« 日々更新 | トップページ | 接続切断 »

2007年7月16日 (月)

アドエスへの環境移行

 19日のアドエス発売まで、いよいよ、あと3日です。
 [es](WS007SH)の環境を、そのまま全てアドエス(WS011SH)に移行したいのですが、[es]のバックアップファイルを、アドエスで利用する事はできませんから、それなりの工夫と準備が必要です。

シャープのサポート/Q&Aを見ると、
http://wssupport.sharp.co.jp/qa/
WS011SHの「データ移行」カテゴリでは

質問『WS003SHやWS004SHやWS007SHに保存しているデータを、WS011SHへ移行する方法を教えてください。』

回答『OSのバージョンや搭載機能の違いのため、バックアップしたデータは、異なる機種へリストア(復元)することができません。お手数ですが、ActiveSync/Windows Mobileデバイスセンターを使って「予定表や連絡先などのデータ」と「パソコンのMicrosoft Outlookのデータ」を同期し、そのパソコンと転送先のW-ZERO3との同期をお願いします。』

 との事です。でもこれは、WS007SH等への質問『W-ZERO3でバックアップしたデータを、異なる機種のW-ZERO3へリストアして使えますか?』に対する回答と全く同じ内容です。恐らくは、現状と同様に[es]のpim.vol等のファイルを、アドエスに貼り付けることで、データ移行は可能だと思われます。

追記:旧[es]のpim.volはどうもアドエスでは使えないようです。予定表などは良いのですが、住所録が読み込めません。やはり母艦機との同期でデータ移行したほうが良さそうです。

1.ActiveSync同期(念のため)
 ほぼ毎日、母艦機と[es]を、Activesyncで同期し、アウトルックの「連絡先」「予定表」「仕事」のデータを母艦機に保存しています。

2.Mobsync同期
◎シェアウエア(税込\840)「MobSync」Ver1.1.5(05-14-2007){WinXP機}
WindowsCEデバイスとPCをフォルダ単位で同期させるものです。PC上で動作します。
http://doosoft.seesaa.net/article/41784926.html

 ほぼ毎日、母艦機と[es]を、Activesyncで同期した時に、同時にMobsyncでも同期し、「家計簿はにー」と「IdeaTree」のファイルを母艦機に保存しています。
 その他、「KTCapt」用の画面キャプチャー・フォルダと、「PhotoToMiniSD」で作成されるPhotoToMiniSDフォルダについては、miniSDから母艦機へ一方向のファイル移動の設定にしています。

◎フリーウエア「KTCapt」Ver1.06 (2006/11/30)KOTETUさん
ビットマップか JPEG でキャプチャを取ることのできる画面キャプチャアプリ
http://d.hatena.ne.jp/KOTETU/00000111/p2

◎フリーウエア「PhotoToMiniSD」Ver0.00 (スーパーβ2版)(2007/5/8)Doldo/ムーンドルドさん
本体「マイピクチャ」のファイルをMiniSDに移動する
http://www.geocities.jp/doldomn/top.html

3.W-ZEROデータ移行ツールW03DataBackup
フリーウエア「W03DataBackup」Ver1.02(2006年12月1日)
データ移行を支援するツール
http://blog.goo.ne.jp/mypda/e/0e753fd64c75e205ed8c00bb05088581

 以前は、全て手動で、[es]本体メモリの保存が必要なファイルやフォルダを、miniSDメモリカードにバックアップしていましたが、便利なツールを提供していただきました。
 今回の[es]からアドエスへの、データ移行にも強力な助っ人になりそうです。

4.手動バックアップ
 CABファイルの実行により、Windowsフォルダに作られる実行ファイル(.exe)や、.dllファイル、コントロールパネル関係の.cplファイル、それにIMEユーザー辞書らしいimjp31u.dicファイルを、miniSDにBackupフォルダを作成して、手動で保存しています。

5.CABファイル
 miniSDには、ProgramSorceフォルダを作成して、現在[es]にインストールしているアプリケーションの全てのCABファイルを保存しています。
 多くのアプリケーションは、[es]本体やminiSDメモリの中のProgram Filesフォルダと「スタートメニュー」フォルダや「スタートアップ」フォルダを丸ごとコピーするだけで、実行可能になります。
 これまでの私の経験では、CABを再度実行しなければならなかったのは「マンガミーヤ」と「JB_Piano」だけでした。

6.miniSD→microSD
 [es]で使用しているminiSDメモリカードは、母艦機の「拡張コピー」で、母艦機のバックアップ用「es_miniSD」フォルダに、常に全く同じ最新の状況で保存しています。

フリーウエア「CopyExt」Ver 3.01.0(2007/04/25)
拡張コピー
http://www.htosh.com/software/freesoft/copyext.html

 なお、miniSDからmicroSDへのデータ移行では、利用できない「CEBACKUP」フォルダは不要なので削除します。
 これで、もう、何時でもアドエスが届いても準備万端です。

|

« 日々更新 | トップページ | 接続切断 »

デジタルカメラ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/106979/15772576

この記事へのトラックバック一覧です: アドエスへの環境移行:

« 日々更新 | トップページ | 接続切断 »