« DayCount | トップページ | アドエス解体新書 »

2008年3月 2日 (日)

水濡れシール

Imgp1231 右側が、海に落とした後に、わざわざ真水に漬けてしまったアドエスの水濡れシールです。小さな赤い点が、水で溶けてシール全体にピンク色に広がっています。  左側が、今回購入したアドエスの白ロムです。水濡れシールは、小さな赤い点がはっきり確認できます。

 Imgp1235バッテリーにも、消耗度が解るシールが付いているようです。

 上から順に、永く使っているバッテリーを積み重ねてみましたが、最新の一番下のバッテリーの×点が明瞭ですが、使用頻度が多くなると、次第に不明瞭になってくるようです。

 一番上が、水没させてしまったアドエスで常時使用していて、かなり劣化して来たバッテリーです。二番目が、常用バッテリーが切れた場合にだけ利用する予備用です。一番下が、今回購入した白ロムに付属のバッテリーです。

 ひょっとすると、消耗度合いのシールでは無く、これも水濡れ度合いのシールかもしれませんね。

 なお、白ロムに付属している周辺機器を個別に購入すると、

◎[電池パック(追加用)]Advanced/W-ZERO3[es]用 6,300円(税込)
◎[充電器(追加用)]Advanced/W-ZERO3[es]用 3,100円(税込)
◎Advanced/ W-ZERO3[es] 用スタイラス 420円(税込)

 ですから、予備のPDAとして考えても、白ロム約23千円(最安値店では19千円)は、高くないですね。4月頃発表見込みの次機種が、期待外れのものだったら、もう一台アドエスの白ロムを買っておこうかな。

|

« DayCount | トップページ | アドエス解体新書 »

デジタルカメラ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/106979/40335011

この記事へのトラックバック一覧です: 水濡れシール:

« DayCount | トップページ | アドエス解体新書 »