« 2008年6月 | トップページ | 2008年8月 »

2008年7月

2008年7月30日 (水)

予定表

 60歳で定年退職して、家事もせざるを得なくなり、ゴミ出し日を覚えなければならなくなりました。

 当地では「燃えるゴミ」は、毎週火曜日と金曜日、「燃えないゴミ」は、毎月第二と第四の木曜日、空き缶・ペットボトル・ガラス瓶は毎月第一と第三木曜日、資源ごみは第二と第四の水曜日です。

 こんな予定は、アドエスのアウトルックでは入力できないと思っていたのですが、「パターン」から「パターンの編集」で、それなりに指定できる事が解かりました。
 これで、ゴミ出しを忘れずに済みそうです。

20080730070912 20080730071255 20080730070852 20080730072336

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2008年7月28日 (月)

itask

 iPhoneが話題なので、雰囲気を味わってみようと「itask」を使ってみました。

20080314092942 20080722052959  メニューの中の「iProgs」をタッチして、表示されるアイコンの内、ゲームなどほとんどのものが、実際に利用できるのが、解かりました。.

 私は、ゲームが余り好きでないので、試してみただけですが、多くがDOS時代からの比較的単純な馴染みのある定番ゲームですし、お暇と興味が有る方にはお勧めです。

.

20080722051521 20080722051629 20080722051836 20080722052215 20080722052319 20080722053546 20080722053937

2008072205284620080722051409

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年7月21日 (月)

iPhoneの特徴

「日経ビジネス」(2008.7.14)からの抜粋

機能は「ミニパソコン」に匹敵

1.直感的、簡便な操作性
・タッチパネルを指先だけで全てを直感的に操作するマルチタッチ機能を搭載。文字入力時は「テンキー」などの仮想キーボードが表示され、、カナ入力、ローマ字入力などができる。
・加速度センサーがiPhoneの向きを感知して、ユーザーが見やすいよう画面の縦横を自動で切り替える。
・iPhoneを耳に近付け通話しようとすると近接センサーが察知。ディスプレーの電源とマルチタッチ機能を切り、誤動作を防ぐ。

2.充実したインターネット機能
・環境に応じて携帯電話の3Gネットワークと、ホットスポットなどの無線LANを自動的に切り替え、高速(最大秒速54メガビット)なウェブ環境を常時維持する。
・ウェブブラウザー「Safari(サファリ)」で全てのサイトを閲覧でき、ほぼ全てのパソコンメールを利用できる。携帯電話向けに作られたサイトも閲覧できる。
・株価や天気の情報を見る専用メニューを搭載。そのほか、ネットと接続して使う各種アプリケーションを自由にダウンロードして活用できる。

3.多彩なエンターテイメント機能
・内蔵された「iPod(アイポッド)」の機能で音楽や動画を楽しめるほか、オンラインストア「iTunes(アイチューンズ)」でコンテンツを入手できる。
・デジタルカメラなどで撮った写真を簡単に保存・管理できるほか、内蔵カメラで撮影も可能。
・動画共有サイト「YouTube(ユーチューブ)」の専用ブラウザーを搭載。ディスプレー全体を使って簡単に動画を楽しめる。

4.業務用途にも活用可能
・内蔵するGPS(全地球測位システム)機能や携帯電波の基地局情報などを頼りに、素早く簡単に現在地周辺の地図を表示できる。
・遠隔地からデータを消去できる機能などセキュリティ機能が充実したほか、マイクロソフトの「Exchangeサーバー」に対応した。

弱点
・赤外線機能がないため、アドレス交換が面倒。
・「おサイフケータイ」機能が無く、「エディ」や「スイカ」などは別途必要。

・・・・との事なのですが・・・・

 何と言うか、どうも違和感があります。記載されている機能が完全ではない事と、これらの機能のほとんどが、既にアドエスでも可能だからです。無いのは、モーションセンサーや、GPS、ハードキーでは必要性の低い近接センサー程度です。アドエスなどのウインドウズモバイル機は、元々が「ミニパソコン」機能を備えているのです。

 顧客にとっては便利な予約販売をせずに、朝7時から直接販売として、前日からできた長蛇の行列をマスコミのカメラに撮らせて、話題性を狙うというマスコミ戦略など、顧客まで、宣伝に利用するために踊らすというアップルの販売戦略には、私としては、どうも違和感が残るのです。

 まあ、それを楽しむ自虐的なアップル信者も居るようですが・・・「こんなにも苦労して手に入れたものなのだから、価値があるはず」・・・という自己暗示?

 たかが「情報機器」、されど徹夜で並んでまで手に入れたい「情報機器」なのかな。私にとってのアドエスは、やはりただの「便利な道具としての情報機器」でしか無いし、ましてiPhoneは、色々検討はしてみたものの、残念ながら購入する気にもなれない「情報機器」でしか無いのですがね。

 まあ、実際問題としては、私の待望する(折畳式)携帯電話機タイプのスマートフォンの実現も含めて、色々、選択肢が増えるのは歓迎したいと思います。それぞれ、影響し合いながら、切磋琢磨して、より使いやすいスマートフォンを目指して欲しいと思います。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2008年7月15日 (火)

BSデジタル放送番組

 BSデジタル放送の番組をアドエスで表示できないかと、「UKTvList」のマニュアルを見ていたら、「MyList」という機能が有るのが解かりました。

MyListの編集(Windowsのみ)
ダブルクリックを適当に押してください。
[OK]で保存してください。
重複チェックもしてないので注意してください。
地域では,MyListを選択してください。
CEは,サポートしていないので,ログディレクトリのMyList.tsvをコピーしてください。

20080715185928 20080715185904 20080715185848_2  と言う事で、WinXPの母艦機で「UKTvList」を起動し、青森の放送チャネルから、BSデジタル放送を含む「MyList」を作成しました。

 ジャンル別に抽出して表示できますから、録画したい番組を選ぶのが、大変便利になりました。

20080715134721 20080715134820_2 20080715135041 ◎フリーウエア「UKTvList」v0.5.9.3(2008-03-08)UK-taniyamaさん
TVガイドのTV番組表を表示するためのツール
http://homepage3.nifty.com/UK-taniyama/tools/UKTvList4.html

| | コメント (3) | トラックバック (0)

2008年7月12日 (土)

TakTV

20080709070218 ◎フリーウエア「TakTV」ver.0.007 ビルド79(2008年7月9日)あひるZさん
ONTVの番組表をPDAで見やすくするソフト
http://ahiruz.com/pa_5_003.html

「縦画面のみに対応」との事ですが、私は動画を見たりするとき以外は、専ら縦画面しか利用していないので、不自由はありません。

ONTV
http://www.ontvjapan.com/program/gridNormal.php

 やっと我が家でもハイビジョンテレビを購入したので、出来れば衛星ハイビジョン放送にも対応していただけると有り難いのですが・・・
 ONTV自体では、BSデジタル放送の番組も表示されているので、可能だとは思うのです。
20080712092642 20080712092551

携帯電話機で、外出先から録画予約も可能ですから、BSデジタル放送の番組を確認できると、応用範囲が広がるのです。

 同様のソフトである「UKTvList」を、超える可能性のあるソフトだと思います。

20080719125215 追記:ナスくんさんからコメントを頂き、TakTVでも、設定画面のチャンネル毎に登録する各地方の後に、BSデジタルやCS共通(1)~(4)が有るので、BSデジタルやCSの番組が表示できる事が解かりました。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2008年7月 9日 (水)

アドエスのソフト紹介

 毎日、アドエスを利用していますが、最近ちょっと新しい話題が有りません。日頃利用させていただいているソフトから、私のお勧めのものを紹介させていただきます。

20080709061437 ◎[ソフト紹介]フリーウエア「片手間電卓」Version 0.6.2(2008.2.2)ゆうまじろう さん
ダイアルキー付きWindowsMobile機向けの、片手で操作できる計算機アプリ
http://www.vector.co.jp/soft/other/wince/se418509.html
 本家のリンクが切れているので、ベクターからダウンロードするしかないようです。

追記:APOさんから新しい作者のリンクの情報をいただきました。

http://www.lares.dti.ne.jp/~youma/air_edge/onehandcalc.html

 昨日、保険会社に出向いて退職後の生命保険の見直しをしました。
 年間の保険料の計算などで、電卓が必要になり「片手間電卓」を利用しました。
 片手でのダイヤルキー操作でも、タッチ操作でも利用できるのが便利です。

20080709061222 20080709061236  なお、標準のスキンの他に、様々なスキンが提供されています。
 私は、「黒色バージョン」が気に入っています。

Vohedgeさんのスキン
http://d.hatena.ne.jp/Vohedge/searchdiary?word=%2a%5b%ca%d2%bc%ea%b4%d6%c5%c5%c2%ee%a5%b9%a5%ad%a5%f3%5d

追記:「片手間電卓」には、2乗や平方根などの関数電卓機能も有ります。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2008年7月 5日 (土)

MobSync

◎シェアウエア(840円)「MobSync」Ver.2.0.0
WindowsCEデバイスとPCをフォルダ単位で同期させるものです。PC上で動作します。
http://doosoft.seesaa.net/article/101650971.html

 標準のActiveSyncにもファイルの同期オプションが有るのですが、私の場合は、どうもうまく行かないことが多かったのです。(アウトルックの予定表・仕事・連絡先は、最低でも毎週一度は同期しています)

 そんな時に、フォルダー単位で同期できる「MobSync」を知り、大変便利に使わせていただいています。

New2  私が同期しているのは、主に母艦機とアドエスの両方で同じソフトを使っているもののデータです。

1.家計簿ハニー
 母艦機かアドエスか、どちらか最新のものに置き換えします。

2.Idea Tree
 母艦機かアドエスか、どちらか最新のものに置き換えします。

3.パスワード
 母艦機かアドエスか、どちらか最新のものに置き換えします。

4.写真
 アドエスで撮った写真を、母艦機に送ります。

5.画面キャプチャー
 アドエスの画面キャプチャーファイルを母艦機に送ります。

 標準の「ActiveSync」で母艦機とアドエスとを接続すると、自動的に「MobSync」が起動して同期されます。「同期」と言うのは、言わば「バックアップ」でも有るのです。再構築の時にも、安心です。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年7月 3日 (木)

スマートフォンの4つの基本形態

Zero33b 1.PDAスタイル
 初代W-ZERO3のようにカーソルキーと、スライド式QWERTYキーを備え、ダイヤルキーの無い形態

03_img01  2.携帯電話機スタイル
 一般の携帯電話機のように、折畳式でカーソルキーとダイヤルキーを備え、QWERTYキーの無い形態

追記:ドコモの場合は、最新の906iシリーズの8機種全て、705iシリーズの14機種の内11機種が折畳式なのです。(ストレート式2機種、スライド式1機種)つまり、普通のケイタイ=折畳式なのです。

 携帯電話に折畳式が多いのは、使わない時にはコンパクトな形に変化する事と、液晶画面が隠れるため、ケース無しで、ズボンのポケットの中に突っ込んだり、気軽に持ち運びできるからでしょう。

080610iphone3g 3.iPhoneスタイル
 iPhoneのように、タッチパネルだけを備え、物理的なカーソルキーやダイヤルキー、QWERTYキーの無い形態

X02ht 4.ミニキースタイル
 X02HTのように、ダイヤルキーを兼ねるQWERTY配列のミニキーと、カーソルキーとを備えた形態

.

 なお、PDAから進化しているのでタッチパネルは全てに備わっています。
 これらの基本形態を組み合わせて、PDAスタイルにダイヤルキーを加えた[es]やアドエス等のストレート式や、カーソルキーとダイヤルキーをスライド式キーボードにした形や、カーソルキーの無いiPhoneにスライド式QWERTYキーを加えた形等が考えられます。

 しかし、実際には、「QWERTYキー無しの携帯電話機スタイルのスマートフォン」は、未だに存在していませんよね。実現できたら、競争の厳しさが増してきたスマートフォン市場において、ウイルコムが生き残っていくための「強烈な個性と性能」を持った、まさに画期的製品になると思います。

 ウイルコムには、アンテナのカバー領域が狭いために地方で圏外が多い、現状では第三世代の携帯電話に比較して通信速度が遅いなどの欠点はあるものの、通話やデータ等の通信料の面では、携帯電話に比較して、未だに相当の優位性は有ると思います。(私自身、色々検討した結果、携帯との2台持ちを選択しました)

 次期アドエスには、更に小型・軽量化を実現するためにも、もう一歩、普通の携帯電話機に近づけたQWERTYキーの無いスタイル(折畳式)に、進化することを期待しています。(私としては、シャープ製のドコモの携帯電話機SH906iのハード面は、ほぼそのまま踏襲しても良いのではと思っていますが、様々な可能性を秘めた加速度センサーは、是非搭載して欲しいと思います)http://www.sharp.co.jp/products/sh906i/

C_02 追記:数字と日本語入力には、携帯電話と同様に、ダイヤルキーからの2タッチ(ニコタッチ)で十分ですし、英字入力のためのQWERTYキーは、Bluetoothによる外付けワイヤレスキーボードや、液晶画面からのソフトウエア入力パネル(SIP)で対応可能です。(イルミネーションキーボードは、電子レンジなどの屋内機器向きで、戸外でも使用するバッテリー駆動機器には、不向きだと思います)

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2008年7月 1日 (火)

03は初代W-ZERO3の後継機

「WILLCOM 03」開発者インタビュー
http://k-tai.impress.co.jp/cda/article/interview/40627.html

 03の開発コンセプトを大変興味深く拝見しました。私なりに次のように要点をまとめてみました。

1.スマートフォン市場での競争激化に対する危機感から、強烈な個性と性能を持つ製品
2.店頭で手にとってもらえるために、デザインを重視し、最初から最後までデザイナーの主張を貫いた商品
3.片手でメールを打てるようにするために、イルミネーションキーを採用
4.今は2台目の端末だから、電池の消耗を気にしなくて済むためのワンセグ搭載だが、将来、1台目の端末となるためにも、普通の携帯電話に有るワンセグ機能を搭載した
5.「ユーザーインターフェイスはまだまだ改善すべき点があると思いますし、ゴールの無い取り組みだと思っています。 」

 これらを踏まえての私の次機種への期待は次の通りです。

1.WVGA、QWERTYキー内蔵無し、折畳式のスマートーフォンは、この世界に未だ存在していない画期的な製品(加速度センサー内蔵も面白い使い途が有りそうですね)
2.iPhoneタイプの目新しいデザインよりも、使い勝手の良い折畳式を採用した実用性を追求した商品
3.一般的なダイヤルキーを備えた携帯電話の折畳式なら、2タッチなど片手でメールが打てる
4.地方では圏外が多いので2台目の電話機ではあるが、データ通信料が割安なので1台目のPDAでもあるので、普通の携帯電話に有るGPSも搭載する
5.ウインドウズパソコンは、小学生から大学生、社会人や主婦、老人まで広く普及してきており、スマートフォンとのデータやソフトの互換性は、まだまた改善すべき点が有ると思いますし、ゴールの無い取り組みだと思っています。

2チャンネル風に書くと
◎PDA→ダイヤルキー無しスマートフォン(初代W-ZERO3)派は、物理ダイヤルキー不要・QWERTYキー必要論
◎携帯電話→ダイヤルキー有りスマートフォン([es]・アドエス)派は、物理ダイヤルキー必要・QWERTYキー不要論?
なのかな。

 やはり本質的には、03は、アドエスの後継機ではなく、PDA派向けの初代W-ZERO3の後継機だったのですね。(一応は携帯電話機派用に、イルミネーションキーと言う裏技でダイヤルキーを付け足してはいますが)以前、ウイルコムの喜久川社長が言っていた「初代の後継機も開発中」は、事実だったのですね。

 次は、携帯電話派向けのアドエスの後継機を期待できそうですね。(PDA派用に、外付けブルートゥース接続という裏技でQWERTYキーを実現できます)

 マーケットが大きそうなのは、2タッチなどのダイヤルキー入力に慣れた携帯電話ユーザーですけどね。他方、マーケットがますます大きくなるウインドウズパソコンやPDAで日本語入力をローマ字変換でしているユーザーは、QWERTYキーは必要でしょうね。

 私は、昔の日本語ワープロ専用機からのひらがな入力でしたが、ローマ字変換が嫌いで、アドエスでは2タッチ入力に転向したので、どちらかと言うと携帯電話ユーザーに近いようです。

ついでに次の記事もご覧下さい。

「SH906i」開発者インタビュー
http://k-tai.impress.co.jp/cda/article/interview/40409.html

追記:こんな記事も03の特徴を理解するのに参考になりそうです

伊藤浩一のW-ZERO3応援団
「WILLCOM 03応援レビューその9~Todayをタスクマネージャとして使う」
http://d.hatena.ne.jp/itokoichi/20080701/p6

 「今までの端末だと、ボタンの上に指を置いて押す準備をしていたのですが、イルミネーションタッチキーでは触った瞬間に作動してしまうため、指を宙に浮かせて押す準備をする、ということに違和感があるようです。」

 「WILLCOM 03の商品コンセプトも、Advanced/W-ZERO3[es]のようにも使えるけど、iPod touchみたいに使おう、みたいなところがあるのかもしれません(憶測ですが、WILLCOM 03を使っていると感じます)。」

 iPhoneにスライド式のキーボードを付けた機種が検討されているようですから、この03シリーズは、中途半端で(明るい戸外ではキーの文字が見えない、バッテリーへの負担がある、押さなくても触れただけで反応してしまう等)欠点も多いイルミネーションキーはやめてダイヤルキーを省略し、初代と同じような形に戻るのか、或いはiPhoneのようにカーソルキーも無くする形に進むのかもしれませんね。

追記:当初は、特色があった食堂などが、駄目になっていくパターンとして、顧客の要望を次々と取り入れていく結果、ラーメンも、焼き魚定食も、親子丼にカレーライスまでメニューに加えて、何が何だか訳が解からなくなって、やがて顧客からも見捨てられるケースを良く見かけます。

 今回の「顧客からの要望が多かった項目を取り入れた」という03には、ややそうした傾向が伺われる気がします。(中途半端なイルミネーションキーボードはまさに、その象徴では無いでしょうか)もう一度、製品の品揃えを見直しして、それぞれ役割を明確にした端末に絞り込む事が必要だと思います。

追記:掲示板などの書き込みを見ていると、縦型(ダイヤルキー)利用の携帯電話派の方は、多くが今回の03の購入を見送ったか、十分調べずに間違って買ってしまい「イルミネーションキーは、使い難い」と、嘆いておられるようです。

 03を購入された方の多くは、横型(QWERTYキー)利用のPDA派で、初代W-ZERO3に比較して小型軽量化された03に満足しておられるようです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2008年6月 | トップページ | 2008年8月 »