« MEGA地震予測 | トップページ | 基礎デッサン »

2014年3月12日 (水)

夫婦の性格の違い(5)

 日の出の時間が随分早くなりました。
 今朝は6時ちょっと過ぎです。
イメージ 1

 寝ながらも、左側の腰から足にかけての痺れるような痛みが有ります。
 昨年末から正月にかけての鼠径ヘルニアによる痛みと同じです。
 一度経験が有るので、今朝はスロー筋肉トレーニングも何時も通り実行しました。

 さすがに、伸展と腕立ては、痛みが酷くて、ほんの形だけの運動になりました。

 今朝の新雪は、2~3cmでした。
イメージ 2

 町内のごみ集積所に、段ボールを出しました。

 新しいガステーブルには安全のための「鍋無し検知機能」があり、鍋を置かないと点火しませんし、鍋を持ち上げると弱火になり、鍋を持ち上げた状態が1分続くと自動で消火されてしまいます。
 これまで、平日の毎朝行っていた、コーヒーの生豆を焙煎が出来なくなる心配が有りました。
 幸い、炒め物や煎り物をするための「あぶり・高温炒めモード」と言う機能が有り、最長30分間は、鍋底がセンサーから離れていても、使える事が解りました。
イメージ 3

 今朝のおやつは、昨日作ったフルーツケーキです。
イメージ 4

 朝9時過ぎから、非常用の新しい大型バッテリーに60W白熱灯を接続して、何時間点灯できるかテストしています。

 先日届いた、A4判とほぼ同じ大きさの6PW(305mmx203mm)サイズの集合写真14枚を、粘着剤で食堂の壁に貼りました。
 写真の裏側の四隅などに粘着剤を塗って薄く延ばし、10分程放置してから、ビニールの壁紙を貼った面に押し付ける、固定され、位置が悪ければ剥がして、何度も張り直す事が出来るので、大変便利です。
 
 「DPE宅配便 らくらく写真プリント」の6PWでのカラープリントは、通常1枚400円ですが、時折プリント料金が「20%OFF」になる「ディスカウントコード」がメールマガジンで送られてくるので、1枚320円の格安料金でプリントできるのです。
 なまじ、たまにインクジェットプリンターでカラープリントするよりも、品質的にもコスト的にも、割安だと思います。
 送料も、注文から3~4日で届く「ゆっくり仕上げ」で180円ですから、10枚以上まとめて注文すると、大した負担ではありません。
 Lサイズだと、通常でも1枚12円ですから、青森市内に依頼するよりも、かなり割安です。
http://www.e-dpe.jp/photoprint/index.html

 その後、溜まっていた古新聞で、新聞紙薪を12個作りました。

 数日前に、ウエラブルカメラHX-A100の付属ソフト「HD Writer WE」をインストールして使ってみたところ、肝心のHX-A100を認識せず、サポート窓口にメールをして、指示された対策を色々試して来ましたが解決できませんでした。
 試しに、古いWinXPパソコンにインストールしてみたところ、認識できたので、新しいパソコンのCyberLink Power2Goで設定した仮想ドライブを外してみましたら、認識しました。
 サポートにも連絡して、一件落着です。パソコンでは時々思い掛けない不具合が生じるものです。

 外は未だ真っ白な雪景色ですが、玄関にはシクラメンが咲いています。
イメージ 5

イメージ 6

 夕方、鉄アレイの筋トレは、かなり左の腰のあたりが痛みましたが、何とか終えました。
 約40分間のエアロバイク漕ぎは、座っているためか、腰には負担が無く、楽勝でした。

 夕方、入浴がてら、前髪が伸びて目に入るようになった私の髪を、自分でカットし、最後に、妻に切り揃えてもらいました。


 私と妻とは、生まれた季節が真逆の夏至と冬至で、高島暦や星占いなどでも相性は最悪との事ですし、実際に、まるで正反対と言っても良いくらいに、性格が違います。
 判断し行動する場合の根拠が「論理か、感情か」も、その一つというか、これが性格の違いの根本的な原因かもしれません。

 目の前に、やるべき仕事が幾つかある場合、私は、先ずは何を優先すべきか、急ぐものや効率や手順などを良く考えて、優先順位を決めてから、順番に仕事をこなしていくようにしています。
 妻は、取り敢えず「気に掛かる」事から、優先して仕事をするようです。「なぜ、今その仕事をするんだ?」と聞くと、「これが気になるから」と言うのが答えです。

 仕事の進め方でも、妻は、効率化のための段取りは、ほとんど考えず、飽くまで「わたくしが、やりたいように、やりたい」と主張します。

 私は、目の前の物を抽象化・一般化して分類するのが得手ですから、整理整頓も比較的得意です。
 妻は、目の前の物をそのまま具象化・個別化するので、分類は不得手で、整理整頓も苦手です。

 私は、出来るだけ理論や理屈と言った理性で、物事を判断しようとしますから、特に不満が無くても、現状を改善するためには、敢えて環境を変えるのも厭いませんが、感情のやり取りを伴う他人との交際は苦手で、身の回りの品物も気に入った物だけを残したいと考えがちです。

 他方、妻は、情緒や気持ちと言った感性で、物事を判断しようとしますから、特に不満が無ければ、現状を改善しようとは思わず、敢えて環境を変えたくないし、感情のやり取りを伴う他人との交際も好きで、身の回りの品も、品質がそこそこなら満足するようです。

 結局、妻は私には理屈では敵わないので、「私がしたいようにする」と主張し、私も、仕方なくそれを認めるしかないのです。
 他方、妻は環境の改善などは、私に任せているだけで、それなりの恩恵が有るので、それなりに満足しているようです。
 まあ、お互い性格は違いますが、結局は、それぞれが短所を補い合って、何とか一人前の人生を送る事が出来るという事でしょうか。

 日本語では、夫婦の相手は単なる「仲間」や「連れ」を表す「伴侶」ですが、英語では「better half」ですから、まさに「良き、半分」ですよね。(^O^)/


**日誌として、当日の出来事や考えたり感じた事に関する記事や写真を、順次追加したり修正しています**
**** この日のタイトルに関する記事は、灰色の背景と枠で囲んで、他の記事と区分しています ****
苦労と努力で得た経験や知恵を、次の世代に伝えるために、「老後」という時間が有るのかもしれない

|

« MEGA地震予測 | トップページ | 基礎デッサン »

セカンドライフ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« MEGA地震予測 | トップページ | 基礎デッサン »