« 携帯形態 | トップページ | 復元不能 »

2007年7月30日 (月)

確実な進化

 アドエスの環境設定がほぼ終わり、かなり使いやすくなりました。旧[es]と比較しての感想です。

1.無線LANの内蔵
 自宅の無線LAN環境で、通信時間を気にせずに、寝床の中からも気軽に快適な速度でWeb接続できるのは大変便利です。(月20万パケット=24MBまで基本料金に含まれるパケコミネットコースを選択した私の場合には、ウイルコム公式ページにアクセスする場合だけ、PHS接続しています)

追記:フルキーボードの「Fnキー」+「okキー」で、無線LANのON/OFFの切り替えが簡単にできるのも便利です。

2.メモリの倍増
 プログラム実行用の本体メモリに余裕があるので動作が安定し、リセット回数が大幅に減少しました。

3.小型軽量化
 私の割と大きい手でも旧[es]は、やや手に余る大きさと重量感がありましたが、アドエスは負担を感じない大きさと重さで使いやすいのです。

4.WindowsMobile6の採用
 OSやアプリケーションのバージョンが新しくなり、PIMファイルの構造やキャッシュ等が変わったためか、オペラやappDiary等、起動が飛躍的に早くなったアプリケーションが多くあります。
 他方で、同じWindowsMobileの旧バージョンとの互換性も、かなり確保されているので、旧[es]でのアプリケーションの豊富さは維持されています。

5.ソフトキーと音量調節キーの省略
 アプリケーションを割り振る事のできるキーの数が減ったのは不便ですが、他方でXcrawlキーでのページスクロールや、ダブルクリックによるアプリケーションの起動等の便利なツールのお陰で、余り不便を感じなくなりました。

6.電源コネクタの形状変更
 従来の一般的な電源コネクタと代わって、小型軽量化のためか独自形状になりました。一般的な丸型と違い、裏表が有るのに解り難く、コネクタを差込むのに、何時も苦労します。

 この使い難さを抜本的に解決する充電台が、28日発売だというので、実は今日、炎天下の中、地元のウイルコムプラザまで足を運んだのですが、未だ入荷していないという事で、無駄足になりました。今週木曜日8月2日に入荷予定との事です。

 なお、外出用に電池パック(追加用)と充電器(追加用)を購入しました。取り敢えずバッテリー切れの心配はほぼ無くなりました。今後、旧[es]と同様にサードパーティから単3アルカリ電池タイプの充電器が提供されたら、鬼に金棒です。

 また、旧[es]とは違い、アドエスの場合には、本体のバッテリ交換時にもリセットされず便利です。時間だけ、再設定するだけです。コスト的な負担は大きいのですが、これはやはり進化でしょう。

追記:同期中だけとは言え、母艦機からUSB給電出来るのも便利です。

7.microSDの採用
 旧[es]のminiSDが流用できないのは残念ですが、確かに半分以下の大きさですし、小型軽量化のためには止むを得ない選択だったと思います。
 それと、最近の急激なメモリ価格の急落で2GBでも最安値3千円台で購入できるのですから、追加費用負担も、許容範囲内だと思います。

|

« 携帯形態 | トップページ | 復元不能 »

デジタルカメラ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/106979/15945647

この記事へのトラックバック一覧です: 確実な進化:

« 携帯形態 | トップページ | 復元不能 »