« 現在の状況(詳細7) | トップページ | 日々更新 »

2007年5月22日 (火)

片手文化

Newzero3_2  次期種「x-w」がどんな機種になるのか話題になっていますが、W-ZERO3初代機と[es]機とでは、同じ「スマートフォン」でも、初代はフルキーボードを備えたPDAに通話機能が付加された形ですし、[es]はテンキーを備えた携帯型電話機にPDA機能が付加された形だと思います。(追記:次期種「x-w」のプレゼン写真には、薄っすらとテンキーが見えます)

 つまり、小さな市場のPDAユーザーの大部分に熱狂的に迎えられたのが初代であり、大きな市場の携帯型電話機ユーザーのごく一部分と携帯型電話機能を重視するPDAユーザーに支持されたのが[es]ではなかったでしょうか。

 こうした意味からは、初代と[es]との機能的な面での最大の違いは、「片手操作」が可能かどうかだと思います。
 携帯型電話機ユーザーは、ほとんどの操作を片手で行うことが習慣になっています。両手を使うことには違和感があるでしょうし、実際、電車内等の狭い場所や、立ったままの状態での「片手操作」は、実に便利です。熟年世代までを含む多くの人達が、電子メールを利用する今の社会では、「片手文化」が、広く根付いているように見えます。
 
 従って、通信キャリアとしての次機種「x-w」は、多くのユーザーの獲得が期待できる片手操作が可能な[es]型になるのは明らかだと思います。私自身、ローマ字入力が嫌いなため、フルキーボードはほとんど使わなくなってしまいました。

 それにしても、実は[es]も片手操作には、かなり不自由な面が未だ多く残っています。それをカバーしてくれているのが、多くのツール類です。

◎フリーウエア「imekeyset5」v1.21 ( 2006/08/12 )
テンキーとカーソルキーだけで漢字変換できるようになります
http://hp.vector.co.jp/authors/VA004474/wince/wince.html

◎フリーウエア「W-ZERO3 Utility Plus」v2006.02.20
縦型での長押キーの設定ができます。
http://www.mcf.cn/~wzero3/wiki.cgi?page=%A5%D5%A5%EA%A1%BC%A5%BD%A5%D5%A5%C8%A1%A7W-ZERO3+UtilityPlus

◎フリーウエア「MultiKeyHook」 (2006年12月7日)
キー操作する常駐ソフトの複数利用を可能にするツール
http://geocities.yahoo.co.jp/gl/hou_ming_2/view/20061207/1165503439

○フリーウエア「MenuKeyHelper」V2.00(2007/02/01)
Altキーライクにメニューバーをキー操作するためのツール(旧バージョンのメニューを操作できます)
http://www.geocities.jp/hou_ming_2/

○フリーウエア「ZERO3Action」V1.01(2006/03/04)
アクションキー(センターボタン)の動作を他社機相当にするツール
http://www.geocities.jp/hou_ming_2/

◎フリーウエア「YTaskMgr」version 1.23
「方向キーと決定キー、ソフトキーだけで使える、Windows Mobile 5.0 用タスクマネージャ&ランチャ」
http://www31.ocn.ne.jp/~yoshio2/ytaskmgr-1.html

○フリーウエア「KeyInputEmulator」Ver. 0.20
縦型での「コピー」「貼り付け」の操作ができます。
http://www.willcom-fan.com/wzero3/entries/memn0ck/000293/

◎フリーソフト「TMEdit」
メニューバーの左右のソフトキーの表示及び起動アプリケーションを変更できます。
http://www.geocities.jp/wzero3_soft/tme.html

◎フリーウエア「KeyLockSuspender」beta1
ロックと同時に画面を消したりサスペンドしたりすることができるようにするツール
http://dislife.com/software/#lock2suspend

◎シェアウエア($7.70)「SmallMenuPlus」3.19 (2006.1.30)
階層型メニューをベースとしたランチャ兼タスクマネージャ
http://tillanosoft.com/ce/smenuj.html

◎フリーウエア「片手間電卓oneHandCalc」v0.3.1('07/03/12)
ダイアルキーを使い片手で全ての操作ができる関数電卓
http://youma-diary.bblog.jp/entry/345337/

その他、片手操作可能なアプリケーションが多数提供されています。

|

« 現在の状況(詳細7) | トップページ | 日々更新 »

デジタルカメラ」カテゴリの記事

コメント

 これだけ豊富なアプリケーションが揃えば、確かにキーボード使う必要はなさそうですネ。
 ワタシはモックでしかさわったコトないんですが、あのボタン式キーボードはどうもダメです。リナザウ程度のクリック感とストロークがあればいいんですけどネ。
 あ~ auからスマートフォンでないかなぁ… Xシリーズでしたらパスですが(笑)

投稿: こた | 2007年5月23日 (水) 12時49分

こたさん コメント有難う御座います。

 フルキーボードは、メールなどの長文入力の場合に使うだけです。普段は、実はテンキーでの片手入力ではなく(^^;、ソフトキーボードのかな入力なのです。(50音順配列は嫌なのですが・・・)

 かな入力が出来るフルキーボードなら、初代タイプでも是非欲しいと思います。

 キーボードには、それぞれユーザーの思い入れや、好みがあるようですね。

投稿: 孔来座亜(analyzer) | 2007年5月23日 (水) 19時13分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/106979/15166998

この記事へのトラックバック一覧です: 片手文化:

« 現在の状況(詳細7) | トップページ | 日々更新 »