« 引っ越し準備 | トップページ | フィッシュアイボディーキャップレンズ »

2014年3月 1日 (土)

夫婦の性格の違い(1)

 昨夜は、わずか3合の日本酒で酔っぱらってしまい、疲れも有って8時頃に寝てしまいました。
 12時半頃に目か覚めてしまい、2時間ほど、寝床の中でスマートフォンでネット巡回などをしていました。
 2チャンネルのマイクロフォーサーズ関係の掲示板で色々情報を集め、新発売の「フィッシュアイボディーキャップレンズ」を思わずネット注文してしまいました。
 その後も、余り寝付かれず、うとうとしながら6時に起きました。 

 今朝は曇り空です。
 また、暖炉で薪を焚いています。
 今回も不整形の大きな薪なので、どう積み上げるか、妻にも手伝ってもらって、丸い薪とは違い、苦労しました。
P1330603

P3010873

 私と妻とは、生まれた季節が真逆の夏至と冬至で、高島暦や星占いなどでも相性は最悪との事ですし、実際に、まるで正反対と言っても良いくらいに、性格が違います。
 「人付き合い」の違いも、その一つです。

 私は、人付き合いが苦手です。
 気の合う人は別ですが、何かの会合などで同席しても、何か特に用事が無い限り、知らない人には、自分から話しかける事は有りません。
 ですから、退職後にお付き合いが有るのは、仕事上の尊敬する先輩一人と、気心の合う同期の親友二人、後輩一~ニ人に、大学の同級生が一人程度です。
 大体、冷たいというか、他の方への関心がほとんどありません。
 言わば「来る者拒まず、去る者追わず」が私の基本スタイルで、私自身、特定の方を除き、積極的に私の方から他の方に連絡を取る事はほとんどありません。

 他方、妻は人付き合いが好きです。
 昔からの近所の幼馴染は勿論、大学時代の友人や、短期留学で知り合った方、私の転勤で各地に行きましたが、その土地で知り合った人など、今でもたくさんの方々と、お付き合いが有ります。
 他の方への関心も有り、どうしているだろうかと、時折、自分から電話を掛けたり、はがきを書いたり、地元の産品などを送ったりしています。

 私は、現役時代は仕事の立場上で、朝礼などで訓示をしなければなりませんでしたが、元々人前で話す事は大の苦手ですし、電話等も苦手です。
 従って、今年度は町内会の班長の当番でしたが、会合などには妻に出席してもらい、私は一度も参加しませんでしたし、回覧板を回すのも妻です。

 私は幼い頃から、好奇心が強いけれど人見知りで、来客が有ると母の背中に隠れて、こっそり後ろから見ている子供でした。
 また、父の転勤のため、小学校を3校、中学校を2校転校しましたから、仲良くなっても、いずれ別れなければならないのだと、濃厚な人付き合いを、自然に諦めるようになったのかもしれません。
 私の職場も転勤が有りましたから、それぞれの職場で、それなりのお付き合いはしても、その後はまた会う事もほとんど無いし、自分から連絡して再会しようともほとんど思わなかったのです。

 まあ、夫婦それぞれ、得手不得手が有りますから、それぞれ補い合っているので良いのでしょう。
 ただ将来、万が一にも妻に先立たれると、大変です。
 ご近所さんとは、会えば挨拶はしますが、どんな職業でどんな家族構成なのかも、私は全く関心が無いので、知ろうともしませんし、実際ほとんど解りません。

 私は、妻が居なければ、孤独死になる可能性が強いのですが、まあ、それも仕方がない事と、覚悟と言うか諦観はしています。

追記:「人付き合い」の基礎にある「他人への関心」も、私は実に希薄で、食事の時間など私自身に関わる事以外では、妻が何をしていてもほとんど気になりません。
 他方、妻は私の行動に関しても、何かと気になるらしく、「薬飲んだ?」「別の服にしたら」等と、色々うるさく口を出したがり、私から「俺に構うな!!、それよりも自分がやるべき事を、しっかりやれ!」と、叱られています。(笑)

追記:このブログも、突き詰めると、私の老後の日々の記録のために作ってるだけですから、必ずしも、コミュニケーションの場としてのブログではないのかもしれません。
 でも、コメントを頂ければ、大変嬉しいですし、必ずリコメと、コメントを書いて頂いた方へのブログへのコメントは欠かさないようにしています。
 実際、毎日100名以上の方に訪問していただいていますが、何故か、コメントは2~3人の方だけで、実に寂しい状態です。(;_;)シクシク・・・



 土曜の夜は、恒例の卓上炭火焼です。
 暖炉の熾火を、そのまま七輪に移しました。

P1330606

 タン、ハツ、キモ、それにコブクロです。

P1330612

 薪が燃え尽きそうなので、新聞紙薪を補充しました。、

P3010874


**日誌として、当日の出来事や考えたり感じた事に関する記事や写真を、順次追加したり修正しています**
**** この日のタイトルに関する記事は、灰色の背景と枠で囲んで、他の記事と区分しています ****
苦労と努力で得た経験や知恵を、次の世代に伝えるために、「老後」という時間が有るのかもしれない

|

« 引っ越し準備 | トップページ | フィッシュアイボディーキャップレンズ »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 引っ越し準備 | トップページ | フィッシュアイボディーキャップレンズ »