« DayCount | トップページ | Today画面 »

2008年3月18日 (火)

WM5torage

 半年以上使い続けて水没させてしまった前のアドエスの経験から、microSDカード・スロットのカバーのストッパーは甘くなりやすいので、メモリカードをの出し入れは出来るだけ避けたほうが良さそうです。

 私は、必ず週末には母艦機のハードディスクにアドエスのメモリカードの内容を丸ごとバックアップするため、「拡張コピー」と言うアプリを使って、母艦機とアドエスをUSB接続し、microSDメモリカードをリムーバブルディスク(マスストレージ=大容量記憶装置)として認識させる事ができる「WM5torage」を利用しています。

20080317124104 ◎[更新]フリーウエア「WM5torage」v1.8
 アドエスのmicroSDカード・スロットに挿したメモリを、リムーバブルディスク(マスストレージ)として使うためのツール

(注意)私は英語が苦手な事も有り、このウエアの最新版をダウンロードするのに、実はかなり試行錯誤の苦労をしたのですが、やっと簡単な方法を見付けたので、メモしておきます。

○ダウンロード手順
http://www.freewarepocketpc.net/ppc-download-wm5torage-v1-8.html
 このページのずっと下のほうにある、次のように書かれた太文字の「Download」リンクをクリックします。
Download
the WM5torage v1.8 free for Pocket PC

 次に、ダウンロードページの本来は予備用の「Mirror download」ボタンをクリックすると、「WM5torage_18.CAB」ファイルを直接ダウンロードする事ができます。あっけないほどに実に簡単です。(でも、上にある、一般的な「Download」ボタンをクリックすると、あちこち飛ばされた挙句、ログインIDやパスワードなどを要求され、私はダウンロードを諦めてしまいました)

○使用方法
 インストール後は、スタートメニューのプログラムフォルダー等から起動して、「Remobable Class」にだけチェックを入れておきます。
 リムーバブルディスク(マスストレージ)にしたい場合は、左ソフトキーで「Activate(起動?)」を指定するだけです。数分後に母艦機の「マイコンピューター」に表示されると思います。
 トグルになっている「DisActivate(非起動?)」を指定すると、再度ActiveSync状態に戻ります。終了は、右ソフトキーから「Exit」です。
 USBケーブルは接続したままでOKです。LEDやバイブレーターはOffのままで良いと思います。

 残念ながら右ソフトキーの「Troubleshooting」からの「Disable Concurrency(並行処理不可?)」と「Disable RNDIS on Activate」の使い分けは解りません。少なくとも私の環境では、特に設定しなくても使えました。(;^_^A アセアセ・・・

○余談
 なお、ディスク選択で、本体の「NAND/NAND FLASH for D2」も選択できるようですが、私は取り返しの付かない事態に陥りそうで、恐ろしくて試すのを途中で止めてしまいました。勇気のある方は、自己責任で結果報告していただけると有り難いと思います。しつこいですが飽くまで「自己責任で」ですよ。苦情を持ち込まれても困りますからね。

|

« DayCount | トップページ | Today画面 »

デジタルカメラ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/106979/40542988

この記事へのトラックバック一覧です: WM5torage:

« DayCount | トップページ | Today画面 »