« 2010年6月 | トップページ | 2014年2月 »

2012年10月

2012年10月21日 (日)

暖炉初日

 カボチャを収穫しました。

Pa214635

 わずか、1本の茎から、前回収穫した分も合わせると、十数個も付けてしまったので、小さい実ばかりです。
 実際問題として,隣地の草むらの中に隠れて茎を伸ばして行ったので、雌花を取り除こうとしたのですが、困難だったので放置したのです。
[[attached(1,center)]]
 小さいのですが、昨夜、ジンギスカン鍋で焼いて食べましたら、甘くて美味しかったので、安心しました。

{{{:

 我が家の暖炉で薪を焚く基準は
1.暖房が必要な気温が低い日
2.太陽が隠れている日
3.外出予定の無い休日
 の3つです。

 今日は、予想最高気温が15℃、太陽が時々顔を出していますが曇りがちの天気で、日曜日ですが特に外出予定は入っていません。ほぼ条件を満たしていますから、この冬初めて、暖炉で薪を焚く事にしました。
 毎日恒例の朝の珈琲を淹れ終ってから、早速、消し炭を火起こしに入れて、台所のガスコンロに載せました。
 火を起こしている間に、外に積んだ薪を、暖炉まで運んでセットしました。
 今日の薪は、昨年、使い残したアカシアの木です。

Pa214529

 二本並べた丸太の上に、真っ赤に起きた炭を乗せ、もう一本の丸太をその上に載せます。

Pa214529_2

Pa214531

 しばらく、燻っていて、そのまま放置していても、時間が経つと炎を上げて来るのですが、今日は早めに焚きたかったので、ふいごで風を送って火を起こしました。
 久し振りの薪が燃える炎です。
[[attached(5,center)]]
 室温25℃です。
[[attached(6,center)]]
[[attached(7,center)]]
[[attached(8,center)]]
 薪を足したのですが、やや角度が急で、燃えている薪が転がると危険なので、念のために、スパーク・カーテンも掛けました。(一応、居間の絨毯は、難燃性純毛に拘っています)
[[attached(9,center)]]
 風呂上りに、身体にバスタオルを巻いただけで、薪の炎を眺めながら、冷たく冷えたビール(発泡酒)を飲んでいると、まさに最高に幸せな気分です。(^ー^)ノ
[[attached(10,center)]]
 薪が燃える炎は、何故か、心まで温めてくれるような気がします。
[[attached(11,center)]]

}}}

**** この日のタイトルに関する記事は、灰色の背景と枠で囲んで、他の記事と区分しています ****
「日誌」として、当日に発生した出来事や、考えたり感じた事に関する記事や写真を、順次追加したり修正しています
'''苦労と努力で得た経験や知恵を、次の世代に伝えるために、「老後」という時間が有るのかもしれない'''

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012年10月20日 (土)

腹八分目

{{{:

 先週、日曜日の結婚日を含めて,3連休で、次の日も登山が有り、実質的に食べ放題、飲み放題が四日間も続きました。
 さすがに、5日目の昼食が終わった後、胃が重いというか、ニヤニヤと言うか、何とも言えない不快感です。
 痛みとは違うのですが、耐え難いほどの苦しさです。

 暫く、胃に手を当てて、暖めていましたが、余り変わりません。
 常備薬の「正露丸」3粒を飲みましたが、むしろ不快感は増しました。
 消化剤を飲むべきだったかもしれません。

 どちらにしても、食べ過ぎは駄目ですね。
 私は、中学生から高校生の頃は、大きな飯茶碗で、5膳食べていました。
 今も、腹いっぱい食べないと気が済まないのです。

 それでも、退職後は、減量のために節食に努力しています。
 満腹感を得るために、食事の最初に、味噌汁などのスープ類や野菜を食べ、コンニャクも欠かさないようにしています。
 お陰様で、それなりに体重コントロールを維持できています。

 今回は、珍しく飲食無制限が続き、さすがに丈夫な私の胃も、悲鳴を上げたようです。
 その後、数日、基準の量よりも、食べる量を少なくしました。
 というか、実際、食べたくなかったので、食べなかったのです。
 やはり腹8分目が大切なのですよね。

 ・・・・ところが、今朝から、ほぼ完全回復し、今夜は食べ放題、飲み放題です。♪ d(⌒o⌒)b♪

}}}

[[attached(1,center)]]
 

**** この日のタイトルに関する記事は、灰色の背景と枠で囲んで、他の記事と区分しています ****
「日誌」として、当日に発生した出来事や、考えたり感じた事に関する記事や写真を、順次追加したり修正しています
'''苦労と努力で得た経験や知恵を、次の世代に伝えるために、「老後」という時間が有るのかもしれない'''

| | コメント (0)

« 2010年6月 | トップページ | 2014年2月 »