« アドエスへの環境移行 | トップページ | 日々更新 »

2007年7月17日 (火)

接続切断

 私は「AutoConnect」をインストール済みで、自動切断の無通信時間を2分に設定しています。

◎フリーウエア「AutoConnect」Ver.3.12(2007/02/01)
自動ダイヤルアップ機能がないソフトに自動ダイヤルアップ機能を追加するツールhttp://www.geocities.jp/hou_ming_2/

 ところが、自動切断されず、数時間接続されたままになる事が、時々ありました。
 私の料金プランは、月に25時間までが無料のネット25ですから、意図しない接続の継続は無駄ですし、場合によっては追加の費用負担が発生します。

 以前は自動接続するアプリが原因だったのですが、そうしたアプリは外してしまったので、最近の原因は良く解らなかったのですが、通信ログを何度も確認しましたら、どうやら接続状態で、「KeyLockSuspender」でサスペンドした場合のようです。私はサスペンドすると、接続も自動で切断してくれると思い込んでいたのです。

◎フリーウエア「KeyLockSuspender」beta1
ロックと同時に画面を消したりサスペンドしたりすることができるようにするツール
http://dislife.com/software/#lock2suspend

 そう言えば、/disconnectのオプションを付けていませんでした。
 その後、実際に何度か試して確認してみたところ、

lock2suspend.exe /suspend /disconnect では、サスペンドするだけで、接続切断されず
lock2suspend.exe /disconnect /suspend ですと、接続切断された後に、サスペンドされるようです。

 サスペンドしてからでは、多分、接続を切断出来ないのですよね。まあ、良く考えると当たり前ですが、こんなちょっとした事で、動作が大きく異なるのです。
 これで安心です。多分・・・

 それにしても、WinCE機は、実に奥が深いですね。

 ちょっと確認してみましたら、本体の「Program Files」フォルダにインストールしているアプリケーションは35個、miniSDの「Program Files」フォルダにインストールしているアプリケーションは95個です。他に本体Windowsフォルダにインストールしているアプリケーションが9個です。何と合計139個です。多くの有用なアプリケーションを提供していただいている方々に深く感謝します。

 常に進化する携帯型個人情報機器、だから何時までも飽きないんですよね。

 それにしても、やはりWinCE機は、使いこなしの難しいマニア向けの情報機器ですね。普通のユーザーは、どんなに高機能な携帯型電話機でも、限られたプレインストールのアプリケーションだけを使うしかないのですからね。だから、せめて自分なりのバリエーションが可能な、着メロとか、待ち受け画面とか、絵文字とか、本体スキンとかに凝るのでしょうね。

|

« アドエスへの環境移行 | トップページ | 日々更新 »

デジタルカメラ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/106979/15785299

この記事へのトラックバック一覧です: 接続切断:

« アドエスへの環境移行 | トップページ | 日々更新 »