« 高血圧症 | トップページ | 五月飾り »

2014年4月 3日 (木)

煙突掃除

 今朝は、穏やかに晴れています。
 5年振りに煙突掃除をする事にしました。
 暖炉を焚くのは。冬場の休日だけですから月に10回程度、10月~翌年4月までの約7か月ですから、年間70回程度、5年間で350回程度でしょうか。

 先ずは、二段式のアルミ梯子を、東側の屋根の傾斜に沿って、立て掛けます。
 残念ながら50cm程、上の屋根までは届きません。
 高所恐怖症気味の私としては、妻に梯子を支えてもらって、恐る恐るよじ登って、何とか屋根まで上がりました。

P1330801

 煙突の天板部分の四隅のボルトを外して、天板を取り外します。

P1330811

P1330812

P1330813

 煙突掃除の道具は、特注の直径20cmのブラシと、それに錘として鉄アレイを取り付け、ロープで下せるようにしたものです。

P1330802

 煙突穴から錘を下にして、ブラシを暖炉のダンパーに届くまで下ろして、3回ほど上下させて終了です。

P1330815

P1330818

 我が家の屋根からは、360度の見事な眺望が開けています。
 北に陸奥湾、東に東岳、南に八甲田山、西にははるか岩木山です。
 屋上を作って、ビールを飲んだら、さぞ爽快だろうと思います。
 パノラマ写真です。

P1330831_panorama

 やや春霞が掛かっていましたが、八甲田山は勿論、遠くには真っ白に雪を頂いた岩木山や見えていました。

P1330836

P1330807

 屋根から降りて、室内に入り、暖炉のダンパーを開けると、ドサッと煤というよりは灰が落ちて来ました。

P4030994

 更に残っている灰を、小さなショベルや箒で掃き出しました。

P4030996

 5年振りでも大した量ではありません。

P4030999

 この程度なら、煙突掃除は10年に一度でも良さそうです。

 私が屋根の上で作業している間に、妻は梯子の近くの雪が消えた畑から、取り残した小さな大根や蕪を収穫していたようです。

P4031000

 クロッカスも次々咲いていますし、キクザキイチゲの白も咲き出しました。

P4032906

P4032922

**日誌として、当日の出来事や考えたり感じた事に関する記事や写真を、順次追加したり修正しています**
苦労と努力で得た経験や知恵を、次の世代に伝えるために、「老後」という時間が有るのかもしれない

 夕方の青森版NHKニュースで、納得できない報道が有りました。

 今回のチリ地震津波に対して、津波が来る前に持ち船を守るために、多くの船が、沖出しした事は、ルール違反だとするものです。
 3.11では、1,200艘の船が沖出しして23人が犠牲になったので、水産庁の指針では津波が来る場合は、原則として沖出ししてはならないと、なったというのです。

 私には、不思議です。3.11当時、一隻に一人乗っていたとして、1,200艘の内、わずか23艘が残念ながら津波の犠牲になったとして、残り1,177艘は、津波の被害を免れて、その後の操業に役立ったのです。

 まして、今回の場合は、予想された津波の高さも小さく、津波が巨大化しない深い沖合に達するまで十分な時間的な余裕も有ったのに、沖出しは全て駄目というのは、合理的とは思えないのですが・・・

|

« 高血圧症 | トップページ | 五月飾り »

暖炉」カテゴリの記事

コメント

円筒掃除のアイディアが素晴らしいですね。

また、屋根の上からの眺め最高です。
私もたまに屋根に上りますが、いい景色です。

投稿: コン・モート | 2014年4月 4日 (金) 04時47分

コン・モートさん

お久しぶりです。コメント有難うございます。

釣り用など錘を色々試してみたのですが、ブラシと煙突との抵抗がかなりあるので、最低でも4kgは必要なので、使い古しの鉄アレイになりました。

馬の背のような高台なので、見晴らしは抜群です。
高い所は苦手ですが、さえぎる物の無い広大な空を眺めるのは好きです。(^O^)/

投稿: 孔来座亜(analyzer) | 2014年4月 4日 (金) 08時18分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 高血圧症 | トップページ | 五月飾り »