« サスペンド | トップページ | 五能線の旅 »

2007年10月 5日 (金)

一応問題解決!!

サスペンド状態からの復帰に10~15秒掛かる問題についての当面の結論

 4GBのmicroSDHCカードを2GBのmicrSDカードに差し替えてみたところ、サスペンド状態からの復帰まで、10秒以上の時間が掛かりました。

 試しに、microSDカードを外して、サスペンド状態から復帰してみたところ、ほぼ瞬時に復帰できました。

 なお、4GBのmicroSDHCカードを装着した状態で、サスペンドせずに画面OFFだけにしましたら、瞬時に復帰できました。

 つまり、サスペンド状態から復帰する時に、microSDカードにアクセスするのに時間が掛かるという事のようです。これを、根本的に解決する方法は、未だ見付かっておりません。

 従って、当面は対症療法として、電池の持ちはやや悪いものの、lock2suspend.exeを起動パラメータ無しで常駐させ、キーロックと画面OFFだけに使うのが良さそうです。

 ヽ(^。^)ノ

|

« サスペンド | トップページ | 五能線の旅 »

デジタルカメラ」カテゴリの記事

コメント

今晩は。微力ながら..コメント失礼します。
>サスペンド状態から復帰
やはりそこに行き着きましたか。試行錯誤お疲れ様です。

sdhc.cabは\Windows下にsdmemory.dllとsdbus.dllをインストールする様でしたから試しにProcMemViewerで見てみるのも一案かもしれません。参考までに出荷状態での両dllは固定アドレス(fixed)になってまして、Ad[es]の膨大な空き容量の前では特に悪さをしている様には見受けられませんでした。ただし\Windows下には両dllが見つからず。

とは言え理解を当に超えてます(汗;
SD内ファイルの見直し、フォーマット、安全なSDへの切替などのほうが有効でしょうね。ヾ

私も取説を眺めてみましたが、CPU停止に関する項目は見当たりませんね。Web上にはネット接続中のサスペンドにおける着信などはいくつか記事がありましたが今回はそういう事ではなさそうですし。フォーマット後、サスペンドだけして尚状況が改善しないのなら、正直にサポセンに聴いてみるのもテかもしれません。

投稿: a nomaly | 2007年10月 5日 (金) 21時49分

原因究明お疲れ様です。

MicroSD内のアプリやデータの関係か、アドエスとMicroSDとの相性か、デバイスドライバファイルの破損といったところまで原因がつかめて来たわけですね。
完全解明まで、もう一歩ですね。
頑張ってください!

私の方は、出来る限り常駐アプリは減らす、サービスも停止する方向で少し安定度が増したようです。
ただ、ActiveSync関係でフリーズしてしまうことはあります。

投稿: Akira | 2007年10月 6日 (土) 16時26分

 1泊2日で小旅行をしてきました。五能線周辺でPHSの電波が届かない場所ばかりで、回答が遅くなりました。

a nomaly さん、Akiraさん。同じテーマなので、まとめレスで失礼します。

 サスペンドからの復帰で、microSDカードを挿している場合に10~15秒掛かるという現象の、根本解決はかなり難しそうです。

 サスペンド状態と言うのは、基本的には起動したアプリケーションのほとんどが休止している状態のようですね。

 従って復帰する時には、それらのアプリケーションを再度起動しているのだと思います。

 一応、常駐系ツール等のアプリケーションは、microSDではなく、全て本体デバイスに置いているつもりなのですが、それでも何故かmicroSDを挿している場合と、そうでない場合とでは大きな時間差が生じます。

  なお、画面OFFからの復帰でも、何故か同様の状態になるようです。

投稿: 孔来座亜(analyzer) | 2007年10月 8日 (月) 10時37分

お疲れ様です。

画面OFFからの復帰でも同じ状態になるのは不思議ですね。

私の方でも、サスペンドしていると(電波強度によるのか)、メールの自動受信の失敗がたまに出現してしまいますので、画面OFFのみに切り替えました。オプションは/forceを使用しています。
これで電池の持ちと自動受信が、サスペンド使用時とどれくらい違うのかをしばらく検証してみようと思います。

なお、私の方の環境では、画面OFFからの復帰は一瞬です。

投稿: Akira | 2007年10月 8日 (月) 19時20分

Akira さん

 確かに不思議なのですが、画面OFFでは当初は直ぐに起動するのですが、しばらく使っていると、サスペンドからの復帰と同様に、時間が掛かる事も多いのです。

 画面OFFでは起動中のアプリケーションは休止しないので、即起動のはずなのですが・・・

投稿: 孔来座亜(analyzer) | 2007年10月 8日 (月) 20時15分

う~ん。なんとも..ですね。ひっかかりが残るようですと、なかなかカスタマイズに手がつかないのでは.と案じておりす。

旅行羨ましく.. また記事の方も楽しみにしてますね^^。

投稿: a nomaly | 2007年10月 9日 (火) 01時34分

a nomaly さんコメント有難う御座います。

 ブログを拝見しましたが、随分凝ったカスタマイズですね。私の頭では、ちょっと覚えられなさそうです。

 当面は、今の単純な形で、先ずは使いこなしを目指したいと思います。

 なお、画面OFF状態で、そのまましばらく時間が経過すると、どうやら自動的にサスペンド状態に移行するようですね。

 結局は、サスペンド状態からの復帰を早くする方法を見つけ出さないと、根本解決にはならないようです。

投稿: 孔来座亜(analyzer) | 2007年10月 9日 (火) 08時29分

やっぱり、自動的にサスペンドしてるんですね!

今朝もメール自動着信に失敗し、その後Denwa.exeが終了したままになってました。
denwa.exeは、強制終了したとしても、自動的に起動するはずなんですが、なぜか起動しません。
そのため、発信や着信も一切出来ない状態になっています。
いつも必ずこういう状態になるのであれば、原因検索しやすいんですが、たまに起こるので何が原因か特定しづらいです。

主にメールの自動受信時に失敗してdenwa.exeが終了しているようですので、pocketの手でメール関係の通知バルーンに関する設定を行い、Hidemailwindowを起動させていることが原因ではなかろうかと思いますが、同様の症状の方もあまりいないようですので頭を悩ませています。

それともservice関係とか、Notification関係のエラーなんでしょうか・・・

参考までに現在の常駐アプリを記載しておきます。
WkTask
SortInchKey
lock2suspend /force
filedlgchgs
HideMailWindow(常駐はしない)
Pocket WakeUp日本語版(サービスとして起動)

Todayは
spb Diary
calendar for ポケP

となっています。何か相性の悪いものがあればお教え下さい。

投稿: Akira | 2007年10月 9日 (火) 18時11分

Akiraさん詳しい状況をお知らせ頂き有難う御座います。

 HideMailWindow(常駐はしない)との事ですが、調べてみましたら常駐アプリケーションですよね。Notifooksと併用はされていないのでしょうか。
 旧エスでの使用レポートは有りますが、アドエスでのレポートは見付かりませんでした。ひょっとすると関係が有るのかもしれませんね。

 また、iTsskMgrのCPUはどうですか。私のアドエスの現在は、40%前後ですが、以前の常駐アプリが多かった時は、90~100%でした。

 なお、週末に再度、完全初期化から再構築してみようかと考えています。

投稿: 孔来座亜(analyzer) | 2007年10月10日 (水) 14時10分

返答ありがとうございます。

以前にご紹介いただきました、Task Managerv2.7を使用してプロセスを見ていますが、HideMailWindowはプロセスとしては常駐してませんでした。
作者様も言われてますが、HideMailWindowは常駐しないとのことです。実際のアルゴリズムを聞いた訳ではないので、不確実なのですが、常駐してウィンドウを監視するタイプというよりも、Notificationを利用して都度実行されるタイプのアプリだと思います(現在、作者様に質問させて頂いています)。
CPUの使用率に関しては、WkTaskとShell32以外はCPUをほぼ使用していない状況です。ほぼ95%以上アイドル状態です。
現在、原因は不明であるものの、とにかくDenwa.exe終了によるエラーであると分かっていますので、Denwa.exeを監視し、終了していたら起動するようにCondExecを使用して、エラー回避を行ってみようかと考えています。
それよりも根本的解決が出来たら良いのですが・・・

投稿: Akira | 2007年10月10日 (水) 19時56分

追記です。

HideMailWindowの作者様から回答を頂きました。
HideMailWindowは、プロセスの常駐も、都度実行もせず、最初の起動で、アドエスに細工をしているとのことでした。
ですので、スタートアップにいれておいても、最初に起動するのみで、後に何か影響するということは無いとのことでした。

>ただ、W-ZERO3シリーズ全体にいえることですが、
>下記のような操作を行うとその後の動作がおかしく
>なることがあります。
>(どれも専用のソフトウェアを入れていなければ
>できない操作です。)
>
>①サスペンド中のサスペンド
>②回線接続中のサスペンド
>③サスペンド復帰後5秒以内の再サスペンド

との助言を頂きました。
もう少し調べてみます。

再構築頑張ってください。

投稿: Akira | 2007年10月11日 (木) 05時17分

>HideMailWindowは、プロセスの常駐も、都度実行もせず

 そうでしたか。

 それにしても、ちょっと気になるのが、CPUの使用率ですね。95%
と言うのは、やや異常値では無いでしょうか。
 そして、私のアドエスのDenwa.exeが落ちていたのも同程度の時でした。

 その後、常駐物をかなり解除して、一時は数パーセントまで極端に下がったのですが、今は30%程度で安定しています。

 なお、今朝、目覚ましのアラームが鳴ってアドエスの画面を見ましたら、スタートアップからショートカットを削除したはずのCeSleep.exeが起動していました。(ログファイルも出来ていました)

 Task ManagerやiTaskMgrで見ても常駐していません。なんじゃこれは?


投稿: 孔来座亜(analyzer) | 2007年10月11日 (木) 13時24分

ご返答ありがとうございます。

95%アイドル状態というのは、95%以上何も活動してない状態ですので、実際活動しているのは5%程度です。

しかし、Denwa.exeは強制終了しても起動するはずなのに、なぜ起動しなくなるのでしょうか???


>なお、今朝、目覚ましのアラームが鳴ってアドエスの画面を見ましたら、スタートアップからショートカットを削除したはずのCeSleep.exeが起動していました。(ログファイルも出来ていました)

アプリとしてプロセスの常駐ではなくとも、Notificationで起動してることがありますので、TaskManagerで確認してみてください。
今日もポケットの中で、フリーズ二回していました。
電話として使えねぇ~~~(T_T)

あと、BackLightOFFだけでは、電池の減りが早いような気がします。何とかSuspend使いたいですね・・・

投稿: Akira | 2007年10月11日 (木) 21時20分

Akiraさん、お互いに、なかなか問題解決しませんね。

>95%以上何も活動してない状態ですので、実際活動しているのは5%程度です

 そうでしたか。私の40%前後というのは、やはりちょっとおかしいですね。shell32.exeやTaskMgr.exe、WkTask.exe、MenuKeyHelper2.exe、Vspin.exe等がCPUを使っているのは解りますが、Idle Processが多くて変動も大きいのです。これは何なのでしょう。

 Notificationには、CeSleepらしきものは見当たりません。

 なお、BackLightOFFでも長時間放置しておくと自動的にSuspendに移行してしまいますから、現在はSuspendオプション付きでキーロックしています。

 私のアドエスは放置していてもフリーズはしませんし、サスペンド状態での電話の受信も、相手は家内がほとんどなので、もう一度掛け直しする事で、支障無く使えています。

投稿: 孔来座亜(analyzer) | 2007年10月12日 (金) 07時09分

毎日一回以上は、再起動してます。
ホント使えません。

ちなみに、Idle Processは、CPUの空き状態を示すものなので他のプロセスと足して100%なるようになります。
具体的には、処理の受付をし、該当するプロセスに引き渡す役割を担います。
処理の受付とは、マウスであったり、キーボードであったりします。また、バックグランドで動作する処理が起動する場合などもあります。
System Idle Processの利用率が多ければシステムは正常だと思って構いません。

私の方は一時、省電力モードにならないように、パワーマネージメントで変えたのですが、電池の減りが早いようでやはりサスペンドを使用するようにしています。
また、これからフォーマットしてみます。

投稿: Akira | 2007年10月13日 (土) 06時33分

>Idle Processは、CPUの空き状態を示すもの

 仰る通りですね。その後、私も色々調べて確認しました。実際にCPU占有率が大きく変動しているのはshell32.exeでした。

 私の方は、不思議にも、それなりに安定しています。
 その後、CeSleepは起動しなくなりました。前回は何か、未だプロセスが残っていたのかもしれませんね。

 何だか、環境再構築への意欲が薄れて来ました。

投稿: 孔来座亜(analyzer) | 2007年10月13日 (土) 07時48分

あれ?

 先程から、iTaskMgrを起動したまま放置していたのですが、CPU timeが少し前と同じ3~4%になっています。そして、この状態では、アプリケーションがエラーになります。Task Managerで調べようとしたのですが、アプリケーションエラーで起動できませんでした。

 私の場合は、40%程度で正常動作するようです。何が原因なのか、特に操作もしていなかったので、Akiraさんと同じような状況なのかもしれません。

 ちょっと事情が有って、またFontOnStorage.exeを常駐させるようにしたためでしょうか。やはり常駐アプリケーションが多い時にリソース不足か何かが起きるのかも知れません。

 本体のプログラムメモリは30%程度の使用率なのですが・・・

投稿: 孔来座亜(analyzer) | 2007年10月13日 (土) 08時07分

[es]でも同じ様な話がありました。
参考になるかもしれませんのでURLを置いておきます。

http://dislife.com/?date=20060928
http://dislife.com/?date=20061015#p02

投稿: | 2007年11月20日 (火) 16時44分

 確かに、サスペンドからの復帰でのトラブルは、microSDを挿して居なればほとんど発生しないようなので、microSDのドライバとも関係はありそうです。

 またonSuspendも使ってみたのですが、目立った効果はありませんでした。

 私の場合は、どうやらdyscheduleのCPUへの負荷が大き過ぎる事が主たる原因だったようです。
 今は、ほぼ安定しています。

投稿: 孔来座亜(analyzer) | 2007年11月20日 (火) 20時48分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/106979/16666591

この記事へのトラックバック一覧です: 一応問題解決!!:

« サスペンド | トップページ | 五能線の旅 »