« ソフトキー | トップページ | 情報錯綜 »

2007年7月23日 (月)

プログラム画面

20070722082530  最初のプログラム画面です。基本的には旧[es]と同じですが、アドエスになって追加されたものもあり、若干変っています。

 改めて、以前掲載した旧[es]環境での「現在の状況」シリーズと対比しながら、アドエスの環境全体を確認してみました。

 結局、ほとんどそのまま使えているのです。これが、同じWindows Mobile シリーズの強みのだと、つくづくと感じています。

 ただ、時々、予測できないようなキー操作の不具合が突然に起きるのが不可解です。

 そうそう、日本語変換は、IMEですと実に不安定です。ATOKを推測変換無しで使うのが私にはベストです。

 どうも、キー操作と、タップ操作との連携がうまく行っていないようです。要するに両者並存ではなく排他的な感じなのです。特に、SIPの起動やオプションが、画面下の文字アイコンをタップしても、直ぐにはなかなか起動してくれません。これって、何が原因なのでしょう、

◎ChgSuisoku Ver1.07 (2007.7.15)
ATOKの推測変換をON/OFF
http://blog.goo.ne.jp/mypda/e/458240e048039f62f9dc91ff2894d0b7
「常駐させた状態で.Net Compact Frameworkを利用するアプリを起動させると、以後、文字種切り替えバーが表示されなくなり、文字種だけが切り替わるという状態になってしまう不具合を修正。」

追記:ChgSuisoku を起動する以前から、SIPの起動はおかしかったのです。

|

« ソフトキー | トップページ | 情報錯綜 »

デジタルカメラ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/106979/15851772

この記事へのトラックバック一覧です: プログラム画面:

« ソフトキー | トップページ | 情報錯綜 »