« 2008年5月 | トップページ | 2008年7月 »

2008年6月

2008年6月30日 (月)

日々更新

 ここしばらく更新をサボっていたので、まとめてインストールしました。しかし、特に不具合が無ければ、バージョンアップされたからといって、毎回、インストールし直す必要は無いのかもしれませんね。

◎[更新]フリーウエア「ClearTemp」Ver1.0.2

http://mobile-sg.com/software/?p=ClearTemp&platform=ppc

◎[更新]シェアウエア(840円)「MobSync」Ver.2.0.0
WindowsCEデバイスとPCをフォルダ単位で同期させるものです。PC上で動作します。
http://doosoft.seesaa.net/article/101650971.html
コネクト時自動起動の安定性が向上しました

 との事です。

◎[更新]フリーウエア「RSS Ticker Today」ver,1.2.0.3

http://d.hatena.ne.jp/tmyt/20080626

◎[更新]シェアウェア(1,800円)「さいすけ2007」2008/6/22 Version 5.14
統合PIMソフト
http://www.saysoftware.net/jpn/sayschePPC2007.htm
・さいすけ2006に存在した日数カウント機能の追加
・「カレンダー for ポケP (v2.02以降)」との連携対応

◎[更新・不可]フリーウエア「カレンダー for ポケP」2008年06月24日 Version 2.02
Today 画面にカレンダーを表示する Today プラグイン
http://home.comcast.net/~cheezsj/pocketpc/calendarforpockp/after_v20/japanese/calepoke_page.html
・さいすけ2007の最新バージョン (v5.14) に対応しました。Windows Mobile 標準搭載の
予定表から「さいすけ2007」に切り替えるには「連携する予定表設定」画面で行ってください。
・カレンダーのヘッダの部分(「1月」、「2月」、「月」、「火」の部分)を 「lang.txt」 テキストファイルから読み込めるようにしました。このテキストファイルに変更を加えることによって日本語、英語以外の UI に変えることができます。

 実は、最新バージョンをインストールしてみましたら、余りにも動作が重くなり、実用にならないレベルなので、削除して、旧バージョンに戻してしまいました。

◎[更新]フリーウエア「PocketLadio」Version 0.45
「ねとらじ」「Podcast」「SHOUTcast」のヘッドラインをインターネットより取得、表示するツール
http://garage.uraroji.com/?PocketLadio
・PodcastでRSS URLが設定されていない場合に、ヘッドラインの更新をすると落ちていたのを修正

◎[更新]フリーウエア「DayCounter」ver. 0.30c

http://sahiro.seesaa.net/article/101815475.html
・日付+メモの簡易入力追加。
 ・リスト画面で0~9の数字キー入力すると簡易入力画面に。
 ・リスト画面で英数キー入力時、頭文字にフォーカスしないバグフィックス

◎[更新]フリーウエア「JB Piano」 v1.7
 キーボード
http://www.freewareppc.com/multimedia/jbpiano.shtml

 本体デバイス側にインストールしないと、起動しないようです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年6月29日 (日)

03はQWERTYキー専用?

 6月27日(金曜日)に03が発売されて以来、実際に操作した感想が、2チャンネル等で述べられています。

 03板の書き込みを見ていると、購入されたユーザーの方々の評価は、かなり高いようです。ダイヤルキー操作に関しては余り触れられていないので、多くがQWERTYキー派のようです。他方、アドエス板の書き込みを見ていると、QWERTYキー無しの次機種への期待が大きいようです。

 結局、03と言う機種は、QWERTYキーボードを搭載した横型操作主体のスマートーフォントしては、GPS非搭載で、オペラなどの不満はあるけれど、現状ではほぼ究極の小型軽量を追求した機種だと思います。

 しかし、03の「イルミネーションキー」による「2モード」には、バッテリーへの負担の他に、日中の戸外ではキー表示が「見えない」という致命的な問題が有るようです。
 つまり、私のようなダイヤルキーでの縦型操作主体のユーザーにとっては、極めて使い難いスマートフォンだと思います。

 こうした流れを見ていると、ウイルコムの次の展開としては、ダイヤルキーでの縦型操作主体のユーザー向けに、QWERTYキーを省いて、より小型軽量化した折畳式のスマートフォンの登場が期待できるかもしれません。 

 QWERTYキーが必要な場合には03のダイヤルキーとは逆に、iPhoneと同様にSIP(ソフト入力パネル)で対応するのです。(Bluetoothによる外付けQWERTYキーボードも利用可能)

 マニア主体の限られた数のPDAユーザーに比較して、圧倒的な多数派の携帯電話機ユーザー向けには、ダイヤルキーでの縦型操作主体の機種が不可欠だと思います。
 ウイルコムの経営陣が、携帯型電話機市場での厳しい競争に生き残るための経営戦略を間違えない事を、期待したいと思います。

 アドエスが出た時のウイルコムファンの座談会での「みのたん」さんの発言に、私も同感です。

「ウィルコムファン W-ZERO3: ライター陣が本音で評価! アドバンスト・エスは買い? ウィルコムに今後何を期待する?/座談会 - 後編」
http://www.willcom-fan.com/wzero3/entries/staff/000390/

ユーザーとしてウィルコムに期待すること
―最後に、アドバンスト・エスを前にして、今後のW-ZERO3に期待したいことをまとめましょう。
みのたん: フルキーボードいらないから、折りたためるようにして(笑)。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年6月26日 (木)

03後継機

 先日、実際に03に触って見て、「イルミネーションキー」による「2モード」には、「ダイヤルキー」と「カーソルキー」との頻繁な切替が必要で、かなり使い難いという事と、常時点灯のため、バッテリーへの負担という致命的な問題が有る事が解かりました。

01_img01 03次機種(アド03 ?)には、私が以前考えていたような、「イルミネーションキー」による「2モード」を前提とするドコモのパナソニック製携帯電話P906iのようなWオープンスタイルではなく、シャープ製携帯電話SH906iのような、液晶部分が回転するとiPhoneスタイルになる折畳式を期待したいと思います。

SH906i
http://www.sharp.co.jp/products/sh906i/

08_img01 SH906iと同様に、標準キーボードはダイヤルキーとカーソルキーにして、QWERTYキーボードをBluetoothで外部接続すると、超小型・軽量を実現しながら、入力の多様性も確保可能になります。(出来れば、日本語対応のキーボードも提供して頂けると嬉しいですね)

03_img01  パナソニック製では無いので、標準ではニコタッチは使えないと思いますが、恐らくは「ctrlswapmini」の作者の方のご努力で、十分対応可能になると思います。

 SH906iのハードは、WVGA画面やタッチパネル、GPS等、私が期待している機能に対しては、ほとんど不足は無く、無線LANを加えて、OSをWinMobile6にし、ソフトもWinMobile6用に入れ替える程度ではないでしょうか。

(残念ながら、SH906iの現状ではワンセグ用のアンテナが出っ張りますが、他の906i並に内蔵しても高感度になると嬉しいですね。しかも、P906iの使い途がまた減ってしまいます・・・・)

..

カタログから引用

07_img05●ワイヤレスキーボード(別売)対応でビューアポジションでの文字入力にも対応!
ワイヤレスキーボード(別売)対応。ビューアポジション時のフルワイド表示で長文メールの作成が簡単にできます。

 これなら、私のような片手入力のニコタッチのダイヤルキー派にも、両手入力のQWERTYキーボード派の方々にも、満足していただけるのではないでしょうか。

 しかも、W-ZERO3シリーズを製造してきた同じシャープ製ですから、実現性も高いのではと期待しています。

 パソコン創世記から数々の情報機器の盛衰を経験してきた私の個人的見解としては、今回の03は、QWERTYキーボード内蔵スマートフォンの限界を示したものになるでしょうし、その結果、QWERTYキーボード無し03への、次のステップへ飛躍するためにの、言わば不可欠な「捨石」として、それなりの役割を果たしてくれるものだと思っています。

 いよいよ、明日から03の出荷が始まります。新たな一歩が踏み出されるように感じています。m(__)m

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年6月25日 (水)

WILLCOM 03検定

http://d.hatena.ne.jp/itokoichi/20080625/p4

取り敢えず、「合格」

| | コメント (0) | トラックバック (0)

新さっぽろ店

 札幌に旅行に出掛けたついでに、新札幌駅のアークシティホテルに泊まったので、時々、拝見しているブログ

とほほ店長日誌 - WILLCOMの話題から、いろいろと
http://arc-city.co.jp/e/

 【WILLCOMカウンター新さっぽろ店】に立ち寄って来ました。
 サンピアザの地下3階、飲食街の一角です。隣が回転寿司の「元禄寿司」で、酸っぱい香りがあたりに漂っていました。ぶらっと立ち寄るような場所では無く、立地条件としては、かなり厳しいですね。

 ハニービーが売れ筋第1位との事でした。
 残念ながら、店長さんは不在で、女性の店員さんが一人、電話などに応対していました。
 アドエスの在庫処分キャンペーン、それに03の予約受付もしていました。
 
 それにしても、悪条件にも拘らず、よく健闘しているなと、感じました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年6月24日 (火)

TCPMP

 動画再生には、通常は「TCPMP」を利用しています。  今回も、ギャオから取得したあるasfファイルを、「TCPMP」で再生していたのですが、コマ落ちが酷く、ついには電源が落ちてしまいました。何度か、再挑戦しても、しばらく再生していると、電源が落ち、フルリセットからしか復帰できません。  試しに、標準のMediaPlayerで再生してみましたら、コマ落ちがほとんどなく、スムーズに再生できました。 何が原因なのか解かりませんが、もし「TCPMP」で上手く再生できない場合には、MediaPlayerとの使い分けも必要なのかもしれません。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年6月22日 (日)

03初体験

 札幌のヨドバシカメラで、一台だけ有った実機に触れる事が出来ました。

 小さいし、軽いし、初印象としては、悪くはありません。フラットな筐体も実にシンプルで好感tが持てました。
 ピンクなどのカラーは、私としては、今一でした。もう少し落ち着いた黒一色の方が好きです。

 操作した感じでは、やはりカーソルキーだけとか、ダイヤルキーとタッチパネルのカーソルキーとかは、実に使い難く感じました。

 専用のソフトキーが無いし、当然、デフォルトでは、他のキーに割り振っているわけでも無いので、とにかくタッチパネルに依存するしかないのです。iPhoneの影響からか、新メニューも含めて、両手でのタッチパネル操作主体のユーザーインターフェースで、片手でのダイヤルキー操作主体派の私としては、どうも隔靴掻痒の感が否めないのです。

 インターネットへの接続(オペラモバイル)も、試しましたが、札幌の市街地でもヤフーのページを読むのに、かなりの時間を要しました。8xではなかったのかな・・・

 ワンセグにしても、今や携帯電話では、外に飛び出さない内蔵アンテナが常識です。

 外部メモリ非搭載で、アプリケーションもデフォルト状態なので、それなりに動作は軽快でしたが、カタログは貰ってきたものの、正直言って、私の気持ちとしては、残念ながら、購入モードには入れませんでした。(何と言うか、背中を押してくれるだけの強いインパクトが感じられ無いのです)

 それにしても、日曜日の昼過ぎなのに、ウイルコムのコーナーに居たのは私だけでした。寂しいなー

| | コメント (0) | トラックバック (0)

話し放題

 今回、ウイルコムが「新つなぎ放題」と「話し放題(仮称)」のプランを発表しましたが、私が利用している「パケコミネット」と比較して、乗換するだけの魅力が感じられません。
 先ずは、基本料金が高くなってしまうのです。
 
 1.パケコミネット  各種割引適用後 3,276円 20万パケット分までの無料通信、通話(別料金)可能 4xまで
 2.新つなぎ放題  各種割引適用外 3,880円 通信量無制限、通話不可、8xまで

 「新つなぎ放題」に通話が可能になる「話し放題(仮称)」を加えると980円ですから、4,860円でパケコミネットに比較して1,584円も負担が増えますし、ウイルコムの電話への通話は24時間無料でも、私の場合には残念ながら掛ける相手が居ません。同じ980円でも、ドコモなら1,050円分の無料通信(通話)料が含まれるのですよ。

 「話し放題(仮称)」の他への通話料も、一般固定電話には30秒/10.5円、24秒/10.5円秒で、パケコミネットとほぼ同じです。
 8xが使える環境は、私の周囲には無さそうです。

 このプランが、ユーザーを増やし、ウイルコムの画期的な業績向上に結びつくとは、とても思えません。
 「新つなぎ放題」に、別料金でも良いから通話を可能にし、長期割引なども適用できたら、かなり魅力のあるプランになりそうです。

 せめて、通信量に制限の有る「パケコミネット」等のプランに対しては、ドコモのように、余った通信料を二ヶ月程度は、繰越可能にするべきでは無いでしょうか。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2008年6月21日 (土)

使い分け2

 携帯電話としてのP906iと、PHSと無線LANのアドエス、それに有線LAN主体のダイナブック(WinXP母艦機)と、どう使い分けるかのまとめです。

1.動画や音楽をダウンロードするなら、実質的に無料の有線LANの母艦機で実行するのが、時間やコストの面で最も有利だと思います。

2.家の中でも、寝床の中とかトイレの中とか、場所を選ばずにネット接続して、コストが掛からないのはアドエスからの無線LAN接続です。

3.外出先や、旅行先など、PHSの電波が届く範囲なら、アドエスでのネットデータの更新がコスト面からも便利です。
 母艦機ダイナブックのモデムとしても利用できます。

4.ウイルコムの電波が圏外の場合には、ドコモのP906iをモデムとして、母艦機のダイナブックでメールチェックする場面も稀ですが有りそうです。
 必要が有れば、携帯専用サイトなどのWeb閲覧にも利用できます。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年6月20日 (金)

日々更新

 最近、アドエスを取り巻く環境が、また少し活発になってきたようです。

20080619094943 ◎[新規]フリーウエア「ニコナビ for WM」Ver.0.9.7.1(2008/06/17)いっちゅうさん
 ニコニコ動画を検索、ダウンロードさせるためのアプリ
http://icchu.seesaa.net/article/100877486.html

 ニコニコ動画をダウンロードは出来たのですが、私のアドエスではちょっと重過ぎて、コマ落ちが酷いし、設定をいじっているうちに、ハングアップしてしまいました。

◎[新規]フリーウエア「ffvp6」v0.52(08/06/17)NVさん
 TCPMPでOn2 VP6な動画を再生するためのプラグインです。人柱向け
http://d.hatena.ne.jp/nvsofts/20080617/1213708588

私は、cabの方が楽なので、こちらを利用させていただきました。
http://blogs.shintak.info/archive/2008/06/18/42281.aspx
ffvp6_v052.cab

◎[更新]フリーウエア「CPUMonitorMini」Ver.0.40(Jun.17, 2008)Saltさん
 CPU の負荷を棒グラフで小さく表示するアプリ
http://homepage1.nifty.com/salt/CPUMonitorMini.htm
・NDIS のシグナルレベルを線グラフで表示するように修正との事です

私の設定ファイルはこれです。「CPUMonitorMini.ini」をダウンロード

◎[更新]フリーウエア「PocketLadio」Version 0.42
「ねとらじ」「Podcast」「SHOUTcast」のヘッドラインをインターネットより取得、表示するツール
http://garage.uraroji.com/?PocketLadio

◎[更新]シェアウエア(1050円 税込み)「IdeaTree」Ver1.11(2008.06.16)有限会社ディクレ
 アイデアを階層的な構造で表したり、文章にまとめたりするためのソフト
http://www.dicre.com/soft/itreece.html

 データの互換性が確保されているので、母艦機とアドエスのデータを同期しています。
 もう、10年以上も利用させていただいています。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年6月19日 (木)

FREESPOT

 アドエスには、無線LANが内蔵されています。
 自宅や会社は無線LAN環境があるので、パケット量を気にせずに、気楽にネット接続ができるのです。
 外出時には、PHS経由でネット接続していますが、最近は、無料で無線LAN接続できる「FREESPOT」が使いやすくなってきています。

freespot.comのページには
http://www.freespot.com/about/index.html
「FREESPOTとは、無線LANでインターネットにアクセスできる環境をお客様に開放し、自由に使っていただけるエリア・サービスのことをいいます。」と表示されています。

 ウィルコム無線LANオプション」で、利用できるNTTコミュニケーションズ株式会社が提供する「ホットスポット」などと違い、会員登録などの手続きが不要で、しかも無料で自由に利用できるのです。(提供する施設側が維持費を負担し、利用客の利便性確保と集客効果を期待する仕組みのようです)

 接続の設定は、freespot.comの「接続手順」のページに書いてあるように
①ESS-IDに 「FREESPOT」もしくは お店で設定されているESS-IDを入力
②暗号化」タブの暗号化(WEP)「無効」を選択し、[OK]ボタンをクリックします。
※お店によってはWEP暗号化キーを有効にされているところもあります
③[ネットワークアダプタ]の設定で「サーバーが割り当てたIPアドレスを使用する」にチェックします。
 と簡単です。(セキュリティ面は、Q&Aで確かめてください)

「FREESPOT」がある場所は、次のページで確認できます。
http://www.freespot.com/index.php

 
 結構、地方でも利用できる場所があるので、旅行などの時にも助かります。ホテルのロビー等は、気楽に利用できる「穴場」だと思います。

 青森市では「ホットスポット」は、わずかに「モスバーガー青森浪館店」1箇所だけですが、「FREESPOT」は24箇所も有るのです。
 また、全国の「FREESPOT」は、「ホットスポット」のアクセスポイントの数を超える6,200箇所以上は有るようです。地方に弱いウイルコムのアドエスこそ、「FREESPOT」の活用が、利便性を高めるのに有効だと思います。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

“WILLCOM 03"予約販売

昨日の午後3時半頃に、メールマガジンが入りました。

【ウィルコムマガジン】WILLCOM 03の発売日が決定!6月19日事前登録を実施!

■優先予約
ウィルコムストアでは、事前登録による優先予約を実施します。
事前登録をされたかたには、Eメールにて購入ページをご案内いたします。

・事前登録 : 6月19日(木)10:00~
・予約期間 : 6月20日(金)~22日(日)

  ※事前登録は一定数に達した時点で終了します。
  ※事前登録をされただけでは予約完了となりませんので、期間内に
   購入手続きを行ってください。

■一般予約 : 6月23日(月)~

 いよいよ、今日の10時から優先予約の受付が始まるのですね。

 私は今回は購入見送りですが、D4も含めて、どんな売れ行きになるのかには、興味津々です。

 しばらく、アドエスを使うしかなさそうですし、予備のために白ロムを買おうかな。5千円程度で入手できそうですし・・・・

http://page4.auctions.yahoo.co.jp/jp/auction/d83916350

追記:昼休みに確認したら【事前登録の受付は終了しました】と表示されていました。結構、好評のようですね。これなら、来年にはスマートフォンの次の機種も出そうですね。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年6月18日 (水)

アドエス復元

 私は、「W03DataBackup」でデータとインストールしたプログラムを、「TRE」でレジストリを、標準の「Sprite Backup」で本体の全ての環境を、週末には必ずバックアップし、念のために復元もするようにしています。

 ところが、「Sprite Backup」でバックアップしたばかりの最新ファイルからの復元が、また出来なくなりました。
 今回は、次のような方法で復元に成功しました。

1.保存作業(毎週末の定例作業)
 最初に、8GBmicroSDHCを挿入した状態で、次の作業を行います。

(1)W-ZEROデータ移行ツールによるバックアップ
○フリーウエア「W03DataBackup」Ver1.02(2006年12月1日)星羽(Hoshiba)さん
 データ移行を支援するツール
http://blog.goo.ne.jp/mypda/e/0e753fd64c75e205ed8c00bb05088581

 これで、本体デバイスの次のフォルダーやファイルのバックアップを行います。
①PIM(仕事、予定表、住所録)ファイル=pim.vol
②ライトメール・フォルダ
③My Documents・フォルダ
④お気に入り・フォルダ
⑤Program Files・フォルダ
⑥JAVAアプリ・フォルダ
⑦スタートメニュー・フォルダ
⑧スタートアップ・フォルダ
⑨Opera関連ファイル・フォルダ
⑩Atockユーザー辞書・ファイル=ATOKSTAT.DAT
◎後でのリストア作業のために「W03DataBackup」を8GBmicroSDHCにも予めインストールしておきます。

(2)手動でのバックアップ
 GSFinder等を使って手動でフォルダやファイルを、8GBmicroSDメモリカードにバックアップします。(私の場合には、\Backupと言う名前のフォルダにまとめて入れています)
①Toolsフォルダ
 私はCABファイル以外の、ZIP等の圧縮ファイルを解凍して実行ファイルが作られるタイプのツール類は、この「Toolsフォルダ」にまとめて入れています。(従って、CABファイルからインストールしたツール類やアプリケーションがProgramFilesフォルダに入っています)
 丸ごとバックアップします。
②Windowsフォルダ
  自分でインストールし、本体のWindowsフォルダに作られたコントロールパネル関係の.cplファイルや、ライブラリ.dllファイル、それにアプリケーション実行.exeファイルを個別に選別してバックアップします。
 何故か、「W03DataBackup」ではオリジナルのショートカットキーが保存されない事があるので、スタートメニューフォルダをバックアップしておきます。
③CABファイル
 本体デバイスのProgram FilesフォルダにインストールされないToday関係アプリや、.NETやVBAランタイム、レジストリの関係で再インストールが必要なアプリケーション等のCABファイルを、予め選別して8GBmicroSDメモリカードにバックアップしておきます。

(3)「TRE」によるレジストリのバックアップ
○フリーウエア「TRE」version 0.83(2004/07/20)TascalSoftさん
 レジストリエディタ
http://www2r.biglobe.ne.jp/~tascal/

(4)SDHCドライバー・インストールファイルの保存(一度保存しておけば、次回からはこの作業は不要)
P1000006__exposure  2GBMicroSDメモリカードをUSBホストケーブル経由でアドエスに挿入し、「SDHC.777.cab」を保存しておく。
 (アドエスは、標準状態ではSDHCを認識できない)
○フリーウエア「SDHC.777.cab」
http://www.eten.ru/board/download.php?id=15002&sid=840cef011cfed51b4d32bd7e9bfee7fd
rarファイルなので、母艦機などで解凍し、アドエスにこぴー・貼付しておく。

 USBホストケーブルを取り外す。

(5)標準「Sprite Backup」によるバックアップ
 「Sprite Backup」でバックアップする。なお、復元に成功するまでは、以前保存しておいたバックアップファイルは削除してはいけません。

 本来は、この後、「Sprite Backup」で復元できるはずなのですが、何度やってみても、青色画面で止まってしまいます。仕方が無いので、完全消去からの復元をする事にしました。

2.完全消去・再起動
 マニュアル(10-6)に書かれているように、
①全てのアプリケーションを終了し、電源OFFにします。
②裏側の電池蓋を取り外し、約15秒してからフル・リセットスイッチを押します。
③Fn+F+PWRでメンテナンスメニューを起動します。
④「2」のフォーマットを選択しOKキーを押します。
⑤再起動後、タップ調整と日時合わせを行います。
⑥アプリケーションの自動インストールが始まります
⑦オンラインサインアップのポップアップが出ても、無視します。

3.復元作業
 2GBMicroSDメモリカードをUSBホストケーブル経由でアドエスに挿入する。

(1)SDHCドライバーのインストール
20080617054444  スタートメニューのプログラムから、標準の「ファイルエクスプローラー」を起動し、「リムーバブルディスク」として表示される2GBMicroSDメモリカードを開いて、「SDHC.777.cab」を実行し、本体(デバイス)にインストールする。(再起動)

(2)標準「Sprite Backup」による復元
 今回は、バックアップファイルからの復元に失敗したので、「TRE」で保存した最新のレジストリでは復元出来ない可能性が高かったので、次のような方法をとりました。
 スタートメニューのプログラムから、標準の「ファイルエクスプローラー」を起動し、認識されるようになった8GB「microSDカード」を開いて、前回、保存しておいたバックアップアップファイルを開く。(最新のバックアップファイルからは復元できなかったので、復元できた前回の分を使用した)
20080617094011  「Sprite Backup」が自動的に起動するので、「システムデータ」以外のチェックを外して「復元」を押す。(再起動)

(3)W-ZEROデータ移行ツールによるリストア
 スタートメニューのプログラムから、標準の「ファイルエクスプロー」を起動して、8GBmicroSDHCカードの「W03DataBackup.exe」を起動し全ての項目にチェックを入れてリストアする。(再起動)これで、データやプログラムは最新のものに入れ替えられます。

(4)手動でリストア
 標準のファイルエクスプローラー等を使って手動で、8GBmicroSDHCメモリカードに保存した次のフォルダやファイルを、アドエス本体にリストアします。
①Toolsフォルダ
 フォルダーを丸ごとコピー・貼り付けする(実は、今回はこの作業は不要でした。既に、本体に復元されていました)
②スタートメニュー・フォルダ
 本体の「Windows」フォルダー内の「スタートメニューフォルダ」を削除し、8GBmicroSDHCメモリカードに保存しておいた「スタートフォルダ」を本体に、丸ごとコピー・貼付(「送る」・「コピー」でも良い)する。

(5)リセットと再起動
 キーボードのリセットスイッチを押して再起動する。

(6)バックアップ
 念のため、直ぐに標準の「Sprite Backup」でバックアップし、復元できるかどうか、確認しておく。

 今回は、この作業だけで、比較的簡単に復元できました。
 なお、8GBmicroSDHCの「Backup」フォルダに保存しておいたcabファイルを使った再インストールの必要は、今回は有りませんでした。(しかし、念のため常に保存するようにしています)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年6月17日 (火)

読譜練習ソフト「Note」

 久し振りに、新しいソフトを、アドエスにインストールしました。

20080617140658 ◎[新規]フリーウエア「Note」1.000(2008年6月12日)satoshiさん
 初見演奏の訓練をする読譜練習ソフト
http://groundcherry.blogspot.com/

要するに、五線譜の上に、音符が表示されるので、次に音の名が表示されるまでの数秒の間に、一瞬でそれを当てるという練習です。

 実際の音も出ると、音感を磨く練習にもなるのですが・・・

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2008年6月16日 (月)

今は、やっぱりアドエスが一番

 ドコモのP906iを購入し、色々試行錯誤してきましたが、携帯電話機が多機能化してきたとは言え、アドエスなどのWindowsMobileの多様で自由な世界に比較すると、携帯電話機は極めて限定された(電話とデジカメとワンセグ機能は優れていますが)不自由な世界なのだと、改めて思い知らされました。

 従って、パケット通信のコスト面の事情も有り、ウイルコムのアドエスを、メインのスマートフォンとして、これからも使っていく事に決めました。
 改めて、ソフトバンクのiPhoneと、ウイルコムのアドエス後継機の03の今後についても、じっくりと見守って行きたいと思います。

 もしドコモから、03の次機種に私が期待しているような形のスマートフォン(恐らくiモードは使えないでしょう)が提供されたとしても、通信・通話料金が割安なウイルコムを手離す事は出来ないでしょうね。

 iPhoneは、ビジュアルでフラッシュを多用した動きのある洗練された画面と、タッチパネル主体の感覚に訴える操作方法には、確かに魅力が有ります。しかし、アドエスのiTaskでも試してみた結果、私としては「だから、どうなの」と言う感じなのです。

 美しいアイコンが、整然と並んだシンプルな画面よりも、情報てんこ盛りの一覧型のToday画面が好きな私ですし、スケジュール管理や、データ互換が保たれる母艦機と同じアプリケーションを多用している私としては、結局は実用性の面で、iPhoneでは物足りないのです。

 他方、03ですが、基本のハード面では余り進歩がなかったものの、動作的にはかなり改善され軽快になったようですね。
 また、複数のキーモードに対応する新開発の「イルミネーションキー」の使い勝手には、大いに興味が有ります。一つのキーボードが、縦型のダイヤルキーと、横型のQWERTYキーの二つに対応できる可能性が有るからです。

P_01  実際に、P906iと同じような小型軽量の折畳式縦横方向の「Wオープンスタイル」で、GPSと高性能のデジカメを内蔵し、03と同様のハード性能とソフト環境で、キーボードが縦型のダイヤルキーと、横型のQWERTYキーに対応した「イルミネーションキー」になったウイルコムのスマートフォンが実現できれば、最強のスマートフォンになるかもしれません。(ついでに、パケコミネット等の未使用分を、2か月繰越可能にし、料金も千円程度引き下げられたら、「圏外」が多いのも我慢できると思いますよ)

 今回の03の購入は見送るつもりですが、私が期待する次の04(?)には、興味が有ります。是非、折畳式のイルミネーションキー付きでGPS内蔵の機種を期待したいと思います。そのためにも、03がそこそこは売れてくれないと困ります。ワンセグをお持ちで無い方や懐に余裕のある方、いわゆるガジェット好きの方は、是非、03をご購入ください。

 私は、通信の圏外を出来るだけ回避するために今回はドコモのP906iを購入し、おまけ機能として、録画機能付きのワンセグ、高性能デジカメ、音楽鑑賞用のブルートゥースのワイヤレスイアホンも使えるようになったので、残念ながらアドエスから03に乗り換える必要性を感じられなくなってしまったのです。

 なお、iPhoneは、他のスマートフォントとではなく、むしろ自社のiPodやipodTachとの競合製品なのではないでしょうか、つまり、一時のブームで携帯電話機ユーザーやガジェット好きに買われても、いずれは、おもちゃ箱の中に入れられたまま、忘れ去られてしまう機種かもしれません。

 iPhoneは両手操作が基本ですし、ソフトキーボードで、携帯電話の主たる使用目的となっているメールの日本語入力をする人なんて、ほとんど居ないのではと思うのです。(横幅も、最も好まれている携帯電話の49mmでは無く、62.1mmです)

 操作するのは楽しいけれど、でも、だからと言って、必需品では無く、せいぜい格好の良い音楽・動画プレーヤー・Webブラウザとしてしか、使い途が無いように思われます。(iPhoneは、米国で「電話機」として、通話やメールに、実際にどの程度、利用されているのでしょうね・・・)

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2008年6月15日 (日)

ネット情報取得

 ドコモの携帯電話を使い始めて、スマートフォンのネット情報取得方法との違いを感じています。

 携帯電話のフルブラウザやiモードは、単にブックマークからWebページを表示するだけですが、スマートフォンの場合は、バナー広告など余計な情報が無い見易く加工した形で、ネット情報を表示してくれます。

 しかも、アドエスの無線LANなら、ランニングコストはゼロです。PHSを使ったパケット通信でもコストは極僅かですから気軽にネットに接続できます。

 毎朝、寝床の中で目が覚めたら、先ずは無線LANに接続し、次のようなネット情報取得アプリケーションのデータを更新するのが、日課です。

1.気象情報
20080613182412 (1)フリーウエア「WZero3DeAmedas」2.0.4.0 Beta4(2007/9/9)宇宙仮面さん
 直接気象庁の防災気象情報をアクセスするための専用アプリケーション
http://uchukamen.com/Software/WZero3DeAmedas/Default.htm

 デフォルト画面の「レーダー・降水ナウキャスト」が最高です。
 少なくとも、何時頃どのくらいの雨が降るのか、実際に目で見て予測できるので、突然の雨に慌てる危険性を、ほぼ回避できるのです。
 とにかく、使い出したらその便利さに驚く事請け合いの、アドエスユーザー必携のアプリケーションです。

20080614183942 20080614184013 (2)UKTenki v2.0.0.8(2007-11-05)UK-taniyama.さん
 週間天気予報を表示するソフト
 Today画面にも表示できます。
http://homepage3.nifty.com/UK-taniyama/tools/UKTenki.html

.

20080614184143 20080614184201 20080614184210 2.テレビ番組
◎フリーウエア「UKTvList」v0.5.9.3(2008-03-08)UK-taniyama.さん
 TV番組表ブラウザ
http://homepage3.nifty.com/UK-taniyama/tools/UKTvList4.html?2008-03-08

3.ニュース
(1)フリーウエア「RSS Ticker Today」ver,1.1.3.14 (2008-05-23)tmytさん
 Today画面にティッカー表示でRSSを表示するプラグイン
http://d.hatena.ne.jp/tmyt/20080324

20080614184350 20080614184449 (2)フリーウエア「R3」2007-10-19 Ver0.80α4 Pekoさん
 RSSリーダー
 本家のリンクが切れてしまい、現在入手可能なのは「0.51β」だけのようです
http://www.vector.co.jp/soft/dl/other/wince/se432696.html

20080614184557_2 20080614184617_2 (3)フリーウエア「MZ3.i」Ver.0.9.1.0(2008.04.27)haltsさん
 mixi 専用ブラウザ
http://mz3.jp/mz3.html

4.マーケット情報
(1)KabuTodayVersion 2.21(2006/12/03)Hiraさん
 Today画面に、経済指標、為替情報、株価を表示するソフト
http://www.geocities.co.jp/SiliconValley/8491/freeware.html

20080614184112 (2)フリーウエア「StockPrice」V1.7.3(2007.03.04)ケイティの日記さん
 株価表示アプリケーション
http://ktee.blog.shinobi.jp/Entry/90/

.

.

5.列車時刻表
20080614185140 20080614185207 20080614185259 20080614185243 ◎フリーウエア「UKEkiTan」v1.0.0.3(2008-02-03)UK-taniyama.さん
 駅探の時刻表と乗換案内クライアント
http://homepage3.nifty.com/UK-taniyama/tools/UKEkiTan.html

6.2チャンネル・ブラウザ

20080615072659 20080615072621 20080614184846
◎フリーウエア「ぽけギコ」Ver0.53
 Browserベースの2chブラウザ
http://homepage2.nifty.com/qta/pgiko/

7.パケット使用量確認
20080614185029 ◎フリーウエア「W-Fee Viewer」version 0.8.0.3 wakuさん
 ウィルコム利用料金取得ソフト
http://soft.photoracer.net/
「配布物一覧」からダウンロードします。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年6月14日 (土)

通話・通信利用方法

 使い分けの、通信方法のまとめです。

1.家内への連絡
 お互いに携帯電話を使える環境なら、P906iのドコモ利用に限定すべきでしょう。(最大24時間まで通話料無料)
 1回の通話で最低21円掛かるアドエスのウイルコムの場合よりも、これからは気楽に使えます。

2.子供達への連絡
 携帯電話しか持っていない我が家の子供達には、外出中に連絡する必要になる場合はほとんど無いので、一番安い自宅のIP電話から掛けても33秒/10.5円(ウイルコム24秒/10.5円、ドコモ15秒/10.5円)ですから、通話は用件のみに留めて、あれやこれやの詳細な情報交換は、圧倒的にコストの低いメールでやり取りするのが良さそうです。
 未だ確認していませんが、子供達がドコモを使っていれば「家族割」を適用できるかもしれません。(残念ながら、確かauなのです・・・)

3.一般の電話
 基本的には、自宅のIP電話から、各相手先の一般電話またIP電話に掛けるべきでしょう。(225秒/10.5円)
 外出時は、ウイルコムの電波が届く場所であれば、通話用にはアドエスを使います。(一般電話へ: 同一区域内 70秒/10.5円 160km超 20秒/10.5円携帯電話へ: 24秒/10.5円)
 外出時でウイルコムが圏外の場合には、P906iからドコモで手短に用件のみにします。(15秒/10.5円)

5.自宅電話の転送先
 これまでアドエスを転送先に設定していましたが、圏外になる事が少ないP906iに変更しようと思います。(15秒/10.5円)
 P906iで確認した留守電の内容次第で、放置やメール、携帯電話からの送話等、それなりの対応が可能です。

6.データ通信
 自宅やフリースポットからは、母艦機やアドエスから定額の有線・無線のLAN接続で気楽に使い放題です。
 また、外出先でも、メールの送受信だけなら、パケット量も大した事は無いので、アドエスのパケット通信( 200,000パケットまで無料 超過時 0.0315円/パケット)や、場合によってはP906iのパケット通信(5,000パケットまで無料 超過時 0.105円/パケット)でも気楽に使って良いでしょう。(但し勿論、大容量の画像や動画の添付無しの場合です)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

携帯端末別利用法

 色々、試行錯誤してきましたが、料金プランなどを含めてウイルコムのアドエスとドコモのP906iには、それぞれ一長一短があり、それぞれの特長を生かして使い分けるのが、良さそうです。何よりもP906iやドコモの「datalink」が、WinMobile環境と比較して余りにも低機能過ぎるのです。

 ウイルコム・スマートフォン、ドコモ・携帯電話機、東芝・サブノートパソコンの情報端末と、PHS、携帯電話、一般(IP)電話、有線・無線LANの通信方法の使い分け

1.アドエス(ウイルコム・スマートフォン)
(1)利用方法
PDAのメイン機、及び外出時の家内以外の通話用として利用
①仕事・予定表・連絡先(P906iのPIMは、母艦機のアウトルックデータを、ほとんどまともには表示できない)
②メモ(手書きメモは実に便利です)
③家計簿(母艦機との)
④ネット情報(料金を気にせず気楽に使える。天気予報、マーケット情報、ニュース、テレビ番組)
⑤辞書(広辞苑第6版、ウィキペディア、英辞郎、その他)
⑥読書(青空文庫なども手軽にダウンロードして読む事ができます)
⑦動画(P906iの動画ソフトは、途中からの再生が出来ないなど実用にならない)
⑧外出先でのメールチェック

(2)接続方法
①自宅やフリースポットでは無線LAN接続。
②外出時のメールチェックとデータ更新
③ウイルコムの電波が届く場所では母艦機のモデム用

(3)料金プラン(ウイルコム)
①パケコミネット基本使用料 4,935円
②長期割引額                 -494円
③年間契約割引額             -740円
④A&B割割引額             -740円
⑤高速化サービス月額料        315円
 合計                      3,276円

(4)通信料他
①無料通信分     200,000パケット(超過時 0.0315円/パケット)
②[4x]最大256kbps
③通話料 10.5円/回
④ウイルコム・一般電話へ: 同一区域内 70秒/10.5円 160km超 20秒/10.5円
⑤携帯電話へ: 24秒/10.5円
⑥IP電話へ: 70秒/10.5円

2.P906i(ドコモ・携帯電話機)
(1)利用方法
①家内との連絡用
②緊急連絡の待受用
③携帯専用サイト閲覧(地元の道路状況などをやっと見る事が出来るようになりました)
④ワンセグ(録画も出来るので、便利です)
⑤道に迷った場合の位置情報取得(GPS内蔵のお蔭です)
⑥専用カメラを持っていない時の静止画・動画撮影

(2)接続方法
①携帯電話
②ウイルコムの電波が届かない場所での母艦機のモデム用

(3)料金プラン(ドコモ)
①タイプssバリュー  2,100円
②ファミ割MAX     -1,050円
③パケットパック10  1,050円
④iモード付加機能使用料 315円
 合計                2,415円

(4)通信料他(携帯電話機)
①タイプssバリュー無料通信分     1,050円(5,000パケット)
②タイプssバリュー 他の電話へ: 15秒/10.5円
③タイプssバリュー     0.21円/パケット
④タイプssバリュー一般電話から: 営業区域内 26.0秒/10.5円 営業区域外 22.0秒/10.5円
⑤パケットパック10無料通信分      1,050円(10,000パケット)
⑥パケットパック10         0.105円/パケット
⑦従来のFOMAエリア    最大384kbps
⑧ハイスピードエリア  最大3.6Mbps
⑨ファミ割MAX 家族への国内通話が24時間無料・家族内のiモードメール無料            

3.dynabook SS SX/3211LNKW(東芝・サブノートパソコン)
(1)利用方法
 母艦機として利用(日本語キーボード、XGA画面、120GBHD、有線LAN)
①メール管理
②ブログ更新
③デジカメアルバム
④静止画処理
⑤動画処理
⑥辞書
⑦地図
⑧植物図鑑
⑨ネット・サーフィン
etc

(2)接続方法
①自宅やホテルでは有線LAN
②フリースポットでは無線LAN
③ウイルコムの電波が届く場所では、アドエスをモデムに
④ウイルコムの電波が届かない場所では、P906iをモデムに

(3)料金プラン(@nifty)
①ADSLニュースタンダードコース    3,150円

(4)通信料他
①インターネット利用料定額
②下り最大50Mbps
③IP電話から固定電話へ:225秒/10.5円
④IP電話から携帯電話へ:33秒/10.5円

 これで、家内の利用部分も含めて、毎月1万円程度で、電話やデータ通信が可能になります。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年6月13日 (金)

P906iをモデムとして利用

 P906i付属のCD-ROMに入っている「FOMA PC設定ソフト」を使い、割と簡単に、母艦機のデスクトップに接続用のショートカットキーを作成できました。(市街地でのハイスピード用と、郊外での通常用の2つのショートカットを作成しました)

◎通信モード
 P906iで次の操作をして、
(1)メニュー
(2)設定
(3)その他
(4)USBモード設定
(5)通信モード
 に設定する事で、母艦機のモデムとして利用できるようになる。

 P906iを母艦機と充電機能付きUSBケーブルで接続した状態で、このショートカットキーを、実行すると、自動的にネットに接続され、アウトルックでのメールチェックや、インターネットエクスプローラーでのWebページの閲覧ができるようになりました。

 私としては、パケット料の節約のため、ウイルコムの電波が届かない場所で、母艦機でのメールチェックが必要な時にだけ、モデムとして利用する予定です。(原則としてパケット負担の大きいWebページの閲覧は、出来るだけ避けるつもりです)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年6月12日 (木)

P906iで動画を見る

 母艦機に保存してある動画ファイルを、P906iで見る事が出来るようになりました。

1.「datalink」を利用する方法
(1)ファイル型式の変換
 母艦機に保存してある動画の「.asf」ファイルを、P906i用の「.3gp」に変換する。(「.asf」形式の動画にも対応しているはずなのですが、実際には再生できませんでした)
①母艦機の「携帯動画変換君」を起動し、
②設定ファイルセレクター画面で「3GPPファイル 音声AAC形式一般設定 動画XviDエンコード」を選択し、
③「QVGA標準画質15fpsステレオ」で処理すると
④指定したフォルダーに「.3gp」ファイルが作成される。

◎フリーウエア「携帯動画変換君」[WinXP用]
mpeg、avi、mov、wmvの動画ファイルだけでなく、mp3やwavなどのオーディオファイルを携帯用に変換
http://mobilehackerz.jp/contents/3GPConv

(2)通信モード
 P906iで次の操作をして、
(1)メニュー
(2)設定
(3)その他
(4)USBモード設定
(5)通信モード
 に設定する事で、母艦機のモデムとして利用できるようにる。

(3)データ転送
 P906iを母艦機と充電機能付きUSBケーブルで接続して、
①母艦機の「datalink」を起動し
②下部に表示されるアイコンから「iモーション」を選択
③「iモーションの追加」ボタンを押し
④「.3gp」ファイルを選択し「OK」を押す
⑤「datalink」の「iモーション」画面に、選択したファイルが表示される
⑥転送したい「.3gp」の選択が終わったら、「iモーション」画面の右上の「携帯電話に書き込み」アイコンをクリックする
 転送が始まるので、終了するまで待つ。

 なお、「datalink」での転送ではP906i本体にファイルが保存されるためか、上限値102,400Kバイトの制限があるようで、これを超える大きなファイルはこの方法では登録できません。

(4)動画再生
 P906iで次の操作をして、
①メニュー
②データBOX
③iモーション
④iモード
 からファイルを選択し、再生する。

2.microSDに直接保存して再生する方法
(1)ファイル型式の変換
 上記と同じ

(2)microSDモード
 P906iで次の操作をして、
①メニュー
②設定
③その他
④USBモード設定
⑤microSDモード
 に設定する事で、母艦機から直接microSDを操作できるようにる。

(3)ファイルの転送
①母艦機で、「.3gp」型式に変換した動画ファイルのファイル名を、「MOL001.3gp」「MOL002.3gp」式の「MOL」と三桁の連番の組み合わせ方式に変更する。
②ファイルエクスプローラー等で、母艦機の「.3gp」ファイルを、microSDカードの「\SD_VIDEO\PRL001」フォルダーにコピー・貼付する。
(当該フォルダーが無ければ、作成する)
 なお、この方法では、102,400Kバイトの上限値を超える大きな動画ファイルも転送可能ですし、再生も可能でした。

(4)動画再生
 P906iで次の操作をして、
①メニュー
②データBOX
③iモーション
④microSD
⑤その他コンテンツ
 からファイルを選択し、再生する。

 「hiro」さんの次のページの記事を参考にしました。

「FOMA・N905iμで動画再生」
http://hirocchi.blog.ocn.ne.jp/hiro/2007/12/640foman905i_4cc7.html

| | コメント (8) | トラックバック (0)

2008年6月11日 (水)

P906iのPDAとしての機能

 P906iで音楽や動画の再生が出来るようになり、母艦機のアウトルックとの同期も出来るようになりましたが、現状の携帯電話機は、アドエスのようなPDAに代替出来る水準では無い事を実感しました。

 実際に、「画面キャプチャー(コピー)」機能すら無いのですよ。

Imgp2263_ Imgp2264_ Imgp2265_

1.PIM
 一応、「datalink」で母艦機のアウトルックデータとの同期が出来る事になっていますが、正直「使い物にならない水準」なのです。
 どうやら、取り込めるのは二十四節季等程度ですし、しかも終日データでは無くなってしまいます。これは余りにも酷い仕様です。
 私の場合、「ToDo(仕事)」のデータも、肝心の項目名が取り込めません。
 連絡先も、どうも削除済みデータまで、取り込まれて表示されるようです。

 Today画面への表示も、出来るとの事ですが、何故か表示されません。スケジュールと併用して表示できるはずの専用のカレンダーのフォントは最悪です。

 従って、比較的シンプルで気に入っている背景画のカレンダーを表示し、アクションキーを押して「スケジュール」の詳細画面表示を選択していますが、肝心のデータが中途半端なので使い物にはなりません。

2.メモ
 タッチパネルでは無いので、手書き機能が有りません。

3.家計簿
 機能そのものが有りません。まして、母艦機とのデータ同期なんて、不可能でしょう。

4.ネット情報
 それなりに表示可能です。
 しかし、マーケット情報や天気予報、テレビ番組、列車時刻表等もWeb画面をそのまま表示するだけで、専用ソフトのような使い易さがありません。パケット料も高いので、気楽には使えません。

5.辞書
 ダウンロードできるようですが、どう見てもマルチメディア辞典の広辞苑第6版を凌ぐとは思えませんし、パケット通信のための余計な費用が掛かります。

6.読書
 恐らくパケット負担の大きいiモードでしか読めないでしょうね。

7.外出先でのメールチェック
 母艦機で利用しているインターネットメールを、P906iで読み書きするための専用アプリは無いようです。
 単に、ネットのメールページにアクセスするしかなさそうです。
 逆にiモードメールをパソコンで操作する事は出来るようですが、月額使用料210円が掛かるようです。

 と言う事で、アドエスを手離す事は、不可能だとつくづくと実感しました。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

P906iで音楽を聴く

 ドライバーはインストールしたものの、未だ母艦機からモデムとしての利用を試していません。
 私は、コスト面からも、iモードなど携帯電話を利用した音楽ファイルの入手は考えていません。
 取り敢えず、母艦機に保存してある既存の音楽ファイルを、P906iで再生する事ができましたので、その報告です。

 最初に、以前アドエスで利用していたP906i用の4GBのmicroSDHCに対するファイル操作方法です。

1.直接接続
 microSD-USBアダプター経由で、直接、母艦機に接続して、ファイル・エクスプローラー等で、microSDHCに対して、ファイル操作が可能になります。

2.USB設定
 P906iで次の操作をして、
(1)メニュー
(2)設定
(3)その他
(4)USBモード設定
(5)microSDモード
 に設定する事で、USBケーブル接続で、母艦機からP906iのmicroSDのファイルを操作する事が可能です。
 
 アドエスなどのWinMobile機ですと、母艦機の音声や動画ファイルを、転送するだけでPDAで利用できますが、携帯電話機ではそうは簡単にはいかないようです。
 つまり、どちらの方法でも、携帯電話の場合は、フォルダー構造が解かっても、単にファイルを転送するだけですと、管理用のファイルに情報が書き込まれないので、それまで利用できたファイルも含めて、認識できなくなる危険が有るようです。(動画の場合は、ファイル名を変更すると単なるファイル転送で可能でした。音声ファイル以外は可能なのかもしれません)

 結局は、次のような方法が無難だと思います。

1.「datalink」を利用する方法
(1)ファイル型式の変換
 母艦機に保存してあった「.mp3」ファイルを、P906i用の「.3gp」に変換する
①母艦機の「携帯動画変換君」を起動し、
②設定ファイルセレクター画面で「3GPPファイル、音声AAC型式一般設定」を選択し、
③「QVGA標準画質15fpsステレオ」で処理すると
④指定したフォルダーに「.3gp」ファイルが作成される。

◎フリーウエア「携帯動画変換君」[WinXP用]
mpeg、avi、mov、wmvの動画ファイルだけでなく、mp3やwavなどのオーディオファイルを携帯用に変換
http://mobilehackerz.jp/contents/3GPConv
私の環境では、ウイルスバスターの「ハッカー注意」が出ます。(以前は出なかったような・・・)
自己責任でどうぞ。

(2)通信モード
 P906iで次の操作をして、
(1)メニュー
(2)設定
(3)その他
(4)USBモード設定
(5)通信モード
 に設定する事で、母艦機のモデムとして利用できるようにる。

(3)データ転送
 P906iを母艦機と充電機能付きUSBケーブルで接続して、
①母艦機の「datalink」を起動し
②下部に表示されるアイコンから「iモーション」を選択
③「iモーションの追加」ボタンを押し
④「.3gp」ファイルを選択し「OK」を押す
⑤「datalink」の「iモーション」画面に、選択したファイルが表示される
⑥転送したい「.3gp」の選択が終わったら、「iモーション」画面の右上の「携帯電話に書き込み」アイコンをクリックする
 転送が始まるので、終了するまで待つ。

(4)音楽再生
 P906iで次の操作をして、
①メニュー
②データBOX
③iモーション
④iモード
 からファイルを選択し、再生する。

2.母艦機の「Windows Media Player」と、P906iとを「MTPモード」で同期させて、音楽ファイルを転送する方法
(1)「Windows Media Player」のライブラリ作成
①母艦機の「Windows Media Player」を起動する
②「表示」で「フルモード」を選択する
③画面上部の「ライブラリ」ボタンを押して、ライブラリに登録されている曲目を確認する
④曲目を追加したり削除してP906iに転送したい曲を選択する

(2)MTPモード
 P906iで次の操作をして、
①メニュー
②設定
③その他
④SBモード設定
⑤MTPモード
 に設定する。

(3)同期
 P906iを母艦機と充電機能付きUSBケーブルで接続して、
①母艦機の「Windows Media Player」の画面上部の「同期」ボタンを押して同期画面を表示する
②画面右端の「ここに項目をドラッグして同期させるリストを作成します」にライブラリや曲をドラッグする
③画面右端の下部の「同期の開始」簿店を押すと、同期が始まり、
 母艦機の音楽ファイルがP906iのmicroSDに転送される。

(4)音楽再生
 P906iで次の操作をして、
①メニュー
②データBOX
③ミュージック
④ミュージックプレーヤー
⑤曲リスト
 からファイルを選択し、再生する。
 この方法では、「.MP3」ファイルも変換作業無しに、P906iで再生できるようになります。

 なお、「hiro」さんの次のページの記事を参考にさせていただきました。アドエスもお使いの方のようです。

「フォーマP705iμで音楽を聴く」
http://hirocchi.blog.ocn.ne.jp/hiro/cat2715920/

| | コメント (3) | トラックバック (0)

2008年6月 9日 (月)

P906iとアドエス比較

 購入後未だ、一週間程度ですが、P906iとアドエスとの使用感の比較レポートです。

Imgp2068_ 1.容積・質量
 P906iを折り畳んだ状態でも厚みはほぼ同じで、小型・軽量です。
・P906i:108x50x17.4mm=94cm3、123g
・アドエス:135x50x17.9mm=121cm3、157g

Imgp2075_ 2.キーボード格納方式
 液晶保護カバーが必要無い折畳式のP906iが便利です。
・P906i:折畳式
・アドエス:スライド式

 実際に、P906iはズボンのポケットに入れて、アドエスはベルト装着式のケースに入れて持ち歩いています。
 P906iは、ポケットに入れているのを忘れるくらいの大きさと重さなので、アドエスがP906iと同程度の容積・質量で折畳式なら、携帯には実に便利だと思います。

追記:WILLCOM 03の場合は、P906iよりも縦が1cm位大きいし、しかも縦型のダイヤルキー入力にすると、カーソルキーは液晶画面のタッチキーになります。これは、ひどい仕様だと思います。

3.待受け(Today)画面
 アドエスが優れています
・P906i:背景は自由になるものの、アイテムなどは限定されている。
・アドエス:背景は勿論、内外の有料無料のアイテムから自由に選択できる。

4.仕事・予定表・連絡先
 アドエスの方が簡単に同期できる
・P906i:「datalink」を使うと可能だが、使い難い。
・アドエス:「ActiveSync」を使って、比較的簡単に同期できる。

5.アプリケーション
・P906i:組み込み済みのものだけで、WinMobile環境とは比較にならない限定された状況です。母艦機用アプリケーションとの互換性もほとんど有りません。
・アドエス:旧機種用のものも含めて、内外の有料無料の膨大なソフトが入手できますし、利用可能です。母艦機用アプリケーションとの互換性があるアプリケーションも多く、データを同期できる。

6.電波
・P906i:ほとんど圏外は無かった。
・アドエス:山間部などでは圏外になった。

7.データの互換性
・P906i:「datalink」を使うと可能だが、極めて使い難い。ファイル・エクスプローラー機能が無いので、パソコンからP906i本体やmicroSDにコピーや貼付などが出来ない。対応できるファイル型式が少ない。
・アドエス:「ActiveSync」を使って、比較的簡単に同期できる。ファイル・エクスプローラー機能により、パソコンからアドエス本体やmicroSDにコピーや貼付が簡単に出来る。対応できるファイル形式が多い。

8.ダイヤル・キー入力
・P906i:ニコタッチには、ガイド画面があり、実に解かりやすい。
・アドエス:「ctrlswapmini」でニコタッチも可能だが、現状ではガイド画面をサポートしてい無いので、記憶が頼り。キーマップを、自分好みにアレンジできる。

Imgp2069_

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年6月 4日 (水)

P906i購入

 昨日、近くのドコモショップで携帯電話の新規購入手続きをしてきました。

 予定通り、私はP906iで「タイプSSバリュー」と「パケットパック30」、家内にはP705iで「タイプSSバリュー」の契約です。
 機器代で約88千円、毎月の通信費等が6千円弱程度で、家内との通話やメールが実質無料(但し、何故か来月から)、ネット接続など5万パケット程度が使えて、余った通信費を2か月間家内と使い回しが可能になりました。

 これまでは、私がアドエスで「パケコミネット(4x)」、家内が京セラAH-K3001Vで「標準コース」で6千円程度でした。20万パケットまで無料ですが、通話料などは全て有料で、他に高速化サービス300円や、圏外に居る時に備えての。留守番電話サービスなどの追加費用負担もありました。

 身内には、残念ながら家内しかウイルコムユーザーがいないので、通話やメールが無料になる「タイプSSバリュー」と同様の「ウイルコム定額プラン」と、「パケコミネット」を利用すると9千円弱掛かってしまうのです。

 改めて、ウイルコムの将来に関して、考えさせられました。

 8年前に、首都圏で単身赴任を始めたのを契機に、家族との連絡用と、旅先でのパソコンのモデム用として、私がウイルコムの前身であるDDI-PocketのAirH”に加入した時は、携帯電話各社と比較して

1.通信速度が速い
2.通信費が割安
3.通信エリアが広い(東京の地下等でも通信可能、特急程度なら移動中でも通信可能)

 と、三拍子揃っていたので、当時は世間的には余り認知されていなかったかもしれないけれど、実際にはPHSの競争力は非常に強かったのです。

しかし、今では

1.通信速度が遅い(確か1/4程度だった携帯電話が、何時の間にか追い越してしまった)
2.通信費が割高(今年3月に携帯各社は携帯電話本体と分離した通信料体系に移行して大幅ダウン)
3.通信エリアが狭い(地元に戻り、地方の観光地への旅行が増えて実感しています)

 と、残念ながらまともに競争できる状況では無くなっていると思います。極端な例では有りますが、山や海で遭難した時に、携帯電話では助かっても、ウイルコムなら「圏外」で、助からないかもしれないのです。

 望みは、新規格の高速PHS網ですが、ただ、現状のままでは競争力の回復は期待できません。

 既存の携帯電話各社ばかりか、新たな競争者としてのイーモバイルは

1.通信速度が速い
2.通信費が安い
3.大都市中心で通信エリアは狭い

 という、明確な経営戦略で、シェアを拡大しています。

 そうした競合相手に打ち勝って、ウイルコムが生き延びていくためには、

1.新規格PHSで通信速度が速い
2.通信費の大幅な改定
3.既存の基地局の高速PHS全面移行と、観光地など人の集まる場所への新規重点投資

 が不可欠だと思います。
 有能なマツケン社長は、既に気が付いているとは思うのですが・・・

 明日から旅行に出掛けます。今月は未だ解約せずにウイルコムと併用しながら、実際に使い勝手を比較してみたいと思います。

| | コメント (6) | トラックバック (0)

2008年6月 1日 (日)

ニコタッチ方式

 私は、仕事用の会社のパソコンでも、私事用のサブノートでも、文字入力は基本的に1文字を1回のキー操作で入力可能な「ひらかな入力」です。

 私の最初のPDAはシグマリオンⅡでしたが、比較的抵抗感が無かったのは変則キー配置ながら「ひらかな入力」が出来たからです。
 ところが、アドエスをはじめ最近のQWERTYキーボード装備のスマートフォンは、キーの数が限られているためか、基本的に1文字を2回のキー操作で入力するローマ字入力専用です。

 若い頃に英文タイプライターを使っていたし、梅棹忠夫「知的生産の技術」の影響も受けてローマ字文書にも凝ったりしていたので、キー操作は一応出来るのですが、キータッチが多い「ローマ字入力」は、やはり嫌いです。

 [es]やアドエスでの文字入力で、QWERTYキーでのローマ字変換に違和感を感じていた時に知ったのが、「ctrlswapmini」を利用した「a nomaly's Keymap」による「ニコタッチ風」でした。その後、さらに私好みに多少修正を加えた「analyzer's Keymap」を作成しました。
 これで、アドエスからの文字入力に対する違和感が、ほぼ解消されました。「analyzer_keymp.txt」をダウンロード

  今回、携帯機種の選定で、拘ったのも「ニコタッチ方式」が出来るかどうかです。
 パナソニックの「P906i」を選択した大きな理由は唯一「ニコタッチ方式」を選択可能だったからです。他のメーカーは「2タッチ方式」は選択可能でも「ニコタッチ方式」はサポートしていなかったのです。

 一般に「2タッチ方式」と言われているのは「ポケベル方式」で、同じ2タッチ方式でもパナソニック独自の「ニコタッチ方式」とは、別物なのですね。

ベル打ち(大文字)
  1  2 3  4  5  6 7 8 9 0
1 あ い う え お A B C D E
2 か き く け こ F G H I J
3 さ し す せ そ K L M N O
4 た ち つ て と P Q R S T
5 な に ぬ ね の U V W X Y
6 は ひ ふ へ ほ Z        
7 ま み む め も          
8 や   ゆ   よ          
9 ら り る れ ろ 1 2 3 4 5
0 わ を ん ゛ ゜ 6 7 8 9 0

ニコタッチ(大文字)
  1  2  3  4  5  6  7 8 9 0
1 あ い う え お .  - @ _ 1
2 か き く け こ   a b c 2
3 さ し す せ そ   d e f 3
4 た ち つ て と っ g h i 4
5 な に ぬ ね の   j k l 5
6 は ひ ふ へ ほ   m n o 6
7 ま み む め も p  q r s 7
8 や ゆ よ ゃ ゅ ょ t u v 8
9 ら り る れ ろ w  x y z 9
0 わ を ん 、 。 ー ・ ? ! 0

 「ニコタッチ方式」が優れているのは、ダイヤルキーに印字された文字と、キー入力方法に規則性があるので覚えやすいからです。
 ひらかなの場合には子音キーを押してから、1~5に割り振られた母音キーを押すと言うのは、実に単純です。

 また、英字は、最大4個の最初の文字に割り当てられたキーを押してから、何番目かどうかを6~9のキーで英字である事を指定し、数字は数字キーを押してから0を押して数字である事を指定する言うのも、実に単純で覚えやすいのです。

 濁音や半濁音、促音などの指定も、実に解かり易い規則的な方法です。

 「ニコタッチ方式」なら、QWERTYキー(30個)の半分以下のダイヤルキー(12個)しか使わないし、配列も規則的で覚えやすいので、ガイドが無くても使えるのです。
 しかも、ローマ字入力と同様の、基本的には2回のキー操作で1文字を入力できます。
 慣れると、操作するキーの範囲が狭いので、QWERTYキー入力よりも早いのです。

 「ニコタッチ方式」が、他のメーカー製品も含めて、広く普及してくれると嬉しいと思います。

 ニコタッチ方式愛用者の方々のページです。

「ctrlswapmini でニコタッチ・ポケベル入力の薦め」」http://www.myopen.jp/blog/2007/02/ctrlswap.html

「携帯のニコタッチ方式」
http://medama-cafe.tea-nifty.com/mc/2007/03/post_1d31.html

| | コメント (2) | トラックバック (0)

« 2008年5月 | トップページ | 2008年7月 »