« 便利機能 | トップページ | 日々更新 »

2008年3月10日 (月)

8GBmicroSDHC

 価格もこなれてきたし、ウィキペディアや広辞苑第6版も入れたいので、8GBのmicrSDHCカードをネットで注文しました。

■ ショップ名 : 上海問屋
[商品]
SanDisk microSDHCカード 8GB (Class4)
送料:メール便 \210均一
納期の目安:注文後 1~3日程度で出荷
価格  6665(円) x 1(個) = 6665(円)   (税別、送料別)
*********************************************************************
小計     6665(円)
消費税   333(円)
送料     210(円)  離島・一部地域では別途料金が必要な場合があります
ポイント利用 -208(円)
---------------------------------------------------
合計     7000(円)
----------------------------

 水曜日の夜に注文して、4日後の日曜日に届きました。
20080309143310_2  早速、アドエスに挿しましたが、これまで4GBSDHCで利用してきた「HTC SDHC」では8GBSDHCは認識できず、アンインストールした後に、「SDHC.777.cab」をインストールしなおして、8GBSDHCが認識できました。

 アドエスでは、デフォルトでは2GBまでのSDメモリカードしか認識できないので、最初に購入した2GBのSDメモリカードにドライバを置いて、差替えてインストールします。(完全初期化からの復元の場合も同様です)

(「Device Status on Today」では、7.6GBと表示されています)

20080309141930 20080309175926 20080309175945  先日入手したウィキペディア日本語版(743MB)と、最新の広辞苑6版を母艦機からmicroSDHCにコピーしました。

 広辞苑第6版は「Buckingham EB Compressor」で圧縮した場合には、認識しませんでした。結局、生の約3.5GBのファイルをそのままコピーしたら、無事に認識できました。(これまで使って来た広辞苑第4版約300MBは削除しました)

  それにしても、あの分厚くて重い広辞苑が小さなアドエスに入ってしまうのです。マルチメディア版なので鶯の鳴き声等も聴くことが出来ます。色々問題はあるにしても現代語辞典として最強のウィキペディアもオフラインで検索可能なのです。こんな夢のような世界が実現できました。

追記:EPWING版広辞苑第6版のDVDから、アドエスの4GB以上のmicroSDHCにコピーする場合は、「Kojien6」等のフォルダーを作り、「FUROKU」と「KOJIEN」のフォルダーと、「CATALOGS」ファイルだけを、コピー・貼付します。

 なお、パソコンのハードディスクの場合も同様ですが、メモリカードの買い替えは、2倍の容量を基本にしています。アドエス最初が2GBmicroSD、次が4GBmicroSDHC、今回8GBmicroSDHCです。

 でも、ウィキペディア日本語版と広辞苑第6版をインストールしたら、8GBが、早くも残り1GB程度になりました。(-_-;)

|

« 便利機能 | トップページ | 日々更新 »

デジタルカメラ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/106979/40447705

この記事へのトラックバック一覧です: 8GBmicroSDHC:

« 便利機能 | トップページ | 日々更新 »