« 水濡れシール | トップページ | 次期モデル »

2008年3月 3日 (月)

アドエス解体新書

Imgp1247_ Imgp1248_  海に一度水没させてしまったアドエスは、起動出来ず、修理も不能ですから、使い途がありません。
 今回購入した白ロムが将来故障した時の部品取り位しか、使い途が無いと思い、取り敢えず分解してみました。
 意外に、簡単に分解できました。

 基本的な基盤は、キーボードの下にあるのですね。
 キーボードを無くして、ダイヤルキーだけにしたら、折り畳み式も十分可能だと思います。
 液晶が傷付く心配の無い、折り畳み式ですと、ケース無しでも、気楽にポケットに入れて、持ち運びできますからね。

|

« 水濡れシール | トップページ | 次期モデル »

デジタルカメラ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/106979/40351505

この記事へのトラックバック一覧です: アドエス解体新書:

« 水濡れシール | トップページ | 次期モデル »