« ウェアラブルカメラ | トップページ | 油彩16-5 »

2014年3月 6日 (木)

灯油使用量

 今朝は、冷たい風が吹いていましたが、粉雪程度です。
 空き缶とペットボトル、ガラス瓶を、200m程離れたごみ集積所に出してきました。
 午前中の仕事は、パン作りと、その後に灯油のデータ入力、その後に、生ハム作りの下処理です。

 昨日、米国産の豚ロースが100g98円だったので、1kgずつ2個、妻が買って来てくれました。
イメージ 1

 先ずは、金串で全体を肉刺ししました。
 気を使ってくれたのか、脂身部分をかなり削ぎ落としてあります。
 私は、生ハムの脂身も好きなのですが・・・
イメージ 2

 密閉袋に入れて、ソミュール液(10%塩水、黒胡椒、ローズマリーなどの香辛料入り)に漬け込みました。
イメージ 3

 新しい大型冷蔵庫で一週間~二週間保存予定です。

 灯油データを分析しました。
 一階の居間と台所・食堂などの温風ストーブでの暖房と、妻が主に午後に個室として使っている二階和室のポータブルストーブの暖房用です。

 灯油は、冬場だけ1か月に2回程度、ホームタンク(200ℓ ?)に定期的に給油に来てくれて、請求書が発行されます。
 年度別の給油量(ℓ)の給油回数毎の給油量累計グラフです。X軸は給油回数です。
イメージ 4

 一冬1,000ℓ前後で、最大1,200ℓという事のようですが、結局は、灯油の使用量は、冬場の寒さに比例するようです。
 つまり寒さが厳しい冬は灯油を多く使い、暖冬気味の年は、灯油の使用量が減ります。
 今年の冬は、比較的暖かかったので、比較的使用量が少なくて済んでいます。

 単価(1ℓ当り)の方は、2008年秋に、原油価格が高騰したものの、直ぐに急落し、その後は、じりじり上昇を続けて来ています。
 特に、2013年は、阿部のミックスの円安政策のため、急激に上昇しましたが、この冬は幸いに暖冬気味のため、灯油価格も少し下落しているようです。
イメージ 5

 資源エネルギー庁が発表している灯油価格(18ℓ当り)推移です。
イメージ 6

 我が家は、生協の灯油共同購入を利用しているので、かなり割安に購入できているようです。
 こうしてみると、LPGは単価引き下げを申し入れして、駄目だったら、業者を変えるのが最善のコスト削減方法なのかも知れません。

 昼食のおかずは、安いマグロのアラから、中骨からそぎ落とした中落ちというか、腹骨ですから、言わば腹落ちの刺身です。(笑)
 新しい大型冷蔵庫は、パーシャル(微冷凍、-1~-3℃)機能が有り、刺身などの保存には最適なようです。
イメージ 7
 夕食は、分厚いスペアリブです。クレージー・ソルトを擦り込んで、オーブンで焼いただけです。

P3060903


 夜に見た映画は、スターチャンネルの「マリーゴールド・ホテルで会いましょう」(2011年、英=米)です。

あらすじ: 「マリーゴールド・ホテルで、穏やかで心地良い日々を-」という宣伝に魅力を感じ、イギリスからインドに移住してきたシニア世代の男女7人。夫を亡くしたイヴリン(ジュディ・デンチ)をはじめ、それぞれに事情を抱える彼らを待ち受けていたのは、おんぼろホテルと異文化の洗礼だった。そんな周りの様子を尻目にイヴリンは、街に繰り出しほどなく仕事を見つけ……。- Yahoo!映画

 老後を幸せに過ごすのは、実はなかなかに難しい事なのかもしれません。


**日誌として、当日の出来事や考えたり感じた事に関する記事や写真を、順次追加したり修正しています**
**** この日のタイトルに関する記事は、灰色の背景と枠で囲んで、他の記事と区分しています ****
苦労と努力で得た経験や知恵を、次の世代に伝えるために、「老後」という時間が有るのかもしれない

|

« ウェアラブルカメラ | トップページ | 油彩16-5 »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/106979/59247855

この記事へのトラックバック一覧です: 灯油使用量:

« ウェアラブルカメラ | トップページ | 油彩16-5 »