« 土起しと開墾 | トップページ | 基礎デッサン »

2014年5月22日 (木)

雪解けの奥入瀬渓流

 青森大学オープンカレッジ「大自然トレッキング」は、5月下旬から10月初旬まで、年間6回のトレッキング講座です。
 講師とガイド付きで、青森市内からバスでの送迎があり、参加料は5~6千円です。
 今日は、その第1講『雪解けの奥入瀬渓流』です。

 今朝は5時に起き、お握りなどの準備をしてから、7時少し前に自宅を出発し、集合場所には7時45分頃に着き、8時の出発予定でしたが、道路の混雑で8時10分頃に、迎えのバスが到着しました。
 あいにくの雨です。 
 それでも、小雨なのでゴアスティクの上下を着ていると、特に支障は有りません。

P5223436

P5223445

P5223449

P5223459

P5223461

P5223469

P5223473

P5223482

P5223483

P5223488

P5223489

P5223503

P5223508

P5223528

P5223540

P5223545

P5223548

P5223550

P5223553

P5223583

P5223571

P5223573

P5223577

P5223581

P5223583_2

P5223590

P5223601

P5223606

P5223607

P5223610

P5223612

P5223618

P5223637

**写真日誌として、当日の出来事や考えたり感じた事に関する記事や写真を、順次追加したり修正しています**
苦労と努力で得た経験や知恵を、次の世代に伝えるために、「老後」という時間が有るのかもしれない

|

« 土起しと開墾 | トップページ | 基礎デッサン »

コメント

お早うございます。

これなら雨でも全然構わないくらい、素晴らしいですね。
逆に雨だからこその良さがあると思います。

雪解け水で、渓流というより荒々しい感じがしました。
私的には、駐車場からの湖の画像が一番のお気に入りです。

投稿: コン・モート | 2014年5月23日 (金) 04時46分

コンモートさん

おはようございます。

確かに、雨に濡れたからこそ、薄日が照らされて、一層、新緑が輝いて見えたのでしょう。(^O^)/

奥入瀬渓流は、十和田湖から流れ出ている唯一の川で、湖の出口に水門が有って、水量を調整していますから、一年中、川の水量は、ほぼ一定なのです。

つまり、白く泡立っている部分は、川幅が狭くて、岩が多いので、何時でも荒々しく見えます。

駐車場から十和田湖を撮った写真は、動いているバスの中からガラス窓越しでした。ほとんど偶然の産物です。

投稿: 孔来座亜 | 2014年5月23日 (金) 06時32分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 土起しと開墾 | トップページ | 基礎デッサン »