« Handmark Pocket Express | トップページ | RX410IN »

2007年6月 4日 (月)

miniSDのトラブル回復

 2GBのminiSDメモリカードに、400MB程度の動画ファイルを保存し、映画鑑賞をしています。昨日、「夕陽のガンマン」を削除して「レマゲン鉄橋」を書き込んだ後で、再生不能になりました。

  「レマゲン鉄橋」の動画ファイルを削除したのですが、空き容量が100MB程度しか増えません。

 アダプター経由で母艦機のSDカードスロットにminiSDメモリカードを差し込んで、「プロパティ」「ツール」から「エラーチェック」タブの「チェックする」ボタンをクリックして「ディスクのチェックSystem」が開いてから「チェックディスクのオプション」で、2つのオプションにチェックを入れて「開始」しました。

 終了後、miniSDの中を確認したら、「Files(?)」と言う名の隠しフォルダーが出来ていました。やはり不良なファイルが有ったようです。これを、フォルダーごと削除しましたら、空き容量が400MB以上増えました。

 念のため、デフラグもしてから、再度、「レマゲン鉄橋」の動画ファイルをminiSDメモリカードにコピーしました。なお、母艦機にminiSDメモリ内容を丸ごとバックアップしていたものから、miniSDに存在していないファイルと、日付の新しいファイルとを上書きし、以前の状態に復元出来ました。

 なお、動画ファイルも無事、再生できるようになりました。

|

« Handmark Pocket Express | トップページ | RX410IN »

デジタルカメラ」カテゴリの記事

コメント

そういう時はフォーマットでいいですよ。書き込む機器のほうでフォーマット。(中のデータが消えていい時だけです)

投稿: A | 2008年9月19日 (金) 23時06分

Aさんコメント有難う御座います。

 確かに、フォーマットが安心ですね。

 古い話なので、この時の詳しい状況は、忘れてしまいましたが、プログラムやバックアップファイルなどが、入っていたのだと思います。

 一度、母艦機に保存したいファイルを退避して置いて、パナソニックから無料で提供されている「SDFormatter」等を使ってフォーマットし、その後にファイルを戻すと安心ですね。

投稿: 孔来座亜(analyzer) | 2008年9月20日 (土) 07時02分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/106979/15309590

この記事へのトラックバック一覧です: miniSDのトラブル回復:

« Handmark Pocket Express | トップページ | RX410IN »