« サスペンド | トップページ | 復元不能 »

2007年12月23日 (日)

QWERTYキーボード不要論

 私は、20年近く前のワープロ専用機時代から、現在の母艦機のサブノートパソコン(東芝dynabookSS SX/3211LNKW)に至るまで、日本語入力は、ひらかな入力専門です。昔、英文タイプライターも使っていたので、ローマ字入力も出来ますが、速度的にひらかな入力の方が便利なのです。

 以前利用していたシグマリオンⅡでも、変形ながらひらかな入力が可能な日本語キーボードでした。シャープはリナックスザウルスのSL-C700でも、[es]、アドエスでも、いずれもローマ字入力が前提の省略されたキーボードです。
 ひらかな入力を可能にする「gKanaInput」も使ってみたのですが、キー配置が複雑過ぎて、私には使いこなせませんでした。

 そんな時に、知ったのがキー操作改良ツール「ctrlswapmini」で実現した2タッチ(ポケベル)入力方式です。
 文字キーの配列も規則性があって覚えやすく、ローマ字入力とほぼ同じキータッチ数の2タッチでひらかな入力が可能なのです。
 また、キーマップを更に拡張し、ほとんど全ての文字や、範囲指定・コピー・貼付機能まで可能にした「a nomaly's Keymap」を利用するようになって、キーボードを引き出す機会が無くなってしまいました。

 画面キャプチャーや、リセットやCtrlなども「SortInchKey」や「HookKeyHook+3Clicks」「KeyInputEmulator」などでダイヤルキーから可能にした事もあり、QWERTYキーボード無しで、全く不自由が無くなったのです。(唯一出来ないのはフルリセットだけです)
 英文字の入力も2タッチが必要ですから、英字入力が多い方は不便かもしれませんが、ほとんどが日本語の入力の方であれば、2タッチ入力を標準で装備するとQWERTYキーボードは不要だと思います。

 ダイヤルキーを装備したのが[es]ヒットの大きな要因だったと思います。
 更に一歩進めて、大きさや質量の圧縮の阻害要因となっているQWERTYキーボードを無くして「ダイヤルキーだけを装備した折り畳み式のWindows携帯」という新機種が登場すると、ますます従来の携帯電話に近い形のスマートフォンとして画期的でヒット確実(?)では無いでしょうか。
 2タッチ(ポケベル)入力方式を使わずに、携帯電話のダイヤルキーだけからでも、猛烈な速度で入力できる名人も居るようですしね。

 それにしても、これまでのWin携帯が、全てQWERTYキー付だったのが不思議です。2タッチ(ポケベル)入力方式を使わない先進地の欧米から、日本に入ってきたためでしょうね。QWERTYキー無しだとスマートフォンとは言わないのかな。

|

« サスペンド | トップページ | 復元不能 »

デジタルカメラ」カテゴリの記事

コメント

私はかなが不要だと思っています。英字入力だったら数十文字ですむのに,さらに50字覚えないといけないわけですから。まあ,ほとんどの人にとっては慣れの問題でしょうけれど,覚える文字数が少ない方が楽だと思います。大多数の人はともかくとして,私にとってはQWERTYがなかったら論外ですね。

投稿: 山田@MN | 2007年12月25日 (火) 21時40分

山田@MN さんコメント有難う御座います。

>英字入力だったら数十文字ですむのに,さらに50字覚えないといけないわけですから

 なお、日本語フルキーボードの場合は、確かに覚えるのは大変ですが、慣れると速度的にはローマ字変換の倍程度の速さで日本語入力が可能です。

 私の経験では、「誰でも簡単に覚えられますよ」です。

 ただ、限られたPDAのスペースに、サブノートで85個、簡略化されたシグマリオンで72個の日本語フルキーボードを収めるのは、至難の業ですし、キーが小さ過ぎて実用的では無いでしょう。

 とすれば、2タッチだと、日本語用には子音キー10個、母音キー5個、それに後変換用の[*]の計16個を覚えるだけで済むので、補助用[#]を含めてもダイヤルキー(12個)主体が省スペースには最適だと思うのです。


投稿: 孔来座亜(analyzer) | 2007年12月25日 (火) 22時00分

 ご無沙汰しています。

 QWERTYキーボードについては、ついてるのとついてないのとどちらがいいかではなく、選択肢として両方の機種があってほしいと思っています。
 間もなく、ドコモが解決してくれますが・・・

 それとともに私が常々思っているのは、たとえばかな入力のように、もっと工夫した日本語入力環境があってもよさそうなのに・・・ということです。

 通話もネットもほとんどしないけど、メールならたくさん使うという人も少なくないような気がします。
 だから、もっとメールに特化した端末があっていいのでは?なんて考えています。

 偉そーなことを言ってる割に、具体的なアイディアはちっとも浮かばないのですが・・・

投稿: 四時五分前 | 2008年1月 1日 (火) 14時05分

四時五分前さん 明けましておめでとう御座います。
お久し振りです。そして、コメント有難う御座います。

>選択肢として両方の機種があってほしいと思っています

 同感です。初代ZEROはQWERTYキー主体で、PDAが主体で電話機能が追加された機種として、新[es]はダイヤルキー主体で、PHS電話機にPDA機能が追加された機種として、分化して行ってくれると嬉しいと思います。

 里帰りで、札幌に来ていますが、サブノートも持ってきたのでメールを書くのはやはりサブノートです。
 外出時にはアドエスでメールチェックしています。

 2タッチ入力でのひらかな入力は、慣れると実に便利です。四時五分前さんも、是非お試しください。


投稿: 孔来座亜(analyzer) | 2008年1月 1日 (火) 16時26分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/106979/17451049

この記事へのトラックバック一覧です: QWERTYキーボード不要論:

« サスペンド | トップページ | 復元不能 »