暖炉

2014年5月19日 (月)

薪積み

 今朝8時過ぎから、先ずは暖炉の灰の片付けです。
 その後、一階全体に掃除機掛けしました。
 9時頃から、先月の25日から約一か月近く隣地に仮置きしてある薪を、居間のガラス戸の外のテラスの下に積み直す事にしました。

P4251191

 昨日の日曜日がこの春としては最後の薪を焚いたので、残りは僅かです。

P5193395

 一輪車で妻が薪を運んでくれて、それを私が二列に積み上げました。

P5193398

P5193402

P5193407


 2時間ほどで終了し、これで、この冬の薪の準備も完了です。
 隣地も、薪が片付きました。

P5193412

 11時頃から、残っていた裏の畑の南の端の一畳ほどを土起ししました。
 ドクダミの根が伸びて来ていました。
 新しい根は、ブックり太くて、美味しそうです。

P5193404

 以前、テレビのドキュメンタリー番組で、中国の山奥の子供たちが、春になると山からドクダミの根を掘って来て、油炒めにして、おやつとして美味しそうに食べるのだと紹介されていました。
 細いひげ根や葉を取り除きました。

P5193410


 妻が、ごま油で炒めて、日本酒とホンダシ、ショッツルを少々加えて炒り煮にしてくれました。

P5193414

 焼いたにんにくのような、独特の香ばしい美味しさです。
 効能としては便秘、腫れ物、出来物、水虫、利尿、蓄膿、高血圧などに利あり、との事です。
 雑草として、厄介なドクダミですが、毎年この部分の春先の土起こしの時の、ちょっとした楽しみでもあります。

**写真日誌として、当日の出来事や考えたり感じた事に関する記事や写真を、順次追加したり修正しています**
苦労と努力で得た経験や知恵を、次の世代に伝えるために、「老後」という時間が有るのかもしれない

| | コメント (0)

2014年4月25日 (金)

薪の仕入れ

 今朝も晴天です。
 朝7時過ぎ、コーヒーの生豆を台所のガスコンロで焙煎していた時に、チャイムが鳴り、薪屋さんが薪を届けに来ました。
 我が家の前で少し待っていただいて、取り急ぎ、焙煎を終えました。

 薪屋さんは90歳近いご老体ですから、軽トラックから隣地に薪を下すのを手伝いました。
 その後、9時過ぎにもう一回薪を運んで来てくれました。
 これで一冬分3万円です。

P4251192

続きを読む "薪の仕入れ"

| | コメント (0)

2014年4月16日 (水)

薪残量僅少

 今日も朝から快晴です。
 早速、8時半頃から、隣地の畑の土起こしです。
 根の深いスギナと、深い場所にまだ残っている瓦礫の除去が目的です。

スギナの根は深くから伸びて来ていて、辿って掘っていくと、1m以上下まで伸びています。

P4161148

P4161149

 述べ6日間掛かって、やっとこの程度です。

P4161153

 「土筆誰の子、スギナの子」で、土筆も大嫌いです。
 言わば、我が家の畑にとっては天敵なのです。
 絶滅を目指しています。(^^)/

続きを読む "薪残量僅少"

| | コメント (0)

2014年4月 6日 (日)

巨大な薪

 今日は晴れですが、気温が低いので、暖炉を焚く事にしました。

P4062942_2

 直径が30cm以上も有る巨大な薪です。

P4061009


 

 我が家の敷地内の北側の雪は、今日中には消えそうです。

P4061011

続きを読む "巨大な薪"

| | コメント (0)

2014年4月 3日 (木)

煙突掃除

 今朝は、穏やかに晴れています。
 5年振りに煙突掃除をする事にしました。
 暖炉を焚くのは。冬場の休日だけですから月に10回程度、10月~翌年4月までの約7か月ですから、年間70回程度、5年間で350回程度でしょうか。

 先ずは、二段式のアルミ梯子を、東側の屋根の傾斜に沿って、立て掛けます。
 残念ながら50cm程、上の屋根までは届きません。
 高所恐怖症気味の私としては、妻に梯子を支えてもらって、恐る恐るよじ登って、何とか屋根まで上がりました。

P1330801

 煙突の天板部分の四隅のボルトを外して、天板を取り外します。

P1330811

P1330812

P1330813

 煙突掃除の道具は、特注の直径20cmのブラシと、それに錘として鉄アレイを取り付け、ロープで下せるようにしたものです。

P1330802

 煙突穴から錘を下にして、ブラシを暖炉のダンパーに届くまで下ろして、3回ほど上下させて終了です。

P1330815

P1330818

 我が家の屋根からは、360度の見事な眺望が開けています。
 北に陸奥湾、東に東岳、南に八甲田山、西にははるか岩木山です。
 屋上を作って、ビールを飲んだら、さぞ爽快だろうと思います。
 パノラマ写真です。

P1330831_panorama

 やや春霞が掛かっていましたが、八甲田山は勿論、遠くには真っ白に雪を頂いた岩木山や見えていました。

P1330836

P1330807

 屋根から降りて、室内に入り、暖炉のダンパーを開けると、ドサッと煤というよりは灰が落ちて来ました。

P4030994

 更に残っている灰を、小さなショベルや箒で掃き出しました。

P4030996

 5年振りでも大した量ではありません。

P4030999

 この程度なら、煙突掃除は10年に一度でも良さそうです。

 私が屋根の上で作業している間に、妻は梯子の近くの雪が消えた畑から、取り残した小さな大根や蕪を収穫していたようです。

P4031000

 クロッカスも次々咲いていますし、キクザキイチゲの白も咲き出しました。

P4032906

P4032922

**日誌として、当日の出来事や考えたり感じた事に関する記事や写真を、順次追加したり修正しています**
苦労と努力で得た経験や知恵を、次の世代に伝えるために、「老後」という時間が有るのかもしれない

続きを読む "煙突掃除"

| | コメント (2)