« SortInchKey | トップページ | ヴ »

2008年3月27日 (木)

Today画面CPU使用率

 常にタイトルバーにCPU使用率を表示できる「CPUMonitorMini」を利用させていただいています。
 アップデートしたからと言うわけでは無く、以前からToday画面のCPU使用率の高さが気になっていました。

 Today画面でCPU使用率が高い場合の、具体的な不都合としては、カーソル移動など、反応が遅延する事(いわゆる「もっさり感」)です。ただ、他のアプリケーションが起動している場合は、CPU使用率ががくんと下がるので、ほとんど影響は無いようです。

 Today画面での原因は、以前から覚悟して利用している「dySchedule」と、最近利用し始めた「RSS Ticker Today」のようです。

20080326201136_2   実際に、この二つの表示チェックを外すと、タイトルバーに表示している「CPUMonitorMini」のCPU使用率のグラフが、20~30%程度です。

20080326195331   次に、「dySchedule」を表示すると、一定周期で変動幅が大きくなり基本的な水準もかなり上昇します。

20080326194505_2    次に、「RSS Ticker Today」を表示すると、変動幅は小さいものの、70~80%の高い水準になります。

20080326200551_2  最後に、「dySchedule」と「RSS Ticker Today」を表示すると、一定周期で変動し、かつ常に80%以上の極めて高い水準になります。

 カーソル操作などの反応が遅延する(いわゆる「もっさり感)のは嫌なのですが、「dySchedule」も「RSS Ticker Today」も、私には不可欠なTodayアイテムです。作者の方に、少しでもCPUへの負荷が少なくなるように改善して頂けると有り難いと思います。

20080326201833_3  また、ActiveSyncでは、ほとんど極限の赤状態が続き、母艦機からの「MyMobiler」でのアドエスの操作が、もっさりになるのが困ります。

◎フリーウエア「CPUMonitorMini」Ver.0.30('08/3/16)Saltさん
 CPUの負荷を棒グラフで小さく表示するアプリ
http://homepage1.nifty.com/salt/CPUMonitorMini.htm

◎フリーウエア「dySchedule」ver.1.7.914(2007/ 9/14)YOD-Yさん
 Today に PocketOutlook の「予定表」の一覧を表示するソフト
http://www25.big.or.jp/~hidea/mobile/dyschedule.php

◎フリーウエア「RSS Ticker Today」ver,1.1.2.0 (2008-03-24)tmytさん
 Todayにティッカー表示でRSSを表示するプラグイン
http://d.hatena.ne.jp/tmyt/20080324

◎フリーウエア「MyMobiler」v1.2 (02/02/2008){WinXP}
母艦WindowsPCから、ActiveSync接続したデバイスの画面を表示し、コピペやキャプチャ、デバイスへのD&Dなど快適にリモート操作できるWindowsPC用ツール
http://www.mtux.com/

|

« SortInchKey | トップページ | ヴ »

デジタルカメラ」カテゴリの記事

コメント

 なるほど…
 こうやって、個々の場面でのCPU使用率をアップしていただけると、その時の様子がよくわかりますネ。
 アプリケーションが起動していれば、メモリを喰うのは至極当然ですが、WMの場合、メモリ管理の下手さというのは、もはやCEからの伝統のような気がします。
 裏にまわったアプリをOSがどんどん落とすという、一見合理的な仕組みですが、OS自体がその辺をうまくさばけませんからね。
 もはや日本のスマートフォンはWM一色ですが、個人的にはPDAとしての実用的な完成度はPalmに勝るものはないと思っています。アプリケーションの起動、動作速度はもちろん安定度も抜群でしたからね。
 孔来座亜さんがPalmは肌に合わなかった、とおっしゃっているのは承知しておりますが(笑)、SONYの好きなようにいじくられる前に、今にして思えばPalmマシンのストレートかつ健全な進歩もひとつのベクトルではなかったかと感じています。
 ウワサでは夏ごろにauのスマートフォンが出るらしいですが、WMだったら食欲減退です…(笑)

 あ、こんな記事がありましたがご存じでしたか?

http://japan.zdnet.com/news/os/story/0,2000056192,20370160,00.htm?ref=rss

 この記事の中の「流出したスクリーンショット」を見て、思わず苦笑。これでまた一段と動作がもっさりすることでしょう(笑)

投稿: こた | 2008年3月27日 (木) 09時16分

こたさん、お久し振りです。

 タイトルバー等任意の場所に表示できる「CPUMonitorMini」のお蔭で、Today画面だけでなく、他のアプリケーションを利用している時にも、CPUの利用率が把握できて、もっさり感の原因を特定できるので、便利です。

 他のアプリケーションを起動すると、かなりCPU利用率が下がる場合があるので、裏に回ったアプリをOSがそれなりに落としてくれては居るのだと思います。

 Palmの良さは、起動や動作が実に軽快だった事ですね。割り切って、モノクロのQVGA画面に徹しする等、機能を絞り込んだ事で、当時のCPUでも実用になったのでしょうね。
 私は、VGA画面に拘ったのと、一筆書きによるローマ字入力などタッチペン中心の操作に抵抗感があって、Palmには馴染めませんでした。(笑)

 それにしても、iPhone等も無理にVGAを採用せず、QVGAで軽快な動作を優先したようですね。
 ご紹介いただいた記事のスクリーンショットを見ると、どうやらQVGAのようですから、それなりに動作は軽く出来るのかもしれません。(WVGAなら「もっさり」は避けられない?)

 私が、VGA以上の高解像度に拘るのは、辞書や読書、小遣帳、予定などのToday画面での情報表示などが主な利用目的のため、漢字交じりの多くの文字表示が不可欠だからだと思います。アルファベットとアイコン表示だけですと、解像度は低くても実用になりますからね。

 iPhone等で注目された画面の指タッチによる操作も、多くの人達に歓迎されているようで、ご紹介いただいた記事では「Windows Mobile 7」にも搭載予定との事ですね。まあ「機能の一部」と言うのですから、キー入力は無くならないとは思うのですが、心配です。(先日、「itask」を使ってみて、指タッチ操作だけではなく、アイコンなどが動き回るアニメーション効果との組み合わせが、斬新な印象を与えたのだと気が付きました)

 以前、[es]では、画面に表示される五十音ソフトウエア・キーボードから、タッチペンで入力していた時期もあるのですが、ダイヤルキーからの2タッチ入力よりも便利だとは思えないのです。少なくとも、片手だけで全操作が出来ないのは、やはり不便だと思います。

 auのスマートフォンが、私の期待するようなWVGA画面で、ダイヤルキーだけ搭載した折り畳み式なら、乗り換えてしまうかもしれません。アドエスの次期機種か、auのスマートフォンか、どちらにも期待して待ちたいと思います。

投稿: 孔来座亜(analyzer) | 2008年3月27日 (木) 16時19分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/106979/40649266

この記事へのトラックバック一覧です: Today画面CPU使用率:

« SortInchKey | トップページ | ヴ »