« PHS孤軍奮闘 | トップページ | アドエス日々更新 »

2008年9月 1日 (月)

アドエスをモデムとして利用

 旅行中など、B5版サブノートパソコンのモデムとして、ウイルコムの圏内の場合はアドエスを、圏外の場合にはドコモのP906iをモデムとして利用しています。
 土日に、弘前市の郊外に位置する岩木山の百沢保養所に泊まった時も、圏外だったのでP906iをモデムとして利用しました。

1.P906iをモデムとして利用する場合
(1)USBケーブルでパソコンとP906iを接続する。
(2)インストールしてある「ドコモ・通常パケット通信」アイコンを起動する。
(3)「ダイヤル」ボタンをクリックする。

20080901050226 2.アドエスをモデムとして利用する場合
(1)アドエスの「設定」「接続」「USB接続」で、「モデムとして利用する」を選択する。
(2)USBケーブルでパソコンとアドエスを接続する。
(3)インストールしてある「@niftyでインターネット」アイコンを起動する。
(4)「設定」「接続方法の設定」をクリックしてする。
(5)「アクセスポイントでの接続を利用する」を選択し「OK」ボタンをクリックする。
(6)「接続」をクリックする。

 比較して明らかなように、アドエスの方が面倒です。
 取扱説明書では「データ通信」と言う項目で、モデムとしての利用方法が書かれており、アドエス用のモデムドライバも用意されていますが、モデムとしての専用の接続ツールは用意されていません。

 そのため、私の場合はプロバイダで用意している「@niftyでインターネット」を利用しています。
 ウイルコムが、本気でパソコンと携帯電話との融合を目指すのなら、D4よりも、パソコン用のモデムソフトを用意すべきだと思います。

 ミニノートで音声通話をするというのは、やはり違和感があります。普通の携帯電話機と形状が同じウイルコムの携帯端末を、モデムとしても簡単に利用できるのなら、パソコンとしても携帯電話としても中途半端なD4を利用するよりも、ずっと便利だと思います。

|

« PHS孤軍奮闘 | トップページ | アドエス日々更新 »

デジタルカメラ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/106979/42343760

この記事へのトラックバック一覧です: アドエスをモデムとして利用:

« PHS孤軍奮闘 | トップページ | アドエス日々更新 »