« 03は初代W-ZERO3の後継機 | トップページ | MobSync »

2008年7月 3日 (木)

スマートフォンの4つの基本形態

Zero33b 1.PDAスタイル
 初代W-ZERO3のようにカーソルキーと、スライド式QWERTYキーを備え、ダイヤルキーの無い形態

03_img01  2.携帯電話機スタイル
 一般の携帯電話機のように、折畳式でカーソルキーとダイヤルキーを備え、QWERTYキーの無い形態

追記:ドコモの場合は、最新の906iシリーズの8機種全て、705iシリーズの14機種の内11機種が折畳式なのです。(ストレート式2機種、スライド式1機種)つまり、普通のケイタイ=折畳式なのです。

 携帯電話に折畳式が多いのは、使わない時にはコンパクトな形に変化する事と、液晶画面が隠れるため、ケース無しで、ズボンのポケットの中に突っ込んだり、気軽に持ち運びできるからでしょう。

080610iphone3g 3.iPhoneスタイル
 iPhoneのように、タッチパネルだけを備え、物理的なカーソルキーやダイヤルキー、QWERTYキーの無い形態

X02ht 4.ミニキースタイル
 X02HTのように、ダイヤルキーを兼ねるQWERTY配列のミニキーと、カーソルキーとを備えた形態

.

 なお、PDAから進化しているのでタッチパネルは全てに備わっています。
 これらの基本形態を組み合わせて、PDAスタイルにダイヤルキーを加えた[es]やアドエス等のストレート式や、カーソルキーとダイヤルキーをスライド式キーボードにした形や、カーソルキーの無いiPhoneにスライド式QWERTYキーを加えた形等が考えられます。

 しかし、実際には、「QWERTYキー無しの携帯電話機スタイルのスマートフォン」は、未だに存在していませんよね。実現できたら、競争の厳しさが増してきたスマートフォン市場において、ウイルコムが生き残っていくための「強烈な個性と性能」を持った、まさに画期的製品になると思います。

 ウイルコムには、アンテナのカバー領域が狭いために地方で圏外が多い、現状では第三世代の携帯電話に比較して通信速度が遅いなどの欠点はあるものの、通話やデータ等の通信料の面では、携帯電話に比較して、未だに相当の優位性は有ると思います。(私自身、色々検討した結果、携帯との2台持ちを選択しました)

 次期アドエスには、更に小型・軽量化を実現するためにも、もう一歩、普通の携帯電話機に近づけたQWERTYキーの無いスタイル(折畳式)に、進化することを期待しています。(私としては、シャープ製のドコモの携帯電話機SH906iのハード面は、ほぼそのまま踏襲しても良いのではと思っていますが、様々な可能性を秘めた加速度センサーは、是非搭載して欲しいと思います)http://www.sharp.co.jp/products/sh906i/

C_02 追記:数字と日本語入力には、携帯電話と同様に、ダイヤルキーからの2タッチ(ニコタッチ)で十分ですし、英字入力のためのQWERTYキーは、Bluetoothによる外付けワイヤレスキーボードや、液晶画面からのソフトウエア入力パネル(SIP)で対応可能です。(イルミネーションキーボードは、電子レンジなどの屋内機器向きで、戸外でも使用するバッテリー駆動機器には、不向きだと思います)

|

« 03は初代W-ZERO3の後継機 | トップページ | MobSync »

デジタルカメラ」カテゴリの記事

コメント

DoCoMoのF1100が「QWERTYキー無しの携帯電話機スタイルのスマートフォン」だと思いますよ。

投稿: kio | 2008年7月 8日 (火) 13時02分

kio さん、コメント有難う御座います。

 残念ながら、一般的な携帯電話機のような折畳式では無いんですよね。(私の勝手な定義では「携帯電話機スタイル=折畳式のQWERTYキー無し」なのです)

 それと、WVGAの世界を一度経験してしまうと、今更QVGAには戻れ無いのです。

投稿: 孔来座亜(analyzer) | 2008年7月 8日 (火) 19時36分

たしかに。「折畳式」では無いですね。
私の中では「折畳式」≠携帯 なんですね(笑)
ずっとストレート。

>WVGAの世界を一度経験してしまうと、今更QVGAには戻れ無い
そうですね。es持ちなんですが、QVGAにはとても戻れません。

投稿: kio | 2008年7月11日 (金) 23時20分

kio さんは「ストレート」タイプがお好みでしたか。
私が最初に持った携帯もDDIポケットのH”でストレートでした。
 外出時は、ズボンのポケットに突っ込んでいたので、液晶部分も含めて、傷だらけになってしまいました。

 5年以上使って、ついに故障してしまったので、京ポンに変えてやっと折畳式になりましたが、ストレートタイプの[es]と次のアドエスに変えてからは、ポケットに入れられる大きさや重さでは無いので、ベルト装着のケースに入れています。

 次機種に期待しています。

1.QWERTYキー無し(小型・軽量化)
2.折畳式
3.2タッチ入力対応
4.Bluetooth内蔵
5.GPS内蔵
6.ワンセグ内蔵
7.モーション(加速度)センサー内蔵
8.SDHC8GB以上対応
9.カメラ性能改善
10.CPU性能向上
 

投稿: 孔来座亜(analyzer) | 2008年7月12日 (土) 08時45分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/106979/41724291

この記事へのトラックバック一覧です: スマートフォンの4つの基本形態:

« 03は初代W-ZERO3の後継機 | トップページ | MobSync »