« 日記帳ソフト | トップページ | HYBRID W-ZERO3 予約 »

2009年11月11日 (水)

こりゃ駄目だ

『HYBRID W-ZERO3』

期待していた次期W-ZERO3がついに発表されました。

1.下り最大7.2Mbps、上り最大5.7Mbpsの高速データ通信が可能
2.Bluetooth・GPSを搭載

3.3.5型フルワイドVGA画面

という、かなり意欲的な機種だと思います。

ただ

 スライド型のテンキーデザイン

は、ややがっかりです。

私としては、以前書いたように

[アドエス後継機に期待する主要仕様]
1.3インチWGA(800×480ドット=QVGAの5倍の情報量)既存
2.ダイヤルキーのみ装備(左右ソフトキー、2タッチ入力モード搭載)改良・新規
3.折り畳み式(液晶保護のためのケースが不要になる)新規
4.小型:49×105×19mm=97,755m3(折り畳み時)改良
5.軽量:約135g 改良
6.Bluetooth内蔵(外付けヘッドフォンやQWERTYキーボード利用可能)新規
7.ワンセグ内蔵(普通の携帯として) 新規
8.GPS内蔵(用途が拡大) 新規
9.アウトカメラ:約5.1メガピクセル/インカメラ:約0.33メガピクセル 改良・新規
10.microSDHC:16GB対応 改良・新規
11.無線LAN内蔵(現行PHSの通信速度の遅さを補うために不可欠)既存
12.USBホスト機能(外部ストレージや外付けQWERTYキーボード利用可能) 既存
13.OS:Windows Mobile 6(ソフトの互換性よりも、起動の早さ、動作の軽さ)更新
14.連続通話時間:約7時間 既存
15.タッチパネル(手書きメモ、お絵かき用)既存
16.CPU性能の向上:520MHz以上(駆動時間とのバランスが必要)更新
17.フラッシュメモリ:256MB、SDRAM:128MB 既存
18.充電端子:EIAJ #2(独自規格はやはり使い難い)改良

で、この条件からは、

3の折り畳み式(液晶保護のためのケースが不要になる)新規

と、4と5の薄くはなるものの質量や大きさも外れですし、アドエスと比較すると、むしろやや後退した感じが否めません。OSが新しくなるのと、GPSや、Bluetooth内蔵、モーションセンサー程度です。(ワンセグは携帯電話で十分です)

 それと何よりも、通信費用が、現状のままではイー・アクセスの方がかなり割安で高速です。私の試算では月2千円程度、イー・アクセスが安くなります。

 残念ながら、通信範囲が広いドコモの携帯電話を使いながら、汎用性の高いネットブックを新規購入し、通信費の安いイー・アクセスへ移行したほうが良さそうです。

|

« 日記帳ソフト | トップページ | HYBRID W-ZERO3 予約 »

デジタルカメラ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 日記帳ソフト | トップページ | HYBRID W-ZERO3 予約 »