« アドエス日々更新 | トップページ | アドエスを卓上時計に »

2008年9月 9日 (火)

ドコモの新割引サービス

 10月1日から、ドコモの新割引サービスが始まります。

http://www.nttdocomo.co.jp/charge/discount/new_service/index.html?ref=gp_top

 ドコモの場合は、パケット通信でも、iモード通信とiモードフルブラウザ通信、それに一般のパケット通信とパソコンのモデムとしてのパケット通信費は、それぞれ別課金体系になっているようです。

 今回の「パケ・ホーダイ ダブル」は、定額料 月額1,029円でiモードフルブラウザを利用しても上限額 月額5,985円ですが、iモードしか利用できません。(パソコン・PDAなどを接続したパケット通信は、iモード上限額およびiモードフルブラウザ上限額の対象外)
 他方「Biz・ホーダイ ダブル」は、定額料 月額1,029円で上限額 月額5,985円ですが、逆に一般のパケット通信にしか利用できません。iモードやiモードフルブラウザやパソコンとしてのモデム通信には上限額が適用されないようです。

 私の場合は、iモードも使いたいし、パソコンのモデムとしてのパケット通信も使いたいので新割引プランは、どちらも不適当です。

 従来の「パケ・ホーダイ(パケット定額サービス)」は、月額 4,095円でiモードもメールも使い放題になるiモードパケット定額サービスです。しかし、iモード通信以外のパケット通信料は、0.021円/パケットで割安とは言え、別途料金が掛かります。

 結局は、今まで通り、定額料(=無料通信分)月額 1,050円(0.105円/パケット)で無料通信分が、パケット(iモードとiモードフルブラウザ、それに一般とパソコンのモデム)と音声やテレビ通話等にも広く使え、余った無料通信分を2ヶ月繰越せて、しかも、「ファミリー割引」なら2ヶ月繰越て余った分も、家族皆で分け合える(当月分と合わせて最大3千円分、基本契約の「タイプSS バリュー」と合わせると最大6千円分)実にお得な「パケットパック10」を利用し続ける事にしました。

 それにしても、パケットや通話の通信料が割高なので、ウイルコムから全面移行できる状況では有りません。

 せめて、パケット通信だけでも定額料 月額1,029円で上限額 月額5,985円程度で、iモードとiモードフルブラウザ、それに一般とパソコンのモデムとしても利用できる割引プランが有れば、通信速度が速い分だけ、全面移行も考えられるのでが・・・

 或いは、家内との通話は無料ですし、普段は自宅の無線LAN接続で済みますから、たまにiモードを使ったり、旅行中にモデムとして利用する程度なので、定額料(=無料通信分)月額 3,150円(0.0525円/パケット)で、無料通信分がパケット(iモードとiモードフルブラウザ、それに一般とパソコンのモデム)と音声やテレビ通話等にも広く使え、余った無料通信分を2ヶ月繰越しできて(当月分と合わせて最大9千円分、基本契約の「タイプSS バリュー」と合わせると最大12千円分)、ウイルコムの「パケットパック」と、ほぼ同程度の月々の通信費用で済む「パケットパック30」を利用する選択肢もあると思います。(但し、2008年12月31日をもって新規申込み受付を終了だそうです)

 しかし、何と言っても、料金面だけではなく、アドエスのようなWVGAとダイヤルキーを備えたスマートフォンが、ドコモには未だ無いんですよね。ウイルコムからアドエスの後継機が発表されないままで、12月末までに、もしWVGAとダイヤルキーを備えた折畳式の普通の携帯電話型のスマートフォン(GPSとモーションセンサーも)が、ドコモから発売されたら、思わず乗り換えてしまうかもしれません。

 そうした意味から考えると、やはり[es]やアドエスが、ウイルコムから契約者が流出するのを防いだり、2台持ちも含めて新たな契約者を獲得するのに、かなり役立っているのだと思います。03とD4には失望しましたが・・・

 負けるなウイルコム!!

|

« アドエス日々更新 | トップページ | アドエスを卓上時計に »

デジタルカメラ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/106979/42422823

この記事へのトラックバック一覧です: ドコモの新割引サービス:

« アドエス日々更新 | トップページ | アドエスを卓上時計に »