« 今日は日曜日? | トップページ | デジアンテナ自作? »

2014年6月24日 (火)

イケイケな国

 阿部政権の「戦争の出来る国へ」という政策に対して、「政治家に限った事ではないが、今の世の中は軽すぎるよ、イケイケドンドンばかりで、軽過ぎるよ」という自民党タカ派の玉沢徳一郎氏のコメントもあるようです。

 湾岸戦争が契機だったのか、単に「旗色を鮮明にしろ」という「Show The Flag」という言葉が、独り歩きして、日本も連合国の一員として、イスラム諸国に対する攻撃に参加すべきだという意見が自民党を中心に主張されて来たように感じます。

 改めて、「Show the FLAG」をネット検索してみました。

 『2001年9月11日のアメリカ同時多発テロ事件を受けて、日本側に共闘を求めた。この時にいわゆる「Show the FLAG」(旗幟を明らかにしろ)発言があったとされる。ただし、柳井俊二駐米大使(当時)は、協力の要請があったことは認めたもののShow the Flagという発言は否定している。』

 つまり、何処の国の政府が、日本に対して「Show the Flag」と言ったのかすら、判然としないのです。
 どうやら、日本国内の戦争好きが、日本の戦争参加を推し進めるために、外国に弱い日本人の性格に乗じて、言い出して広めたのではないかと思います。

 戦後、戦争放棄を高らかに謳った憲法の下に、国防の多くを米国に委ねて、その分の国費を産業振興に振り向けて、世界でトップクラスの経済力を得たのは実に見事な戦略だったと思います。
 ところが、最近の阿部政権は、普通の国として、言わばローマ時代のように、米国の従属国として、米国に追随して、イスラム国家などへの攻撃に参加しようとしています。
 これは、日本の一般国民にとって利益になるのでしょうか。

 少なくとも先人達は、米国から押し付けられた平和憲法を逆手に、軍事費の負担を減らし、日本を経済的な繁栄に導いたのです。
 「国益」のためには、米国からのイスラム国家攻撃参加への圧力も、のらりくらりと戦争放棄の憲法を盾にかわす狡さが必要ではないでしょうか。
 憲法解釈の変更で、米国の言いなりになろうというお坊ちゃんの阿部政権は実に幼稚で、危険だと思います。

 米国流の、アフガンやイラクへの侵略のように、脅威が有れば事前攻撃も許されという強引な理屈に付き合うと、逆に、弱者として手段や相手を選ばないテロ攻撃の標的になっていくのは明らかです。
 それが日本の利益になるのでしょうか。テロ攻撃の標的になる危険を冒して、代わりにどんな利益が有るのでしょう。

 米国=破壊者、日本=戦後復興の担い手という構図こそ、日本の国益に一番合致する政策だと思うのです。
 日本の為政者には、米国の単なる忠犬ではなく、その程度の狡猾さを期待したいものです。
 まあ、国民意識そのものが、集団的自衛権に肯定的になりつつあるようですから、自業自得かもしれません。

 今日は週初なので、一階全体に掃除機掛けです。
 8時半頃から、隣地の畑の土起し作業です。
 3時間掛かって、20~30cmしか進んでいません。

P6244002

 それでも、ほぼ半分の土起しが終わりました。

P6244003

 午後から、私が裏の畑のニラを収穫し、妻がレバニラ炒めを作ってくれました。
 ニラがたっぷり入っていて、油で揚げたレバーが香ばしくて、私の好物です。

P6244005

 庭の花達です。

P1000219

P1000220

**写真日誌として、当日の出来事や考えたり感じた事に関する記事や写真を、順次追加したり修正しています**
 長年の苦労と努力で得た「幸せに生きて行く」のに必要な経験や知恵を、次の世代に伝えるために、「老後」という時間が有るのかもしれない。

|

« 今日は日曜日? | トップページ | デジアンテナ自作? »

経済・政治・国際」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 今日は日曜日? | トップページ | デジアンテナ自作? »