« 他人の不幸は蜜の味? | トップページ | 春本番 »

2014年4月18日 (金)

油彩17-1

 今朝は、薄雲です。
 妻は、今日から青森大学のオープンカレッジです。

 私は、先ずは、妻からリクエストされたパンを作るためにホームベーカリーに材料を計ってセットしまた。
 1階全体に掃除機掛けをした後、油絵教室の準備です。
 
 パレットに残っていた前の油絵の具をパレットナイフでこそげ落として、新しい絵を描くための準備をしました。
P4181168
 油絵の具のチューブも、4年を過ぎて蓋が開かなくなっているので、ペンチで開けて、絵の具を拭い取った後、機械油を挿しました。

P4181167


 買って来た大根の根元を、妻が水に挿しておいたら、花が咲きました。

P4182992

P4182993

 梅の花がほころびています。

P4182998

P4183000

 桜の蕾も色付いてきました。

P4182995

 午後1時半から、NHK文化センターの「初めての油絵」教室です。

 12時半過ぎに、我が家を出て、歩いて6分程の近くのバス停から、青森駅前行の市営バスに乗りました。
 青森駅前近くでバスを降りて、10分程歩いて、NHK文化センターが有るホテルに着きました。

 原則として毎月第一・第三金曜日の二時間月2回、3か月の6回で一枚の油絵を描き上げるので、これまで4年間で16枚描いてきました。
 今回は、5年目の第1回で、17作目の油絵です。

 今回の題材です。

Img_20140418_134633

Img_20140418_141501


 さすがに、普通の構図には飽きてきたので、少し工夫をしたいと思いました。
 2時間掛かって、やっと木炭デッサンを描き上げました。

P4183005


 でも、良く見ると、バラの燭台と酒のボトルが一直線になってしまいましたから、次回、ボトルの角度を少し替えようと思います。
 背景の敷物の縞模様も、遠近感を表さないように、上から下に真っ直ぐに描き直したいと思います。

**日誌として、当日の出来事や考えたり感じた事に関する記事や写真を、順次追加したり修正しています**
苦労と努力で得た経験や知恵を、次の世代に伝えるために、「老後」という時間が有るのかもしれない

|

« 他人の不幸は蜜の味? | トップページ | 春本番 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 他人の不幸は蜜の味? | トップページ | 春本番 »