗り越えたいと思います。

投稿: 孔来座亜 | 2007年3月19日 (月) 09時07分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/106979/14299006

この記事へのトラックバック一覧です: 史上の人達:

« ワンセグTV・ラジオ『XDV-100』 | トップページ | 辞書圧縮 »